• love
  • 2014.04.10

【量産型】「勘違い系ウザい女子」をディスる【 \(^o^)/ 】

合コンに文句を垂れる
「お前が言うな…!」女

恋愛 ファーレンハイト ウザい女 合コン
©nenuache

 さぁ、今日も厚かましく本当の恋愛の話をしようか。

 しばらく前、知人の女の子が合コンに行った話を語ってくれた。
どうやら悲惨な合コンだったらしく、イケメンいなかった!職場も大したことなかった!喋りも面白くなかった!だったらしい。

 たしかに面白さも夢もない合コンではあるけれど、俺の率直な感想は「お前が言うな…!」だった。(ぐっと飲み込んだ)

 はっきり言って特別可愛いわけではなく、気が回るわけではなく、自分の話だけを聞いてほしいという性格。
女友達としても魅力とは思えない。他に会いたい友人がいなければ、一緒になる場を避けたくなる人だ。

 こういう勘違いしてる「ウザい女」ってけっこうな数、いる気がする。

 俺の先輩がパーティー(婚活系ではなく、大きめの個人主催のもの)に出掛けた際に、ある女の子たちと二言三言言葉を交わして、つまらなかったのですぐに去ったそうだ。
後から「あの人なんか冷たいねー」と陰口を叩かれたらしい。

 彼は「だってさ?特別可愛くない。仕事もがんばってない。趣味もない。話もこっち任せ。それで何を喋れっていうんだよ?」と言っていたんだけど、その通りだと思う。
一緒にいるだけ時間のムダだ。せっかく色んな人と知り合える機会なんだから、もっと魅力的な人のところに行くのが普通だ。

 これが男の本音だよ。目の前にいるときは愛想よくしてるけど。

 勘違いしないでほしいのは<特別可愛い><仕事に情熱を注いでいる><特別な趣味を持っている>ことが重要なのではない。

 相手を惹きつける何かを持っていない。持とうとしない。
それなのに誰かにチヤホヤしてもらいたい。その神経が厚かましくて、ウザい。

自分と一緒にいるメリットは
積極的に提示するべき

 正直なところ、恋愛関係は打算が占める割合が大きい。
男女問わず当たり前の感情として「得する人と付き合いたい」とか「付き合っていて優越感がある」って気持ちに左右されないはずがない。
そりゃそうだ。女の目線から見ても、同じ見た目とキャラクターならお金を持ってないよりも持ってる男のほうが良いに決まってるでしょ。

 理想論でいえば人間関係に損得勘定を持ち込むのは間違っている。
だけど、現実問題として限られた時間の中で人と会うのだから、優先順位が決められてしまうことは前提とする必要がある。
もっと言えば、腐るほどいるその他大勢から自分を選んでもらうには、自分と一緒にいるメリットを積極的に示していく必要がある。
それは嫌らしい行為ではなく、「アナタと近づきたいです」という意思表示だ。


 今回、テーマにした女の子はこの点で論外な存在ってことになる。
メリットは一番フェアな人間関係の接着剤だ。
それをなくして、自分だけ楽しませてもらおう/可愛がってもらおう/ましてや、特別な存在になろうとするなんて無理に決まってる。
以前に合コンでモテる女の子の記事で「来てくれた相手を尊重している」「せっかくだからその場を良いものにしようとしている」が何よりも大事と書きました。根本は一緒です。

 これが提供できるのであれば、別に抜群の容姿を持っていなくても、キャリアを持っていなくても仲良くなれると思う。
せっかく話をするんだから楽しんでもらおう。その人のことを知ろうとしてみよう。
自分のことを知ってもらおう。
そんな気持ちを持っているかがすべてでしょう。
損得勘定じゃない関係に最初から期待してるスタンスが厚かましいんですよ。

身の程をわきまえること、
自分を過小評価することはまったく違う

"身の程をわきまえる"はすごく大事なことだと思う。
俺自身、超絶イケメンに勝てないルックスとスタイルだし、起業家に勝てる金だって持ってない。
性格も気をつけないとただの調子ノリです。それが得意分野の人の土俵にそのまま上がり込んだら完敗するだけ。
でも、そのことを自覚することで、自分の見せ方や表現の仕方を気をつけるようになりました。オシャベリ糞野郎が直りました。(現在も随意矯正中でございます。)

 自分のことを客観的に見つめて、初めて立てるスタートラインがあると思うんですよ。
自分を高めていく手がかりがそこにある。けれど、そのことに無自覚な人には魅力も先もない。
そんなことを恋愛だけでなく、生き方そのものについても俺は感じるのです。

 とはいえ、絶対に絶対に卑屈にはならないでくださいね。身の程をわきまえることと、自分を過小評価することは違うことだと思う。
自分に欠点があることは分かっていても、ネガティブなかたちのまま他人にぶつけたりしない。
許容してもらおうとしない。自分のなかにぐっと押し殺して、自分のなかで処理していく。
そして、他人といるときは、底抜けに明るく楽しく。

 女も男も、ちゃんと考えながらも飄々としてる人が素敵だと思うんですよね。

ブログで「あとがき」やってます

 AMでコラムが掲載された数日内に、あとがき・こぼれたエピソード的な記事をブログで書いてます。よろしければ。


Text/ファーレンハイト

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!


ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら