• love
  • 2013.09.25

男性の股間をジッと凝視!? 電車で使えるエロしぐさ

鈴木みのり エロしぐさ
lawmurray


 前回の「男の園で女を咲かせる! ラーメン屋で使えるエロしぐさ」も合わせてどうぞ。

 最近こじつけリード文章を考えるのが至難となってきました、たかだか連載7回目なのに。ともだちからも「中身がひどすぎて、会社とか取引先のひととつながってるからSNSでシェアできない ww」と言われる始末な本連載、いつになったらアクセス数1位取れるのでしょうか。
そもそも読んでいるひとがいるのか!?

 不安になりながらも日々の積み重ねが大事、と何度かこの連載でも提唱させていただいております。
このお題目に則って、わたしの住む東京では多くのひとびとの必須の交通手段、毎日利用する電車でのエロしぐさを考えてみたいと思います。


電車で使える3つのエロしぐさ

その1


ひしめき合う車内で心温める「エア彼氏」

鈴木みのり エロしぐさ
NeilGHamilton


 電車内で見知らぬタイプの男性が隣にいる場合、わたしがよくやるのは「エア彼氏」です。

 これは、寒い季節の信号待ちのときなんかに使いやすいテクなんですが、横断歩道で立ち止まっているタイプの男性の隣に立って、ニットの袖から指だけ出したり、指先に息を吹きかけて温めるしぐさなんかをやって、「寒いね♡」と脳内で見知らぬそのひとに向けて声をかける。

 そんな調子で、座席で隣に座ったひとや、隣に立っているひとに対して、脳内で語りかけてみるのです。
「あの広告の○○ちゃんかわいいね」「ねえねえ、あのおじさん鼻ほじってるよ!」とか、車中のできごとなんでもいいんでトピックをチョイスして、あくまで脳内で話しかける。

 慣れてきたら、目の前に立ったタイプの男性と目で会話をしたり、上手くいけば実際に話をすることもできるようになれるかもしれません。そこから発展させて、満員電車でぶつかり合うとき、それをプレイとして「こんなところで……ダメだよお」とか言ってみてください脳内で、そしたらモジモジしてきます。

 わたしのともだちの話で、電車内で向かい合わせになったどタイプのサラリーマンのイヤフォンコードが彼女のカバンに引っかかったのをきっかけに、「なかなか取れないですね(クスッ)」というやりとりから実は降りる駅が同じという話題にまで展開し、そのまま地元のホテルに直行、なあんていうこともあったそう。

 わたし自身も、電車内で出会ったタイプの男性のことをチラッチラッとときどき見ていたら、降りるわたしを追いかけてきてくれた経験があります。

 恋愛なんてはじめは思い込み。妄想力をグイグイ鍛えて、実行に移すまでの筋トレしといてください!

その2

薄手のレッグウェアを伝線させて
「破りたい!」欲求をあおってみる

鈴木みのり エロしぐさ
torbakhopper


 だんだん肌寒くなってきたこの季節、タイツ、ストッキング、トレンカ、レギンスなどさまざまなレッグウェアを足にまとう女性も増えてきます。

 そこで次におすすめしたいのは、タイツやストッキングをわざと伝線させておく、というワザ。ふくらはぎのあたりや、ミニスカを履いてるときは太ももからタテに伝線させておくのが良いかもしれません。前部だと、気づいてないのがみっともないバカっぽさにつながりそうので、足の後ろの方を軽くビッとやっておく。肌が少し露出しているエロスを生むのはもちろん、レッグウェアを破りたい衝動に駆られるよう、導いてあげるのです。

 ここで履くレッグウェアは、デニール低めなものをチョイスしてください。
カラータイツや黒のタイツなど男ウケの悪いレッグウェアでも、薄手だと肌が透けて、いやらしく見えます。

 話は少しズレますが、夏場でもベージュのストッキング履いて足を完全防備している女性を見かけますが、あれってなんなんですかね、毛穴とか気になるから?

 おしゃれなタイツなら履きたい気持ちもわかるんですが、そんなに毛穴隠したいんだったら脱毛しろよ! と思うんですが……。このあいだ『アウト×デラックス』にゲスト出演していたV6の三宅健くんが、女性の脱毛をやたらススメてましたが、わたしも激しく同意します。

 電車内ではローラちゃんやトリンドル玲奈ちゃんなど、お肌がつるつるモチモチしてそうな旬の女性タレントたちが脱毛を訴えかけているので、せっかくなのでノッちゃいましょう。

 暑がりさんや、夏場の場合は、素足で勝負できるようになっておいていただきたい。
みんなが立ち止まってるがゆえに足をじっくり見られる機会の多い電車の中でこそ、セクシュアルな視線に耐え得る心を鍛えたいものです。

その3

男が女を車内で見るのはテッパン……
ならばこちらも見返してやれ!

鈴木みのり エロしぐさ
isis


 最後にご提案するのは、少しハードルの高いエロしぐさです。

 男性が女性の胸や足や顔を見て、痴態を妄想する、視姦する……という話は割と周りで耳にします。
それと同じように、男性の股間を凝視し、どんなセックスがしそうか、できそうかを妄想してみてください。

 男性が座席に座るとき、大股開いていることが多いですよね?
その開いた股をじーっと見てやるのです。または、自分が座っている場合に、目の前に立っている男性の股間を見つめる。

 もう一歩進めそうなアナタには、男性の股間を目の前に、口を半開きにしてみたり、少し舌を前に出してみたりしてみましょう。以前こちらで書かせていただいた食にまつわるコラムでも指摘した、ローラちゃんによる舌をぺろりとくちびるの端に出すしぐさ、アレならライトでやりやすいかもしれません。チョコバーとか飲み物を用意しておいて、舌を出すいいわけを作っておくのもアリかも。

まとめ


 日常でありながら、多種多様なひとびとが入り乱れて、出ては入ってまた出て行く都会の電車内は、デイリーに新しい出会いや挑戦を生める場所と言えなくもない。

「旅の恥はかき捨て」、ふだん使わない路線を駆使してショートトリップしては、日頃はできない恥ずかしい行動に出てみてはいかがでしょうか。もちろん、やりすぎると犯罪に抵触する可能性があるので注意してください。

 身持ちが固すぎる、またはさっさと身体を重ねてしまったがゆえに、ロマンティックのロの字も描けず、ただただ年を重ねていって、進歩的な関係を築けない。なあんてことがありがちな文化系女子のみなさまは特に、行きすぎた行動にいきなり出てしまう前に、妄想力を駆使! 少しずつエロスの道に分け入ってみてはいかがでしょう。

 エロスと言わずとも、日々刻々と入れ替わる乗客をつぶさに観察してみれば、自分に活かせる手練手管が身に付くやもしれません。


Text/鈴木みのり

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

9月特集
男と女の新連載

関連キーワード

ライタープロフィール

鈴木みのり
某出版社の編集者にナンパされて、流れるままにはじめたライター2年目。

今月の特集

AMのこぼれ話