• love
  • 2014.12.31

した方がいいけど…なウジウジを卒業!結婚できない一番の理由と逆転するための秘策

女の味方、アルテイシアさんによるコラム! 「した方がいいけど…」で立ち止まる前に、一歩動き出してみませんか?恋愛も結婚も行動した者勝ちです!

【第18回】「営業の神」が語った、核心をつく一言


アルテイシア 魁!セックス塾 童貞 イケメン 草食
by Jay Aremac

AM:前回記事の反響が大きくて「幸せな家族のカタチはいろいろ」って意見に共感する人の多さを感じました。一方で「やっぱり結婚したい」という人も多いですよね。

アルテイシア(以下、アル):国内の調査でも、男女の8割以上が「いずれは結婚したい」と答えていますから。

AM:結婚したいけどできない人が増えているんですね。
「女性が高望みしているから」とよく言われるけど、一番の理由は何だと思いますか?

アル:「高望み」は一番の理由じゃないと思う。というのも、婚活記事とか読んで<年収600万以上の未婚男性は3.5%>といった知識はあるから。

 一番の理由はやっぱり、動かないことだと思う。
婚活記事を読んで「なるほどね」と頷きつつ、婚活サイトに登録するとか街コンに申し込むといったアクションには繋がらないとか。何事もそうだけど「やるか、やらないか」ですよね。

 先日、広告会社時代の先輩(50歳女性)に会ったんですよ。その人は10年間トップ営業マンだった「営業の神」みたいな人で、企業向けの営業研修とかもしているんですね。
彼女が言っていたのが「結局はやる気だ。売れる方法を教えても、やる気のない人はやらないから」って言葉で、ホントそうだな~と思った。

 私が読者の相談に「ネット婚活とかしてみれば?」と答えても「そういうのは抵抗があって…」と言い訳してやらない人とか。セックスの相談でも、イケないって悩みに「オナニーで自己開発しましょう」とアドバイスしても、結局はやらないとか。

AM:それだと相談しても変わりませんよね。結局は本人が「やるか、やらないか」だから「受け身で動かない」のが一番の理由かも。

アル:気持ちはわかるけどね。苦手分野って「した方がいいのはわかっているけど、したくない」ものでしょ。
周りの女子も「婚活した方がいいんでしょうけど…でも『駅で落とした本を拾ってもらう』みたいな、運命の出会いを夢見ちゃうんです」と言ってて「じゃあ本を落としてるの?」と聞いたら「いえ、落としてません」って(笑)。
「落としてない本をどうやって拾うんだ、一休トンチ話か!」みたいな。

AM:(笑)それはやっぱり「本気さが足りない」ってことなんでしょうか。

アル:「俺はまだ本気出してないだけ、本気出したら結婚できる」と思っている子は多いかも。「じゃあいつ本気出すの?」って話なんだけど。

本気を出せるキッカケは?


AM:「本気を出せるかどうか」がカギなんでしょうね。これは恋愛に限らず、仕事とかもそうですけど。

アル:環境も大きいと思う。営業の神みたいな先輩は、バツイチのシングルマザーで「私が稼がねば」とずっと思ってきたらしい。「夫の稼ぎに頼れる人と違って、余裕のなさがドライブになった」と言っていました。
…あと最近、女友達から「今年、36歳と37歳の妹がいっぺんに結婚した」と聞いたんだけど。

AM:いっぺんに2人はすごいですね!

アル:2人とも35歳を過ぎて本気で焦ったらしい。それで婚活を始めたら、姉妹で競争原理が働いたらしく。
というのも、2人とも実家暮らしで「自分だけ残って両親と3人暮らしのなるのはイヤ!!」と心底思ったそうです。その家は両親が保守的で「結婚するまで1人暮らししちゃダメ」って主義なんですよ。
そういうアゲインストな環境が追い風になることは多い。

AM:たしかに1人暮らしが快適で、日々充実していたら、本気に火がつかないかも。

アル:風邪を引いて死にかけるとかしないとね。
体を壊す・親が倒れる・震災が起こる…みたいなイレギュラーな事態、ピンチになった時に本気に火がつくから。

 女友達が2人、子宮筋腫が見つかったのをキッカケに結婚したんですよ。
2人ともかなり大きな筋腫で「妊娠を望むなら、子宮を温存して筋腫だけ切除する手術を受けた方がいい」とお医者さんに言われて。それで「いつか子どもはほしいな~」から「絶対に子どもはほしい!」に変わったらしい。

AM:いざ体にメスを入れるとなったら、真剣に考えますよね。人生とか将来とか、自分が本当にほしいものは何かとか…。

アル:それによって「本気」が発動するよね。
2人とも彼氏いなかったんだけど「子どもがほしい、パートナーを見つけよう!」と本気になったら、1年で結婚したんですよ。で、手術後に妊娠出産して、今ではお母さんになっています。

AM:よかった…!!

アル:これもピンチをチャンスに変えた例だよね。2人とも「筋腫が見つからなかったら、旦那と結婚してないと思う」と言っていました。
積極的に出会いも求めなかったし、出会っても「もっといい人がいるかも?」と決められなかったって。

 何より、男性を見る視点が変わったそうです。
「筋腫の手術を受けて、そのうえで子どもがほしいって思いをちゃんと理解してくれるか?かつ、一緒に子育てしていけるパートナーか?」という目で男を見たと。

AM:視点が変わるって本当に大事ですよね…。

アル:いっぺんに結婚した姉妹も、旦那さんは地味でオクテだけど優しい、妻をすごく大切にする人たちなんだって。女友達は「2人とも居心地よくて幸せそう」と話していました。
本気で結婚を考えたら「本当の幸せは何か?」が見えるんだと思う。刺激やトキメキよりも大事なものがあるって。

 私は「結婚してから愛情を育てていく」パターンってオススメなんですよ。
恋愛よりも家族愛の方が強いから。恋愛感情は冷めていくけど、家族愛は年月を重ねるごとに深まっていくから。

「年末年始は、毎年死にたくなっていた」


AM:アルさんも「惚れたハレたはもういい、家族がほしい」と思っていたんですよね?

アル:うん。私は家族と絶縁していたから、年末年始は毎年死にたくなってたんです。
女友達も大晦日や元旦は実家で過ごす子が多いでしょ?「帰る場所のない孤独」をひしひしと噛みしめてきたから、いまだにこの時期は苦手です。

AM:街もイルミネーションでキラキラしていますしね。

アル:毎年「爆破してやろうか」って気になってた。
だからこそ、バタリアンのゾンビが脳みそを求めるような熱意で伴侶を求めたんです(笑)。

AM:バタリアンはわからないです(笑)。

バタリアン
映画『バタリアン』

アル:「脳みそ~」って呻きながら、頭にかじりついてくるの。しかも猛スピードで走ってくる。

AM:聞くだけで恐ろしいです…。
恐ろしいと言えば、この時期は不倫中の子にとっても恐怖だろうなと。不倫相手は家族のもとに帰るじゃないですか?まさに「恋愛より家族愛の方が強い」と思い知らされますよね。

アル:知り合いが妻子持ちの男と5年不倫していて、「キミがいないと生きていけない」とかずっと言われていたらしい。でも、嫁バレした途端「別れよう」とLINEでアッサリ告げられたって。

AM:うわーーーー。

アル:彼女も「この5年間は何?!あの言葉は何だったの?!」と超ショックを受けていて。
でもさ、男は家庭外で恋愛気分を味わいたいだけだから、甘い言葉もバンバン言うよね。むしろ負い目があるからこそサービスするわけだし。
年末年始は、不倫やセフレ関係を清算する良い機会だと思います。

AM:そうですね。ピンチをチャンスに変えて「2015年こそ…!」とやる気に火をつけて。

アル: うん、それでとにかくアクションを起こしてみる。
というのも、やる気ってやらないと出てこないから。

脳は体に騙される


アル:脳の本を読むと「脳は体に騙される」って言葉がよく出てくるんです。
「口角を上げてマンガを読む方が面白く感じる」って実験もあるんだけど、表情筋が笑顔だと「楽しいんだな」と脳が判断するらしい。つまり「楽しいから笑うんじゃなく、笑うから楽しくなる」って仕組みで、「笑う門には福来たる」って科学的根拠があるんですよ。

 たとえば、私は毎朝「眠い…起きられねえ…」と布団の中でダラダラしていたんだけど、「脳は体に騙される」と知って、ベッドから転がり落ちてどうにか二本足で立つようにしたら、起きられるようになった。つまり「起きるぞ!」とスイッチが入るから起きるんじゃなく、体が起きるから「起きるぞ!」と脳にスイッチが入るってこと。

 要するに、やる気は待っていても出てこないんです。
仕事にしても、やる気が出なくてもパソコンを開いて何か書き始めると、だんだん調子が出てくるし。

AM:「やるから、やる気が出る」って仕組みなんですね。

アル:そう。「やるから、やる気が出る。だからとりあえず、やってみる」ってこと。
私はこの仕組みを知って「やる気待ち」で時間を無駄にすることが減りました。

 やる気が出ないのは、やってないから。婚活にしても「やってみることで、やる気が出る」し、不倫やセフレにしても「別れることで、別れよう」って気になる。
やりたくないこと・苦手なことは特に「ゴチャゴチャ考えずに行動する」のがいいと思う。脳を動かすよりも、体を動かす…そしたら思考もついてくるから。

AM:2014年の最後にいいお話を聞けました!…ちなみにアルさんの来年の抱負は何ですか?

アル:特にないです。

AM:ないんですか。

アル:『銀魂』の新作が放送されるのが楽しみです。

AM:それ抱負じゃないですよね(笑)。

アル:まったく抱負じゃないよね。あ、あとUSJに『進撃の巨人』がくるのも楽しみ。
まあ「笑う門には福来たる」で、日々楽しく過ごしつつ、本気出す時には出せたらいいなと…そんな感じで、皆さん来年も元気に過ごしましょう♪

 アルテイシアさんが普通の男子の性事情をインタビューする『魁!!セックス塾』を当連載と隔週で更新しています。あわせてお楽しみください!

Text/アルテイシア

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~


関連キーワード

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら