• love
  • 2015.06.17

ヤリチン・だめんず・イケメン…幸せのために好きな男の好みは変えられる!

擬態草食=草食のフリをしたヤリチンに注意!浮気は墓場まで持っていく覚悟で!女の味方・アルテイシアさんが、実りある恋愛に至らない女性の思考やタイプなどをズバッと説き、その対処法を伝授してくれます!

擬態草食、理性が性欲に負ける瞬間

メイン2
Instant Vantage

AM:前回の「ヤリチンに対する自衛策」はとても反響が大きかったです。

アル:口の上手いスマートな男は基本ヤリチンなので「体の相性って大事だよね」「セックスから始まる恋愛もあるでしょ」などと口説かれたら、センサーを作動させましょう。

ただし「擬態草食」もいるので注意してほしいです。擬態草食=草食のフリをしたヤリチン。見た目も言動もギラギラしてないし「めったに人を好きにならない」「付き合った人数も少ない」とか言って、女に安心感や特別感を抱かせる男。
本物の草食はオクテな自分にコンプレックスを抱いてて、わざわざアピールしないから。

あと普段はヤリチンじゃなくても、ヤリ捨てする男もいます。
ヤリチンは「俺にチンポがついてるんじゃなく、チンポに俺がついてるんだ」と開き直るバカが多いでしょ?そういうバカじゃなくても「脳がチンポに乗っ取られる瞬間はある」と語る男子は多い。

いざ「ヤリてえ!」と火がつくと発射せずにいられなくて、理性が吹っ飛ぶ。その感覚は女にはわからないよね。「後先考えず、とにかくヤリてえ!」とは基本思わないから。
男はテストステロン(性欲を司るホルモン)が女の十倍多いらしい。だからヤリチンじゃなくても、理性が性欲に負ける瞬間はあると覚えていてほしいです。

振り返って「いい勉強になった」と言えればいいんだけど。若い時はいろいろ経験したいと思うものだし、それはべつに悪いことじゃないし。私もさんざん痛い目に遭ったけど「とはいえ、いろいろ経験できてよかった」と思っています。

AM:痛い目に遭わないと気づけないこともありますしね。

アル:そうそう。ただ、致命傷だけは避けてほしい。恋愛できなくなるほどダメージを受けちゃう子もいるから。だから、自衛するための知識は持っていてほしいです。

若い女子がハマりがちな落とし穴

アル:あと女子に多いのは、彼氏がいるのについ浮気しちゃって、罪悪感に耐えられず彼氏に話しちゃうパターン。
それだけは絶対しちゃダメです。浮気したら墓場まで持っていくのが礼儀だから。その自信がない人は恋人以外とするべきじゃないと思う。

AM:どうしても罪悪感に耐えられなくなった時は、どうすればいいんでしょう?

アル:故・岡本敏子さん(芸術家の岡本太郎氏のパートナー)が対談で「フランス人は浮気したら教会に行って『神様ゴメンナサイ!』と懺悔して、その足でまた浮気しに行くのよ」と語ってました(笑)。

AM:便利なシステムですね(笑)。

アル:だから、日本人も寺に行って仏像に懺悔するといいかも(笑)。

AM:彼氏に話すのは、自分が罪悪感から解放されて楽になりたいだけですもんね。

アル:自分は一瞬楽になっても、彼氏を傷つけるわけだから。あと「彼氏以外にときめく自分が許せない」という女子もいるけど「なんで?全然いいじゃん」と思う(笑)。
心は不可侵領域だから、何しようがオッケーなんです。誰に恋しようが誰とヤリまくろうが、誰にも迷惑かけないし。心の自由まで奪われたら生きていけないでしょ。

それにエルヴィン団長にときめくのも、実在の男にときめくのも同じでしょ?
私なんて四六時中ときめいてるし、それが趣味みたいなものです。日々萌えや潤いをチャージできるし、恋愛ゲームの仕事にも活かせるし。

そういう意味で、オタク気質の女子は結婚向けと言えます。
二次元で萌えを満たせるから、リアルな浮気に走らずにすむし。あと実在の男に対しても、脳内で楽しめるでしょ?BL妄想なんか最たるものですよね。脳内でカップリングして「キャー」みたいな(笑)。

仲のいい腐女子が「男と会うと瞬時に受けか攻めか分類して妄想して、ある種の病気だと思います」と言ってて、「自給自足できるんだから最高じゃないの!」と返したんだけど。

AM:腐女子の人たちって楽しそうですもんね(笑)。これだけ腐女子人口が多いのも分かる気がします。アルさんはBL妄想はしますか?

アル:BL妄想もするし、ありとあらゆる妄想をしますよ。最近マンションを買ったので不動産屋さんとよく話すんだけど「了解しました、奥様」と言われて「執事かしら、キューン」とときめいたり。「お嬢様と呼んで、セバスチャン」みたいな。

AM:それだけ妄想力があると、日々楽しめますよね(笑)。

男の好みは変えられるのか?

AM:痛い目に遭ってもヤリチンに引っかかり続けて「結局ヤリチンが好みなんだな」って女子もいますよね。そういう好みって変えられるんでしょうか?

アル:西原理恵子さんが漫画で描いてたんですけど。アシスタントの女性が、女好きのチャラいバンドマンとばかり付き合っていたけど「このままじゃ幸せになれない!好みを変えるぞ!」と己にビンタする気合いで決意したんだって。それで真逆のタイプの穏やかなクマさん系の男性と結婚して、幸せに暮らしてるそうです。

AM:その方は気合いで変えられたんですね。

アル:腹の底から「幸せな結婚がしたい!」と思ったら変えられるのかも。
私も孤独で寂しくて「家族がほしい!」って叫びが腹の底から轟いたんです。それで「惚れた腫れたはもういらぬ!」と思って夫と結婚しました。
夫に対してときめきも性欲も発動しなかったけど「自然体でくつろげる、家族になるならこういう人だ」と思って。

だから初めから恋愛じゃなく結婚を目指して、「好きになれるか」じゃなく「どんな家庭を築きたいか」「それにはどんなタイプがいいか」って視点で見るといいと思う。

ただし、初対面で「くつろげる」「居心地がいい」なんて分からないから。初対面ではお互いに素を出さないものだし。
夫とも飲み仲間として何度も会ううちに「一緒にいてすごく楽」と気づいて。最初はまったく好みじゃないし、結婚なんてありえないと思ってたけど。

同じように「第一印象はナシだと思った」と語る既婚者は多いですよ。だから初対面で判断せず、何度か会ってみた方がいい。それで結果的にナシでも「どういう男とは合わないか」とか学習できるし。
たとえばラーメンでも、実際いろいろ食べ比べる中で「塩味がいい」「意外とトンコツもイケる」とか気づくものでしょ。

食わず嫌いはやめて「試しに食ってみる」姿勢

アル:女友達もギラギラした肉食と付き合ってきたけど、最後に結婚したのは公家顔の草食夫だったんですよ。「やっぱり住むなら畳の家」って感じで。
彼女は「恋愛向きの男」と「結婚向きの男」を分けて考えられる人で、今は子煩悩な夫と穏やかな家庭を築いてます。

妻が夫への愛情が冷める一番の理由は「子育てに協力的じゃないこと」だそうです。
子持ちの女友達も「子育てしない夫に対しては、百年の恋も冷める」と言ってます。周りをみても、夫が家事育児をちゃんとする夫婦は仲がいい。恋愛感情は薄れるけど、信頼や家族愛は深まっていくから。

AM:本気で結婚を意識したら、そういう相手を選べるのかもしれませんね。

アル:もちろん全然好きになれない人と結婚する必要はないけど。ただ「好み」って、食わず嫌いもあったりするでしょ?

別の女友達はチャラいイケメン好きで「押尾学が好み」と言ってたけど、結婚したのは小川直也にソックリな夫だったんです。
第一印象は「人よりもゴリラに近い存在」だったらしいけど(笑)、「試しに付き合ってみたら、ゴリラでもいけると分かった」と言ってました。だから、試しに付き合ってみるのもアリだなと。

その彼女は恋愛に興味が薄くて、だからこそ「自分から好きになった男じゃないと無理」と思ってたそうです。でも夫の方が彼女にベタ惚れで「愛されるのって居心地いい」「追いかける恋は疲れるし、自分はこっちの方が向いてる」と気づいたらしい。

今は結婚13年目だけど、すごく絆の深い夫婦ですよ。「夫に対してセックスしたい!とは思わないけど、世界一大切な存在だ」と言ってます。個人的に結婚においてセックスは重要じゃないと思うし、性欲と愛情は関係ないから。

「顔さえ良ければ何でも許せる」ってぐらい顔重視の人は、好みを貫くのもいいけど。でも、単にマッチングする相手に出会ってない場合が多いから。だから初対面で足切りせず「食わず嫌いはやめて、とりあえず食ってみよう」って姿勢は大事だと思う。

そのためにも、異性と接点を増やすことですよね。出会う母数が増えれば、マッチング率も上がるので。
一番くじでも、いっぱい買う人が欲しいグッズを手に入れるでしょ?「またストラップかよ!もうクジなんてやめだ!」と諦めず、根気強くクジを引き続けてほしいです。
たった1人のパートナーに出会うには、女磨きよりも根気強さが必要だと思います。

Text/アルテイシア

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』発売中(電子書籍もアリ)

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『ゼロから始めるオクテ男子愛され講座』/著:アルテイシア/出版社: 永岡書店

 新刊『ゼロから始めるオクテ男子愛され講座』が発売になります!オクテ女子にも役立つノウハウが満載♪

ニコ動『アルテイシアの相談室』で悩み相談を受付中。メールはコチラまで→artesia59@live.jp

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話