• love
  • 2014.12.15

合う相手を引き寄せるために…どんな趣味でも正直に記載しよう!/35歳知的美女の真剣婚活レポVol.2

婚約者の両親に反対され、突然の婚約破棄を告げられたOさん(35歳)の真剣婚活に密着!後編では、男性と連絡を取り合う頻度や方法、実際に会う場合のおススメのシチュエーションについて話してもらいました!


 婚活サイトを使う女性はイケてない? モテないから使う? ネットでの婚活にそんなイメージをお持ちの方は少なくないのでは。
でも、実際のところ、ごく普通の女性が婚活サイトを使っているんです。

 今回は2014年春からyoubrideを利用する、派遣社員として働くOさん(35歳)に密着しました。
ハッキリした目鼻立ちのOさんは、オリエンタルな魅力を漂わせる美女。
海外留学経験があり、英語圏の文化に通じている一方で、「漫画を描いている」というサブカルな一面も持つ、多才な女性でもあります。

 Vol.1のこれまでの恋愛遍歴に続き、Vol.2では独自のyoubrideの使い方について、リアルな実体験を余すことなく語ってもらいました。

オタクっぽい趣味アピールは大正解

池田園子  ネット婚活


ーーyoubrideでは使い始める前に、まずプロフィール登録を行います。そこで工夫したことはありますか。

O:内容をこまめに変えています。
季節に応じて文章の一部を変えたり、写真もときどき交換したりしています。
そういえば登録して間もない頃は、なるべく女性らしいポイントをアピールしたほうがいいと思っていました。
たとえば「ジムに通って体型を維持しています」みたいに女子力の高さを押し出したほうが、男性ウケはよさそうだなと。

 でもよく考えると、そもそも男性と女性は趣味や好みが違いますよね。
だからあまりイメージにこだわらず気楽に書いた方が、本当の意味で合う人が見つかるかなと思い、普段していることをありのままに書くようになりました。

ーーたとえば、どんなことを書いていますか。

O:趣味は料理で、時間がある時は漫画を描いていて……などできる限り詳しく書いています。
実は最初の頃、漫画は隠していました。正直に書くとオタクっぽく見られてモテないと思ったので(笑)。
でも、ある時知り合った男性から「むしろアピールすべき!」と促されて以来「漫画を描いてます」と堂々と書くようにしたら、かえって人と話しやすくなった感じがしますね。

ーー書いて正解だったのですね。

O:変に飾ってはダメだと思いましたね。
漫画好きな人から連絡をいただくことも増えましたし、今ハマっている漫画の話になって盛り上がることもあります。
「漫画を描いてるなんてスゴいね」と言ってくださる人もいますよ。
趣味を「フラワーアレンジメント」と記載したところで、女性らしい趣味だなとは思われても、男性にはあまり馴染みがないですよね。
一方で、漫画は男女関係なく盛り上がれる共通の話題。書くようになってよかったと思います。

連絡を取り合う相手は厳選しないとキリがない


ーーでは「好みの男性のタイプ」については、どのように書いていますか。

O:「人生を楽しんでいて、体型に気をつかっていて、知的な方がタイプです」みたいな形で書いています。
それ以上細かく書くと「理想が高すぎる」と引かれてしまいそうですし、逆に私が男性側のプロフィールを見る時にも、あまりに条件が厳しい方だと「声をかけにくいな」と思うので。

ーー男性からはどれくらいアプローチが来ていますか。

O:登録初期の頃はメールがたくさん届きました。
1日に50〜60通ほど来ていたので、こちらから男性を探す暇がないほどでしたね。今でも平均して1日2〜3通くらい来ています。

ーー新着会員は「誰の手にも染まっていない」という理由で人気が高いのだそうです。

O:とくに始めの2週間は、メールをくださった方とのやりとりばかりでした。
いただいたメールすべてに返信していたのです。でもキリがないので、やりとりを続ける相手を絞り込み、最終的には10人くらいに減らしました。
話をしていくうちに「ちょっと合わないかな」と感じる相手は、おそらく会うこともないので、途中でメールをやめたほうがいいと思います。
その後4〜5月に男性会員10人と会いましたが、自分から声をかけた相手は一人でしたね。

ーーご自身からはどういう形で声をかけましたか。

O:自分から男性会員にアプローチし始めたのは、登録して1ヶ月ほど経つ頃だったと思います。
「足跡」を見て「いいな!」と思った方に声をかけるほうが、条件で検索するよりも多いです。毎回プロフィールまで飛ばなくても、顔写真と雰囲気が大体わかるので。

ーーメッセージのやりとりで工夫したことや、やりとりを続けるために気をつけたことはありますか。

O:1通目のメッセージがシンプルな人もいます。
でも「いいな!」と思う相手には「この趣味は〜なのですか?」と具体的につっこんでみたりと、プロフィールを中心に質問を投げるようにしていました。
リードしてくれるタイプの男性だと、メッセージをくれる時点で盛り上がれる話題を振ってくれるので、どんどん話が進んでいきましたね。

初回デートはシラフでお茶が理想


ーーおよそ何回程度のやりとりを経て、初デートに至るのでしょうか。

O:人にもよりますが、1日に1〜2通、タイミングが合えば3〜4通やりとりをしていました。
それを目安にすると10〜20通程度でしょうか。大体1〜2週間で会うことが多かったです。
男性の方が会うことに積極的なので、しばらくやりとりを続けるうちに「そろそろ会ってみませんか?」と尋ねてくれるのです。
私もプロフィールに「1〜2週間くらいメールして、お茶などに行きたいですね」と書いています。それを参考にして誘ってくれる男性もいるのかなと。

ーー初デートではどういったところで会うことが多いのでしょう。

O:タリーズコーヒーやデニーズなど、カフェやファミレスが多かったです。
最初は軽くお茶をするのが定番ですが、人によってはレストランで会うこともありました。
忙しい方はティータイムだと厳しいので、仕事帰りに夕食を食べながらお話をしたこともあります。

ーーOさんとしてはどの会い方が一番よかったですか。

O:初対面はできるだけシラフの状態でお話したいので、ティータイムに会うのが好きですね。
でも「お茶だけで1時間」となると「つまらないから早く帰る」という印象を与えそうなので、気を遣ってしまうこともありました。
仕事などから帰宅する人が多い17〜19時くらいにお別れすると、「そろそろ帰りましょうか」とナチュラルに言える気がします(笑)。

【Vol.3に続く】

Text/池田園子
協力/youbride

youbrideとは

youbride

youbrideは結婚したい本気の男女が集まる結婚紹介サイトです。
年間2000組がyoubrideで出会い、結婚しています。
運営実績15年、会員数日本最大級の結婚・婚活サイトで、会員登録無料です。
30代を中心に全国の様々な地域と職業の男女が多数登録しています。
他の「出会い系サイト」や「出会い系アプリ」とは異なり、本気で結婚したい、結婚・再婚を前提とした恋人が欲しいと願う男女が集まる結婚紹介サイトです。また、「結婚相談所」や「お見合い」よりもずっとリーズナブルにご利用いただけます。真面目に人生のパートナー、恋人を選ぶ新たな手段として、ご利用ください。

関連キーワード

ライタープロフィール

池田園子
86年生まれのライター/編集者。女性を勇気づけることが目標。

今月の特集

AMのこぼれ話