• love
  • 2013.10.18

壇蜜が人気なのは意識して「女装」したキャラだから/湯山玲子&二村ヒトシ対談(4)

射精できなければセックスでない、という幻想よりももっと男を支配する勃起幻想。インポテンツになることをなによりも恐れる彼らが手にした「銃・車・ブラックカード」よりももっとモテるために必要なのは、自分の中にある女性性について自覚的になることだと語るのは二村ヒトシさん、湯山玲子さんのおふたりです。

第4回:心の中にモモレンジャーを


 上野千鶴子さんとの対談『快楽上等! 3.11以降を生きる』が好調の著述家・湯山玲子さんと、『すべてはモテるためである』『恋とセックスで幸せになる秘密』が話題沸騰中のAV監督・二村ヒトシさん

 4月16日(火)に開催された、「男女のモテと快楽について」をめぐるお2人の白熱したトークショーから、その内容のごく一部を抜粋し、全4回でお届けします。
第1回「すべての女は面倒くさい」、第2回「恋愛は「文化」「趣味」と割り切るべき?」」、第3回「おぎやはぎ・矢作はなぜモテる?」もあわせてご覧ください。

高い腕時計は○○○○○の象徴!?


二村ヒトシさん(以下、敬称略): 男は「女の人を支配できないこと」にすごく恐怖を感じているんですよ。
そして、そのためには「とりあえず勃起すれば大丈夫だ」と思っている。だから【美しいのに男を勃起させてくれない女性】を否定するし、支配できないという恐怖を感じるんですね。

湯山玲子さん(以下、敬称略): 前回話したあやまんJAPANは、旧来の男にとってわかりやすい「女らしさ」を演じてくれない。だから、体制的な司会者たちは嫌った。

二村: 勃起させてくれないから、恐怖の対象なんです。

湯山: なんでそんなに勃起しなきゃダメだと思ってるんだろうね。

二村: そこが男の悲劇だと僕は思っていて、男性は有史以来、なぜかオチンチンでないと快感を感じてはいけないと思うようになってしまったんですね。男の子って、自動車とか銃のおもちゃが大好きじゃないですか。
大人になると、今度は高い腕時計とか、黒いクレジットカードとか、肩書きのある名刺とかが好きになる。

湯山: 高い腕時計、好きですよ。中年向けのモテを意識した男性誌は、いまだにいい時計を持っていいクルマに乗って、いい店に連れて行けば御の字、特集ですよ(笑)。

二村: あれって、要するにすべてオチンチンの象徴なんですよ。
自分自身ではないけど、自分の体のすぐ近くにあって、手で握って自分のポテンツを確かめられて、マスターベーションできるもの。

湯山: まあ、高層ビルなんて、そそり立ってるもんなー。高い、デカイ、偉い。

二村: だから、オチンチン(もしくはその象徴)でしか女を支配できないと思っていることが、男の悲劇なんです。
それを手放すことができたら、男ももう少し楽に生きられるんじゃないかなと思うんですけどね。

自分の中にいるモモレンジャーを自覚しよう


湯山: 『すべてはモテるためである』の中に、男の中にも女性性があることに気が付こうっていう話が出てくるじゃない。人は心の中にゴレンジャーがいて、アカレンジャーもいればアオレンジャーもいる。
そして、男の中にもモモレンジャーは同居しているんだと。

二村: イラストを描いてくれた青木光恵さんが、「色気があってモテる男というのは、自分の中のモモレンジャーに自覚的な男なんじゃないか」と女性の視点から言ってくれて、なるほどと思ったんです。
自分の中の女性性を使って女の人と関係を持つと、すごく話がしやすいし、コミュニケーションしやすいから、男は自分の中の女性性を認めるべきだっていうことですね。

湯山: まさに、前回話したおぎやはぎの矢作さん。だから女にとっても、「女らしさ」っていうのは何人かいるゴレンジャーの中のモモレンジャーにすぎないわけですよ。「女」を手口として使えって言ったのはそういうこと。

二村: 自分の中にも娼婦のキャラがいることを、遊びとして楽しめばいいんですね。

湯山: しかし、何というか真面目なのか、その「娼婦」を自分そのものにしちゃう。
自分のセックスをおおっぴらに語る女はこのタイプが多い。しかし、非常に不安定。安定的なのは壇蜜だけど、もうこの人の場合は手口として意識して「女装」した上でのキャラ。だから、女性にも人気が有るんですよ。

二村: 男も、自分の自我がオチンチンだけだと思っていると、女の人を無意識に抑圧してしまう。
でも、男にも女にも、男性性と女性性の両方がそなわっているんだということがわかっていれば、もうちょっと付き合いやすくなると思うんですよね。

湯山: 女の人が「女らしさ」にとらわれて、「女であらねば」という外からの抑圧を内面化して苦しんでいるように、男性だって「男らしさ」にとらわれていると「男なんだから女を支配しなきゃ」「いばらなきゃ」というプレッシャーに苦しむことになる。さっき話した「勃起できなくなる恐怖」に怯える羽目になるわけですよ。

二村: 僕は「男であらねば」ということと「女であらねば」ということは、実は同じことなんじゃないかと思っていて。
「女らしさ」って要するに、自分の力を人を喜ばせるために使って、そのことに対して見返りを求めない…みたいなことじゃないですか。それって、「男らしさ」と限りなくイコールなんじゃないかって気付いたんですよ。

湯山: 男にもへこんだ部分はあるし、女にも出っ張った部分はある。
お互いのへこんだ部分で、出っ張った部分を受け止めて、他者や愛する人を癒してあげたい、と思うのは男女共通なんですが、その前に「らしさ」の規範から外れた異性に、反射的に苛立ってしまう性質があるんですよ。
そういう自分を把握しておくのはもはや、マナーだと思う。


二村: そういったことを、「男らしさ」「女らしさ」という今ある言葉ではない、自分自身の言葉で考え直すことができたら、男と女はもっとわかりあえて、もっと楽になるんじゃないかと思いますね。

Text/福田フクスケ

■湯山玲子&二村ヒトシ対談をまとめて見る


『快楽上等! 3.11以降を生きる』

湯山玲子
著述家。出版、広告の分野でクリエイティブ・ディレクター、プランナー、プロデューサーとして活動。著作に『ベルばら手帳 マンガの金字塔をオトナ読み!』(マガジンハウス)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(ワニブックス)など。月一回のペースで、クラシック音楽をクラブ仕様で爆音で聴く「爆クラ」を主宰。
(画像右:『快楽上等! 3.11以降を生きる』/著者:上野千鶴子、湯山玲子/発行:幻冬舎/価格:1,575円)

『恋とセックスで幸せになる秘密』
『すべてはモテるためである』

二村ヒトシ
アダルトビデオ監督。MotheRs・美少年出版社・欲望解放・レズれ!という4つのAVレーベルを主宰するほか、ムーディーズ、エスワンなどからも監督作を発売。また、ソフト・オン・デマンド制作部門であるSODクリエイト社の顧問(若手監督への「エロとは何か」指導を担当)にも就任。
公式サイト:nimurahitoshi.net
twitter:@nimurahitoshi@love_sex_bot
(画像右:『すべてはモテるためである』/著者:二村ヒトシ/発行:イースト・プレス/文庫ぎんが堂/価格:700円)(画像左:『恋とセックスで幸せになる秘密』/著者:二村ヒトシ/発行:イースト・プレス/価格:1,260円)

ライタープロフィール

福田フクスケ
フリーライター。“くすぶり男子”の視点から恋愛やジェンダー、セックスなどを考察。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら