• love
  • 2014.06.18

年齢のハンデをぶっ飛ばせ!35歳を迎えてから幸せな結婚をする秘訣


【第2回】三十路を超えると「モテの逆転」が起こる

アルテイシア 恋愛デスマッチ 三十路 モテ 結婚
by ClickFlashPhotos Nicki Varkevisser

AM編集部(以下、AM): 「女は35歳を過ぎるとエントリーすらできない」と嘆く声を聞きます。
美人で性格がよくても、年齢を理由に断られるようなケースもあると。

アルテイシア(以下、アル): 特に結婚願望の強い男性は子どもを望む人が多いから、年齢を気にしますよね。
あと「すぐ結婚を迫られるんじゃ」ってプレッシャーも感じるようだし。

だからって「20代で焦って婚活しろ」とは言いたくないんですよ。
自分も20代に色んな経験ができてよかったし、それが財産になっているし。何よりキャリアは一生の武器になるから、頑張ってほしい。
だから「週末は全て婚活で埋まる」みたいな過ごし方は、もったいないな~と思うんです。

AM: そこが悩みどころですよね。結婚を焦る気持ちもあるけど、他にやりたい事・やるべき事もいっぱいあるし…。

アル: なので「せめて無駄な恋愛は避けよう」と言いたいです。
不倫とかセフレとか、芸の肥やしになる部分もあるけど、何年もするもんじゃない。ズルズル続けて貴重な20代を費やすとか、悲惨ですよ。自己評価が下がっちゃう子も多いし。

AM: 「長い不倫の果てに40代を迎えてしまった」といった女性も見かけます。

アル: 東京の独身女性に調査したら、不倫経験率が4割に上ったそうです。それが晩婚化の大きな要因になっていると思う。
女子には「オッサンに惑わされるな!」と声を大にして言いたいです。

35歳以上で婚活を成功させるポイントは?

アル: 35歳~39歳の未婚女性のうち、5年後に結婚できたのは5.4%だそうです。
でも、積極的に婚活した人の数字はもっと高いと思う。

AM: 35歳以上で婚活を成功させる秘訣は何でしょう?

アル: 周りの成功例をみると、人的ネットワークに恵まれている女性が強い。というのも、知り合いの紹介で結婚するケースが多いから。
結婚相談所に登録した友達に聞くと、35歳以上だと50歳近くの“THEおじさん”を紹介されるんだって。彼女は「お父さんに見えちゃって無理」と言っていました。

AM: うーん、お父さんに見えちゃうと厳しいですね。

アル: 老け専の女子ならいいけどなあ。友達はおじさんにプロ野球やゴルフの話をされつつ「顔のシミが天の川のよう…」と思っていたらしい。

AM: 天の川(笑)。

アル: 結局、彼女も知り合いの紹介で結婚しました。
35歳以上の女性を紹介できそうな候補って少ないでしょ?だから人脈の広い、世話焼きな人と繋がるのがいいと思う。

「面倒くさくない」のもポイントですね。
なんせ候補が少ないから、よく知らない人を紹介することもあるわけですよ。「夫の先輩で独身がいるそうだけど、会ってみる?」みたいな。
そこで「アドレス教えるから、後はよろしく」と振ったら、あとは自分で動ける人がいい。

あと、「余計なプライドがない」のもポイント。
「いい人がいれば結婚したいけど、今の生活も充実してるし…」とか余裕ぶっている人は「じゃあ必要ないな、他の子にまわそう」と思われちゃうから。
「これだけ必死で結婚したいなら、ひと肌脱いであげよう」と思うのが人情なので。

AM: 必死でガツガツするのはカッコ悪い、とプライドに拘っていたらダメなんですね。

アル: そういう人は面倒くさいよね。「プライドを傷つけちゃダメだ」って気を使うし。
独身で残ってるのって「ハゲでダサいけど、中身は超いい男」とかなんですよ。でもプライドが高いと「ハゲを紹介するなんて…!」と怒りそうだし(笑)。

成功の鍵は「積極的に意見を求める」

AM: 怒られたら紹介し損ですよね。
でも「誰でもいいから紹介して!」とお願いするくせに、文句言う子もいますね。

アル: いる。あと「こんなところがイヤだった」とか、紹介後にいちいち報告してくる子とか。
断るにしても「いい人だけど私には合わないみたい、ごめんね」とサラッと言って「でも紹介してくれてありがとう」と感謝すれば、次に繋がるわけだし。
紹介する側は何の得もなく、親切心でやっているわけでしょ?それに砂をかけるような真似はしちゃダメですよ。

そして、「素直に人の意見を聞ける」のもポイントだと思う。
昔、長身でヅカの男役っぽい女友達に男を紹介したんです。彼女はいつもボーイッシュな服装だから「スカート履いていったら?」と言ったんですよ。
そしたら「どうしよう、スカートって喪服しか持ってない!」と返ってきて、「喪服はマズい、しめやかになってしまう!」みたいな(笑)。
彼女はその帰り道にスカートを買いに行きました。そういう子は婚活も成功しますね。

AM: 「見た目にこだわる男なんて」「これが私のスタイルなの」とかウダウダ言われると、面倒くさいです。

アル: 素直に聞かない人は、誰も意見を言ってくれなくなるし。
「自分から積極的に意見を求める」のも成功の秘訣だと思う。

昔、知人に男を紹介したら、彼女は頑張って話さなきゃと気負ったらしく、早口でワーッとしゃべり倒して。相手も若干引いていて、うまくいかなかったんです。
その後、彼女は「私、貧乳だし…」とか言うし、「いや、乳は関係ねえ!」みたいな。

自分を客観的に見るのは難しいから、「本音で意見を言ってほしい」と周りに頼むのがいいと思う。基本、周りは気を使って言えないから。「35歳でそのつけマツゲはちょっと…」とか思ってても言えないでしょ?

AM: それはかなり言い辛いですね(笑)。

アル: 似合うモノも変わってくるからのう。
私もAラインの花柄ワンピとか着ると、狂女っぽくなるんですよ(笑)。だから「狂女に見えたら教えてくれ」と友達に頼んでいます。


三十路を超えると、モテの逆転が起こる!

アル: 三十路を超えると、モテの逆転が起こるんです。
昔モテてた女子は、チヤホヤお姫様扱いされるのに慣れていて、30歳過ぎても要求は高いままって人が多い。「この年まで待ったんだから」と要求や条件が上がる人もいるし。
そういう人は損益分岐点に気づいてないんだと思う。

AM: 自分の価値は下がっているのに、男に対する要求は上がっていくパターン…それは一番厳しいですね。

アル: それに若くて可愛い女が好きな男は、ずっと好みは変わらないから、もっと若い子にいくんです。
その時「若くて可愛い」を売りにしていた女子は、アイデンティティ・クライシスに陥ってしまう。「コムスメに負けない!」的な痛い女になったりとか。

会社員時代、バブル世代の女の先輩とコンパに行ったら「男が奢らないなんてありえないわよ」とドヤ顔で言っていて。お店の不満とかも言うから「こっちまでバブルの一味やと思われるやんけ!」と。

AM: バブルの一味(笑)。

アル: 一方、昔モテなかった人は要求が高くないから、男もリラックスして付き合えるんです。
男も結婚相手に選ぶのは「一緒にいて楽な人」だから。お金のかかりそうな女は敬遠されるし。こうして、モテの逆転が起こると。

年齢を重ねて得るものもある!

アル: 「人は皆、年をとる。年をとると失うものが多くなる」とロッキー・バルボア(by映画『ロッキー』の主人公のボクサー)は言っていたけど、得るものもあるんですよ。
若い頃は「そのままの私を受け入れて!でもあなたは完璧になって!」とdemanding(要求過多)だったのが、男に完璧を求めなくなるとか。

あと若い頃って大人の男に惹かれるでしょ?リードしてほしい、色んな面で自分より上であってほしい…と包容力を求めますよね。
でも年をとると自分に包容力がつくから、そのままの男を受け入れられるようになる。だから、女が年上のカップルが増えているんだと思う。

以前、38歳の友人に9歳下の男子を紹介して、結婚に至ったんですけど、彼女は「彼とは学生時代のように過ごせた」と話していました。お弁当もってピクニックに行ったり、素で楽しめる事に価値を感じられたと。
私も夫とジャッキーチェンのモノマネとかして、中学男子のように過ごしていましたよ(笑)。

AM: 若い頃は背伸びして大人なデートに憧れるけど、子どもに戻れる方が楽しくなってくるんですね。

アル: 若い頃は子どもっぽい男はイヤだけど、年とると「可愛い、若さがまぶしい…!」って感動するしね(笑)。

その9歳下の夫は「尊敬できる彼女に惹かれた」と話していました。彼女は頭がよくて仕事ができるんですよ。だけど、年上風(かぜ)を吹かさない…これも重要だと思う。
年をとると、良かれと思って「もっとこうしたら」とアドバイスしがちでしょ?経験や知識を披露したりとか。でもそれって、やりすぎるとウザいから。自分も若い頃にされてウザかった記憶があるし。

「年上なんだから自分が上だ」って態度を見せられると、対等に付き合えないでしょ?
年上でもこちらの話に興味を持ってくれて、「もっと教えて」って人といる方が楽しいじゃないですか。

AM: 「相手の立場になって考える」という基本が大事なんですね。

アル: そういう人は何歳になっても魅力的ですよね。
私も紹介する前に「9歳は離れすぎ?」と考えたけど「いや、会えばきっと彼女の魅力がわかるはずだ」と思って。

「好きになったら年齢は関係ない」と多くの男性が言いますよね。
だから年齢や条件重視の婚活系よりも、出会い目的じゃない場所の方がチャンスは多いかも。色んな場所にこまめに顔を出す、という尻の軽さもポイントだと思います。

あとまあ…35歳超えたら、性的な意味で尻軽になってもいいかも。
初対面で胸キュン!みたいな男は残ってないでしょ?でも、セックスすることで胸キュンが発動する場合もあるから。
ただこれは飛び道具なので、リスクは考えてくださいね(笑)。

なんにせよ、昨今の熟女ブームは寿ぐべきだと思います。女は皆、熟女になるから。
<若い女に絶対的な価値がある>って風潮が薄れつつある今、オーバー35歳には追い風が吹いていますよ♪

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~

Text/アルテイシア


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!


ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話