• love
  • 2015.04.08

女モードの自分がキモい!小悪魔テクを捨ててモブキャラの呪縛を手放す方法

男に甘えたり、モテテクを使ってる女モードの自分がキモイ!っと思っているあなた。女の味方・アルテイシアさんが、恋愛や結婚に王道を求めなくても幸せになれる秘訣をズバッと説いてくれます。


【第25回】小悪魔テクは「天然モテ」じゃないと無理


アルテイシア 恋愛デスマッチ 天然モテ 非モテ 小悪魔 テク
by Landin Hollis

アルテイシア(以下、アル):私は「モテテクを素直に実践できる人は非モテに悩まない」とよく書いていますけど。
たとえば小悪魔系のテクを提唱しているのって、「昔からモテてきた美人=天然モテ」の人々なんですよ。それを読んで非モテの人間は「こんなのできるか!」と思うし、「できない自分はやっぱダメだ」と絶望するんです。

 天然モテの人には「女モードの自分がキモい」って心理は理解できないと思う。「男に甘えろ」とか言われても「いやそんな自分がキモいんだよ!」っていう。
私もそうだけど、昔から「自分=冴えないモブキャラ」って認識で生きてきたから、乙女ゲーのヒロインみたいな振る舞いができない。茶番に耐えられないんですよ。

AM編集部(以下、AM):茶番ですか(笑)。

アル:二次元で乙女ゲーするぶんにはいいけど、いざ現実で恋愛っぽいシチュエーションになると「甘い台詞キタww」と脳内ツイートが始まる。客観カメラが作動して「なにヒロインっぽいことしてんだ、自分ww」とセルフツッコミが止まらないわけです。

AM:ヒロインになりきれないんですね。

アル:そう、ずっとモブキャラとして生きてきたから。
逆に、天然モテの女子は物心ついた頃から「カワイイ女の子」として扱われて、自分はヒロインだと信じて疑わず生きてきたんだと思う。

 …まあ私は結果的によかったんだけどね、飯のタネになって(笑)。
非モテの心理がわかるから恋愛コラムも書けるし、俯瞰的な視点で見るから乙女ゲーの原作も書けるし。

AM:ビジネス的には功を奏したと(笑)。

アル:はい、非モテなモブキャラでよかったです。でも恋愛では苦労したので、その立場からアドバイスしたいと思います。


「モテない」と言うたびにモテなくなる法則


アル:「モテないと言うたびにモテなくなる法則」があるんですよ。
女友達と集まると「非モテ自慢大会」になりがちだけど…私の周りは「男にモテるより、女に受ける方が嬉しい」って人々だから。でも、男の前ではやめた方がいい。
自分で「モテない」と言うのは「不人気商品です!」と宣伝するようなもので、誰も買わなくなっちゃうから。

AM:そうですね。男子は特に「モテない女はイヤ、モテる女と付き合いたい」と思ってそうです。

アル:「モテるけど自分だけを愛してくれる女」を求めてるよね、都合よく(笑)。まあ女もそういう人は多いけど。
あと、サブリミナル効果ってあるんですよ。脳科学の本で読んだけど「映画館のスクリーンにほんの一瞬<ポップコーンが食べたい>って文字を映したら、売店のポップコーンの売上が上がった」って実験があるらしい。

 人間には認識できない一瞬の映像でも、無意識に働きかけるそうです。言霊(ことだま)って科学的根拠があるんですよ。だから「自分はモテない」「ブスだ」「不幸だ」とかあんまり言わない方がいい、潜在意識に刷り込んでしまうから。

AM:自分で自分を洗脳しちゃう感じですね。

アル:そうそう。あと、脳には「つじつまを合わせようとする」「行動と感情を一致させようとする」って働きもあるらしい。
2つのグループに単純作業をさせて、1つのグループには高いバイト代を払って、1つのグループには安いバイト代を払う。すると安いグループの方が「作業が楽しかった」と答えるそうです。

AM:へえ、逆じゃないんですか!?

アル:「こんな安いバイト代で頑張ったってことは、きっと作業が楽しかったんだ」と脳が思おうとするらしい。
だから「モテない」と発言したり、非モテ的な行動をとると、「こういう行動をとるってことは、やっぱ自分はモテないんだ」とどんどん思ってしまう…ってことじゃないかな。
非モテな行動をすると、非モテマインドを育ててしまうんですよ。逆に「モテる行動」をすることで、モテマインドも身につくと思う。

“なりきりダイエット”って流行ってるじゃないですか?スリム美人の生活習慣をマネして痩せ体質になる、ってやつ。たとえば、ウエストがゴムの服を着ないとか。
それと同じで「モテる人の行動を取り入れてみる」のも効果的だと思う。コスプレ感覚で、試しにモテ系の服を着てみるとか。

AM:<喪女を卒業する5つのカギ>でも、そういうお話が出ましたよね。

アル:「実験プレイ」と「単独行動」ですね。モテ系のコスプレをして、単独でバーに行ってみようっていう。そういう知り合いの目を気にしなくていい場所で、非モテキャラを脱いでみるのはオススメです。
あと、ちょっと酔っ払うのもオススメ。その方が客観カメラが弱まって、いつもと違う自分になれるんじゃないかな。


人間は多面的で、カラフルだから面白い


アル:「恋愛するには自分を変えなきゃダメだ」と思う人は多いけど、根こそぎ変えるなんて無理だし、変えなくていいんですよ。そんなことしたら本来の魅力も消えちゃうし。「これなら試してもいいかも」ってことを苦痛じゃない範囲ですればいい。

 非モテな人間は「私は非モテキャラだ」と自分で自分を縛りがちだけど、その呪縛を解く方が生きやすいと思う。

 私も昔は「自分はお笑いキャラだ」と決めつけていたから、ひな壇芸人のようにテンション高くしゃべってたし、シノラーファッションだったし…チンドン屋のデブみたいな恰好で「そりゃモテねえだろ」っていう(笑)。

アルテイシア 恋愛デスマッチ 天然モテ 非モテ 小悪魔 テク
月刊カドカワ(1997年9月号)Vol.15/No.9総力特集/篠原ともえ (月刊カドカワ)

 同時に「本当の自分を好きになってほしい」と心の底では望んでました。でも「本当の自分」なんて深く付き合わなきゃわからないから、とりあえずデートとかしないと始まらないんですよね。

AM:浅い付き合いのうちは、お互いに本音をさらけ出さないですもんね。

アル:そうそう。それに「本当の自分」が「自分の決め込んでるキャラ」だったりするし。
人間って多面的で、1人の人間の中に男らしさも女らしさもあるし、強さも弱さもある。そんな風にカラフルだから面白いんですよ。だから「自分は○○色だ」と決めつけない方がいいと思う。

 私は北斗晶さんの「プロレスラー時代、マイ竹刀入れを手作りしてた」って話が好きなんです。北斗さんはプロレスも手芸も好きで、自分の好きなことをやっていただけ。男らしい・女らしいとかじゃなく「北斗さんらしい」ってことなんですよね。
「手芸や料理が好き=女らしい」というのは、世間が決めた価値観だから。

「自分は女らしくない」と決めつけると「女モードの自分がキモい」心理をこじらせて、女性性を認めづらくなると思う。「こんな行動するのは私らしくない」と思っちゃって、恋人にも甘えられなかったり、素直になれなかったりとか。

 かくいう私も子どもの頃、自分のことを「私」と言えず「ボク」と言ってたんです。女であることが、しっくりこなかったんだと思う。ちなみに今でも1人の時の一人称は「オレ」なんですよ。「オレはこの原稿を仕上げるぜ!」みたいな。

AM:男らしいですね(笑)。

アル:私は今でも不特定多数の前で女モードになるのはキモいけど、夫の前では女性性を思いっきり解放しています。思う存分、甘えたりイチャイチャしたりとか。「こんな姿、他人様には見せられねえ」と思うけど、それはみんなそうでしょ?

AM:たしかに彼氏と2人でいる時の自分は、人には見せられないですね(笑)。ニャンニャンじゃれあってるところとか。

アル:それを人前でやると「公共の場でイチャつく痛いカップル」になるしね(笑)。
私は夫にさんざん甘えてから「じゃあオレは仕事に戻るぜ!」っていうのが、ベストなバランスで心地いいんです。その両方が“自分”だから。

 誰でも「好きな人に甘えたりイチャイチャしたい」「カワイイって言われたい」みたいな欲望はあるだろし、それにフタをし続けるのは疲れると思う。「女に生まれて損だ」って気にもなりやすいし。

「自分らしくあること」と「女であること」は両立するので、女性性を受け入れつつ、メリハリをつけて生きられるといいんじゃないかな。

 小悪魔本には「甘え上手になろう」と書いてあるけど、べつにならなくていいし。誰彼かまわず甘える女は、年とったら痛いオバサンになるしね。
ただ、自分が甘えたい相手には素直に甘えられる方が生きやすいと思う。

「彼氏にも甘えられない」って子もいるけど、こういうのは慣れだから。付き合いが深まれば、じょじょに心を開けるようになるので大丈夫。だから「この人になら甘えたい」って相手に出会うことだと思います。

 これって男も同じだよね。すごく男らしい人でも、彼女や奥さんには甘えたりして、バランスをとってると思う。
「公私」のギャップが無い人なんていないし、みんなそれぞれ使い分けてるんですよ。 「私」の部分は誰にも見せないんだから、のびのび解放できればいいなと思います。

AM:自分を変えるんじゃなく、自分らしくありつつ、女性性も受け入れる方向で。

アル:それがベストですよね。
私も「女子アナや小悪魔みたいなキャラに転向すべきか?」と血迷った時期もあったけど、「そんなの8回くらい転生しないと無理だ」と悟って、自分を受け入れる方向にシフトしたら、恋愛も人生もうまくいくようになりました。
「自分はこうだ」と決めつけず、多様な自分を受け入れるのが、幸せになるカギなんじゃないかな。

Text/アルテイシア

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら