• love
  • 2014.05.15

堀江貴文×はあちゅう恋愛対談/モテる男にはセフレ戦略が効く!スパルタ恋愛論

ネット炎上を逆手に取った自著『恋愛炎上主義』を出版したはあちゅうさんと、同じく炎上発言でも知られる堀江貴文さんの恋愛対談。ひろゆきさんの結婚をきっかけに、ホリエモンの恋愛・結婚観に迫ります。有名人との恋愛遍歴でも知られる堀江さん、意外にも元カノの結婚については素直に祝福するとのこと。その心は?

 AMで大人気連載中「毒吐きはあちゅうのアラサー恋愛入門」の書籍版『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)が本日5月15日(木)発売しました!
刊行を記念して、ついに堀江貴文×はあちゅうの恋愛対談が実現。書籍とあわせてぜひ読んでみてくださいね。
明日から少し違う価値観で生きられるはず!

ひろゆきさん結婚について堀江さんはどう思う?
→別にどうも思わない

はあちゅう 堀江貴文 ホリエモン 恋愛 恋愛炎上主義 対談

恋愛炎上主義 はあちゅう 堀江貴文 ホリエモン
『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)
著者:はあちゅう(伊藤春香)

はあちゅう:いきなりなんですが、ひろゆきさんが結婚されましたね。

堀江貴文さん(以下、敬称略):ひろゆきが結婚したからって俺がなにかいう必要あるの?(笑)

はあちゅう:俺たちは結婚に意味を見出していないって、以前に堀江さんとひろゆきさんが『anan』のインタビューでおっしゃっていたじゃないですか?
堀江さんはどういう風に受け止めてらっしゃるのかな?と思って。

堀江:別にどうでもいい。だってどうでもよくない?
ひろゆきが結婚したら、俺がなんか考えなきゃいけないの?考えすぎだよ。
ていうか人の恋愛とか、人の結婚とかに興味が持てない。

はあちゅう:まったくないですか?

堀江:まあ、ほぼほぼないよね。
だって、ひろゆきが結婚したからって俺がなんか影響うける?自分に関係ないことがどうして気になるの?

はあちゅう:それって男性的じゃないですか。女性だと、仲良しの友達で今まで結婚に興味がないっていってた子が結婚すると、グラグラするんですよ。
あれ?いままで言ってたことと違うなって。

堀江:別にグラグラしない。
元カノとか、一回ヤったことある女の子とかそういう子が結婚したりすると、気になるけど。

はあちゅう:じゃあ、相手のFacebook見にいったりとかして、「ああ」って思ったりしますか?

堀江:いや、Twitterとかで結婚しましたーとか出てきたら、おめでとうってLINEのメッセージ送ったりしますけどね。
元カノが結婚したら、「よかったね~、結婚したがってたよねー。思い通りになってよかったねー」みたいな。

堀江さんのような人が結婚を決意するとき

はあちゅう: 堀江さんは結婚願望ないと思うんですけど、堀江さんの周りにいるIT社長さんたちの中で、結婚を決める人ってどういう心境の変化があると思いますか? 老後の不安ですか?

堀江:老後っていうよりは、仕事が大変になって不安も大きくなって、今こいつと別れたらまずいって思うとか。
またはすごく憧れてた子と付き合うことができた、とか。昔からファンだった女優と付き合えたり。

―はあちゅうさんが結婚したくなるのも不安なときですか?

はあちゅう:私、結婚の報告をもらったり、結婚式行ったり周りが結婚するとしたいなって思います。

堀江:えー、でもさ、半分くらい離婚するでしょ?

一同:
(笑)

はあちゅう:それが分かっていてもですよ!
永久にある100%の幸せじゃないかもしれないけど、男の人に一生守ってもらえるっていう保証書というか、あなたは俺が守りますっていうスタンスが心にくるんです。
旦那さんにそれだけ愛されているっていうのが羨ましいなって。一生背負っていくっていう覚悟を男性がしてくれたっていう…

堀江:してねえだろ!

はあちゅう:してないですか?

堀江:してないって!

はあちゅう:結婚式の「誓いますか?」「誓います」で、人間の心があったら守っていこうってなると思うんですけど。

堀江:いや、思わないね。本音じゃないよ。

はあちゅう:そうですかね…。

埋められない男女の溝
結婚によるメリットはゼロ!?

はあちゅう 恋愛炎上主義 堀江貴文 ホリエモン 恋愛 結婚 対談

─恋愛、結婚には男女の溝があるように思うので、その溝を今日お二人の対談のなかで埋められたらと思っていたのですが…。

堀江:いや、溝は埋められないよ!(笑)
結婚するタイミングって、好きで好きで盛り上がっているときじゃないパターンの方が多いと思う。
結構盛り下がっている時だったり、結婚式の日取り決まっちゃったから結婚しようってなったり。
「これはマリッジブルーだ。結婚したら幸せになるんだ」って思い込んで結婚したけど、結局幸せじゃなかった。結婚なんかしなきゃよかった、とかよくある。
だって3分の1は離婚するんですよ。
3分の1が離婚しているっていうことは離婚したいと思っているやつは3分の2くらいじゃないかな。
なんでそれなのに結婚したがるんだろうって俺は思う。

はあちゅう:たぶん、したことないからですよ。

堀江:したことないからって理由ももちろんあると思う。
だから1回してみるのを否定はしないよ。でも、俺はもう1回したから、もういいかなって思ってる。

はあちゅう:じゃあ、結婚願望は完全にゼロですか?

堀江:ゼロですね。結婚による具体的なメリットがまったく感じられない。
役所が発行する紙、一枚で何が保証されているのかわかんないし。
婚姻届を出したとしても奥さんが逃げていかないっていう保証はない訳だよ。
人が愛する気持ちってフワフワしたものだから、自分がいくら尽くしたり、努力したところでダメじゃん。
気持ちが離れたときに「なんでなんでなんで?」って問い詰めても、「なんとなく」、みたいな。

愛って保証できるもんじゃなくて、最初のちょっとした掛け違いが溝をうんでいって、いつしか埋められない溝ができていくのは普通だし。
気持ちが離れていくことだけじゃなくて、誰かを好きになったら、「俺おまえのことなんで好きになったのかはわからないけど、すごく好き」ってなるじゃん。

はあちゅう:それは確かにそうかもしれません。

堀江さんのセフレ戦略

はあちゅう:あと、気になったんですけど、そもそも、堀江さんのその好きになる人ってどんな人なんですか?

堀江:だから、それもどんな人って言えないよ。好きだから好き。
もちろん顔が好みだとか、タイプだからとか、フレンドリーに接してくれた、とかもあるけど。
俺一目惚れはないから類型化できない。

はあちゅう:私、一目惚ればっかりですよ。

堀江:たとえば一緒に仕事してて、こいつ結構いい女じゃんと思うまで、だいたい3か月とか半年とかかかりますね。

はあちゅう:結構時間かかりますね。
私、なんか堀江さんはパンパン!っていうリズミカルなイメージがありました。

堀江:パンパン!って(笑)。あれだよ?えっと、好きになるのと、セックスするのは別だからね。

はあちゅう:そこをもうちょっと詳しくいうと?
好きになるのとセックスするのは別で、じゃあ、セックスしてから好きになることもあるっていうことですよね?

堀江:まあ、セックスしてから好きになる方が多いね。同時もあるけど。

─『anan』の記事でも堀江さんはモテて忙しい男性をつかむにはセフレ戦略(まずはセフレになる)がいいというお話されていましたよね。お二人の意見を改めて聞きたいです。

はあちゅう:堀江さんはセフレから本命に昇格するのがいいってお話していましたよね。

堀江:セフレから昇格っていうか、そもそも好きっていう気持ちが少しでもなかったらセフレにはなりませんから

はあちゅう:
そのセフレの中から選ぶってことですか?

堀江:じゃなくて、好きじゃなかったら何回も会わないってこと。好きが一番じゃないだけで好きは好きなの。
でも本命への昇格を意識しすぎないほうがいいと思う。

はあちゅう:それが一般の女の子にはわからないと思います。

堀江:わからないっていうかできないよね。だから、できるようになれよ!っていう話をしてるの。

はあちゅう:(笑)。啓蒙してるんですね。

堀江:
できるようになると、それは即いい女だよ。
特にモテる男の人っていうのはそういう子が一番楽なんだよね。

はあちゅう:重くないからですね。

堀江:女の子から「私のこと好き?」「連絡ちょうだい」「次ここ行こうよ」とか、グイグイ来られると鬱陶しいわけ。
モテる人って、仕事ができたりイケメンだったりいろいろ要素があると思うんだけど、基本忙しいわけじゃん。
だからその人たちに合わせないといけない。
競争率高い人は、当然いろんな人と出会う機会も多いし、それこそ一目惚れするようなすごい美女に会う機会も多いだろうし。

セフレの子が一番になることはなかなかないんだけど、その人が本命にふられて病気して、誰もきてくれないっていうときに、連絡きたときがチャンスで。
その時に献身的に介抱してあげたら、「あ、そういえば、こいつのこと嫌いじゃないんだよな。というか好きなんだよな」、って思うんじゃないですか。
それで、子供とかできちゃって、もういい年だから結婚するか、みたいになる。

はあちゅう:なるほど、なし崩し的に。

─はあちゅうさんとしてはどうですか?

はあちゅう:弱っているときにいくというのは、すごくよくわかります。
芸能界の人とか、お金持ちとか魅力的でモテる人を落とすためにはそうするしかないのかもしれないですね。
あとは、有名になる前に知り合うしかないのかな?

いい男と付き合うにはベンチャー投資!

堀江:そうそう。いい男落とそうと思ったら、ベンチャー投資が有効だよ。
みんなアホだなって思うのは、そういう人にいかないよね。

はあちゅう:それは見る目が必要なので難しいです。
野心があるかどうかみたいなこと、わかんないですもん。

堀江:俺はすごくよくわかる。こいつは伸びるなとか。
女の子でもこういう子と付き合っておいたほうがいいな、とか。わかるけどなー。
でもそういう子ってたぶん人気ないよね、合コンとかで。これも類型化はできないんですけど。

はあちゅう:
直感的にわかるんですか?

堀江:直感じゃないな。
これまでの経験によるのもあるけど、会話のキャッチボールをして、言葉の端々にでてくる野心というか、ついつい出てきてしまう「俺は世界を征服するんだ」っていうのを感じ取ったり。

はあちゅう:そういった人に先行投資をすればいいんですね。

堀江:うん、そういう人たちと付き合えばいいんじゃない?モテないから。
忙しすぎて、髪ボサボサで、臭くて、ファッションもださくて。
でもそういう人って小奇麗にちゃんとしたら仕事もできるしいい男だな、ってすぐ変わるよ。
女の子って若いときから商品価値がすごく高いから、ちゃんと磨いてるので、社会的に成功しても大して変わらないんだけど、男性はすごく変わるよ。

はあちゅう:家入さんとかは全然変わりましたもんね。

堀江:そうだね。家入君は金使いすぎたよね。

はあちゅう:(笑)。私は散財しているときの家入さんは知らないですけど。

堀江:初めて会ったときは本当小デブのダサ男だったよ。家入君の昔の姿は普通にググったらでてくると思いますよ。

【続きます。次回もお楽しみに!】

はあちゅうさんの新刊『恋愛炎上主義。』

恋愛炎上主義 はあちゅう 堀江貴文 ホリエモン
『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)
著者:はあちゅう(伊藤春香)

 AMで大人気連載中の「毒吐きはあちゅうのアラサー恋愛入門」がついに書籍化されました!

 『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)、インタビューとあわせてぜひ読んでみてくださいね。

ライタープロフィール

はあちゅう(伊藤春香)
ブロガー、作家、ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」代表

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら