• love
  • 2013.10.10

脱ブスしよう!メイクでは作れない男好みの可愛さのつくりかた

自分の顔は意外に知らないもの

ファーレンハイト 恋愛 表情 ブス キレイ かわいい AM
©by iamtheo

 自分の顔って知っているようで知らないものじゃないでしょうか。

 朝目がさめて洗顔するとき、メイクするとき、自分の顔は毎日見ているでしょう。
だいたいの女の子って写真で撮られるときのベストの顔って熟知してる。男からは感心するほど。
けど、ひとつ大事な視点が欠けている。
それは「動き」のなかで可愛く見せるという観点だ。

 鏡で見る自分のベストの顔ってしょせん「静止画」。
でも、他人に見せるのは「動画」なんですよね。

 ここで男目線での"可愛い"を少し語ってみましょう。

 1つは文字通り、生まれつきの"顔のつくり"のキレイさ。これは不公平ですが事実です。

 2つめは"愛嬌"です。
たとえば飲み会で最初は「んー、普通」と思っていた女の子が一緒にいる2時間で可愛く見えてくることは結構な頻度であったりする。
反省会で「あの娘良かったよね〜」「わかるっ!」的な。

 愛嬌の正体は結局、表情の豊かさだと思うんですよね。顔の動き。
楽しいときに笑顔を見せたり、いじられてむくれてみたり、冗談っぽく怒ってみたり。容姿が恵まれてるわけではないのに、魅力的な女の子って一緒にいるときの会話で表情がくるくる変わる人な気がする。
表情で魅力がはじけてる。
そんな女の子を見ると男はやっぱりテンションが上がるし、楽しませたくなってくる。

 反面、男からアイツ可愛くなかったと言われるのは仏頂面
悪気がない人もある人もいるけど、結局のところはその場を楽しませるべきは相手だと思ってるのが根本だ。
それは人間関係における怠慢に他ならない。
容姿に関わらず、そのスタンスは間違いなく"ブス"だと俺は思ってる。

笑顔は最高のジェスチャー

 俺は「表情」はジェスチャーのひとつだと捉えています。
そしてそれは場を盛り上げる強力なツールになる。

 恋愛に関わらず一般的なコミュニケーションを考えたとき、打って響く(ように見える)人って楽しいですよね。
女の人だってそうだと思うんです。
だから、自分から「響いてるよ」というサインを出してみてほしい。

 相手に対してハッキリと「あなたの思いや言葉が自分に響いてるよ」と伝えてあげることは、関係の初期段階ではすごく大事なことだと俺は思う。
すでに関係が成立しているのであれば省略できるものかもしれないけど、それがまだ定まっていないうちは積極的に相手に伝えていくべきです。

 それが相手の手応えになって次のステップに進んでいく気持ちにつながるんです。
照れとかまわりに歩調を合わせることがそれをジャマして表現しないのはすごくもったいないと思う。
相手が面白いことを言ったら素直に顔をクシャッとさせて笑う。
まわりの女の子が笑っていようがいまいがどうでもいいです。
あなたが面白いと思えば笑えばいいんです。


 自分自身がまずオープンになること。感情を素直に表現すること。そのときに表情を使ってみること。
これはしょうもないモテテクとは比べ物にならないくらい、男性に魅力をアピールできる方法だと思う。

自分自身がオープンになること

 相手に対してオープンなスタンスになることはすごく大切なこと。
反面、それをニガテとする人はけっこう多い。
相手が自分を許容してくれていることを確認できないと自己開示ができない、みたいな。

 だからこそ俺は「まず自分からオープンに行こうよ」って言いたい。
自分がオープンに行かないばっかりに、相手が様子を伺って踏み込んできてないかもしれない。それは悲しいことじゃないですか。

 これはニガテな人にはすごく難しいことだと分かってて言ってる。
けれど、出会ってどんな人か分からないからこそ相手のことをもっと知ろうとする、良いなと思ったからもっと知ろうとする。
そのためにはまずは自分の心を開いておくことが不可欠だと思う。

 自分が心を開いても相手は開かないかもしれない。
自分に好感を持ってくれないかもしれない。
そうだとしても、返ってくるかこないかなんて瑣末なことじゃないですか。
自分のスタンスで可能性を握りつぶさない。
相手への好意は最大限に表現して、嫌悪は最小限にして悪態つかずに距離を置く。

それで上手くいけば御の字だし、ダメだったら次にいけばいいじゃないですか。
そのポジティブな姿勢にこそ恋愛の成功は宿っていると俺は思うんですよ。

 最後に余談ですが、興味がない人に気を持たれてめんどくさいことにならないように、コントロールの仕方は徐々に覚える必要はあると思います。
それもまた自分の身を守るために必要なスキルでしょう。
機会があれば書いてみますね。

ブログで「あとがき」やってます

 AMでコラムが掲載された数日後に、あとがき・こぼれたエピソード的な記事をブログで書いてます。よろしければ。

Text/ファーレンハイト

関連キーワード

ライタープロフィール

桐谷ヨウ
脱力系ヤリチン、週末コラムニスト。恋愛コラムで一躍人気ブロガーに。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら