• love
  • 2014.08.13

ドキドキしない男でも「萌え」があれば大丈夫!安らげるパートナーを見つける5つの提案


【第8回】「見捨てられ不安」ゆえに「面倒くさい女」だった自分


アルテイシア 恋愛デスマッチ 三十路 無駄モテ 結婚
by ClickFlashPhotos Nicki Varkevisser

アルテイシア(以下、アル): 多くの男女と話すたび「基本、女子はマジメだ」と実感するんですよ。
「数いきたい、男遊びを楽しみたい」って女子は稀で、ほとんどの女子は本気でパートナーを求めているなと。

AM(以下、AM): だからこそ、パートナーに出会えなくて苦しむんでしょうね。そんな女子にアドバイスをもらえますか?

アル: 過去記事(5回)『古い恋をリリースしないと新しい恋をキャッチできない』と書いたけど、リリース直後、つまり失恋後はチャンスです。「何が何でもキャッチしたる!」と本気になるから。
やっぱり本気の人が結果を出していると思う。

 それに、辛い時は考え方を変えるチャンスだから。
私も手痛い失恋をして「恋愛を楽しみたい」って煩悩が消えて「家族がほしい…!」と腹の底から思いました。

   煩悩の数は108じゃなくて、人それぞれなんです。
私は特に恋愛欲求が強かったけど、強烈なだめんずと付き合ったことで「やりきった感」があったんです。私みたいな人間にとって、煩悩退治は必要だったと思う。

AM: 煩悩退治か…深いですね。
たしかに恋愛欲求が強い人は、不完全燃焼のまま結婚するとうまくいかないかもしれません。

アル: <人間にはドーパミン型とセロトニン型がいる>という話を聞いたことがあって。

 ドーパミンは刺激や快感を、セロトニンは安らぎや幸せを感じる脳内物資だそうです。
アメとムチの法則で、恋愛が辛ければ辛いほどドーパミンが出るらしい。

 ドーパミン型だった私は、だめんずと付き合ったことで「ドーパミンは出し切った!求む、セロトニンの出る男!」と思えたんだと思う。
それがなかったら、夫を選べなかったかもしれない。

「恋愛のドキドキもほしい、結婚の安らぎもほしい」と望んでも、両立は難しいでしょ? だから1つ目の提案は<どっちがほしいか選ぼう>ですね。

     

キーワードは「萌え」


AM: どっちもほしいと望む限り、パートナーには出会えないんですね…。

アル: ただ「ドキドキしない男とは付き合えない」って気持ちもわかるんです。 
だから2つ目の提案は<萌えで探そう>。
 私は幼い頃から筋肉萌えなんですよ。夫と出会って10年たつけど、いまだに夫の裸を見たり体に触ったりするとグッとくる。
こんなことなら、最初から筋肉が集まる場所に行けばよかったなと。

AM: 筋肉が集まる場所(笑)。

アル: 無駄にコンパとか行かず、格闘技とか習えばよかった。夫は「そんな不純な動機で習われると困る!」と言いますけど(笑)。
ちなみに私の女友達も筋肉萌えで、歴代の彼氏は全員ジムで知り合った男子です。

AM: なるほど~。やっぱ萌えって強いですね。

アル: 別の女友達は<色白スーツ眼鏡萌え>というオフ会で彼氏を見つけました。

 あと、見た目は改造できる部分もあるでしょ?
スーツを着せて眼鏡をかけさせるのは簡単だし…まあ美白は時間かかるけど(笑)。
だから、3つ目の提案は<萌えに改造しよう>。

AM: 初めから萌える男子を探すより、改造した方が対象は広がりますね。

アル: まあ、あんまり強制的に改造するのはマズいけど。
でも、女子も彼氏好みのファッションをして喜ばれると嬉しかったり、意外と似合うって気づいたりするじゃないですか?
そんな風にWIN―WINになるのが理想ですよね。


 

「ドキドキするから好きになる」仕組み


アル: 4つめの提案は<キスしてみよう>。

「好きだからドキドキする」のもあるけど「ドキドキするから好きになる」のもあるじゃないですか。
よっぽど嫌な男じゃなければ、キスしたら多少ドキドキするでしょ?それで恋愛スイッチが入る場合も多い。

AM: 「ドキドキするから好きになる」仕組みを利用するわけですか。

アル:  そうそう。草食系男子が友達止まりになるのは、自分からキスとかしないからなんです。
そういう男子が相手の場合、こちらからガバチョといきましょう。ガバチョといけば、相手も舌をからめてくるから。

AM: 恋愛対象じゃなかった相手でも、キスすることで意識するケースはありますね。

アル: 逆にキスして「無理!」と思ったら無理だし。その方が、答えが早く出ますよ。
キスしてドキドキしたら、その流れでセックスしてみるのも手だと思う。

 というのも、女は欲情されることで欲情する仕組みなんです。
男は全裸の美女が目の前にいたら勃起するけど、女は全裸の美男が目の前にいても濡れない。
その男にキスされて求められて、初めて濡れるんです。

 だからセックスで男に求められて欲情スイッチが入ることは多いし、かつセックスを重ねるごとに愛着が増すことも多い。

AM: 「ドキドキしないと好きになれない」とずっと言っているより、アクションした方がよさそうです。

アル: はい、みずからドーパミンを出す方向で。
…そもそも女のドーパミンを引き出す男は、大抵ヤリチンだしね(笑)。
ドキドキしない男を選ぶ方が、幸せに近づきますよ。


 

5つめの提案<愛されてみよう>


アル: 過去の私は「自分しか愛せない男」を好きになって、本当に苦しかったんです。
今思うと、愛してくれないからハマったんですね。たまに与えられる「エサ=報酬」を求めて、依存状態になってしまった。
それで夜も眠れないし、仕事もまともにできない状態になってしまって。

 一方、夫は私を愛してくれたんです。
出会った当初は「この男とセックスできるのか?いや、ビタ一文濡れねえ!」と思ったんだけど(笑)。
でも試しに付き合ってみたら、驚くほど心が安定したんです。

 当時はちょっとしたケンカでも「もういいよ!別れたければ別れれば!」とか言っちゃう面倒くさい女で。
そんな時、夫は「俺は別れる気はない!」とキッパリ言ってくれて。
それで「この人は離れていかない」と実感したら、ものすごい安らぎと幸せを感じました。

AM: アルさんも面倒くさい女だったんですか!

アル: 面倒くさかったですよ。じゃなきゃ物書きになってないと思う。

 <見捨てられ不安>って誰もがあると思うんですけど。
私の場合、両親共から愛されず、男にも振られまくったから、相当でかかったんですよ。
それで男の愛情を試すような行動をとってしまい、アッサリ見捨てられて…私かわいそう(笑)。

 そんな私も夫に愛されて安定して幸せを感じたら、愛情がドドドドと湧いてきたんです。
 それまでは「見捨てられるかも、裏切られるかも」という不安から、愛情にストッパーがかかってたんだと思う。それが外れたことで、夫を全開で愛せるようになったんでしょうな。

AM: アルさんと話していると、旦那さんへの深い愛を感じます。

アル: 愛しているし、感謝していますね。
夫のお陰で情緒も安定して仕事にも集中できて、ベストな状態だから。
そしたら「トキメキとかどうでもえーわ」と思えるし、「ありがとう、夫よ…!」と日々拝むような気持ちです。

AM: それだけ感謝できるって素晴らしいですね。

アル: あの地獄から救ってもらったからのう~。
過去の私は「愛されるより愛する方が幸せ」と思い込み、愛してくれない男にハマってボロボロになってました。
振り返ると、あれは愛じゃなく依存と執着だったと思う。でも渦中にいると気づけないんですよね。
女友達にも、愛されてみて幸せになった子がいて。 彼女は面食いでジャニーズ系が好きなんだけど、夫は小川直也似のジャイアン系なんです。

AM: それはかなり違いますね(笑)。

アル: かなり違うけど、猛アタックされて結婚したんですよ。

 彼女は十代の頃、父親が浮気して家族を捨てたんですね。それで「男は信用できない」と刻まれて、男を好きになれなかったらしい。
だから「どうせ好きになれないなら、ジャイアンと結婚してみっか」と試しに結婚したそうです。

 今は結婚13年目だけど、すごく仲のいい夫婦ですよ。
彼女は「結婚当初はそんなに好きじゃなかったけど、今は夫を超愛してる」と言っています。

AM: 結婚を決意できたのがすごいですね。

アル: 彼女いわくトキメキは皆無だったけど、夫には多少は弱音を吐けたらしい。
彼女は「自分が母と妹を守らなきゃ」とふんばって生きてきたから、弱さを見せられない性格なんです。
でも夫の熱烈な愛情によって「どんな自分を見せても嫌われないだろう」と思えたみたい。

AM: いい話ですね…。そのご友人も<見捨てられ不安>を解消できたんでしょうね。

アル: うん。だから男を好きになれなかった彼女が、夫を愛せるようになったんでしょう。

「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」って言葉があるけど、「男には愛されてみよ」と提案したいです。 愛されることで自分が変わって、愛が芽生えて育っていく…っていうのは、とても幸せなことだと思うから。

 アルテイシアさんが普通の男子の性事情をインタビューする『魁!!セックス塾』を当連載と隔週で更新しています。あわせてお楽しみください!

Text/アルテイシア

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話