• love
  • 2013.12.06

繰り返す過ち!原因は「答えが降ってくるのを待っているから」?・35歳建築関係(前編)/ジェーン・スーの相談室

 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんに AM読者の悩みをとことん聞いていただきました!
これまでの記事一覧はコチラ。

 8人目の相談者さんは、建築関係にお勤めの京子さんです。

京子さん(35歳、建築系)の悩み
「30代になってから、付き合う人が自己中心的なダメ男ばかりになってしまった」

ジェーン・スー 恋愛相談 男女の友情 元カレ 友達 復縁
by e³°°°

ジェーン・スー(以下、J): こんばんは。今日はよろしくお願いします!

京子さん(以下、京): こちらこそ、どうぞ宜しくお願いいたします。

J: それでは、自己紹介とお悩みをお願いいたします。

京: はい、京子と申します。35歳独身、会社員です。
30代になってから特に、自己中心的で周りを振り回すような男性ばかり好きになってしまいます。話が面白くて刺激は十分すぎるので、一緒にいる分にはとても楽しいんですが…。
いい歳して、こんなフラフラしていていいのかなという気持ちと、好きにやればいいじゃん、という気持ちで揺れ動いております。

J: なるほど。

京: ジェーン・スーさんがよく仰っているように、独身生活が楽しすぎて。

J: 同意しかありませんな(笑)。ちなみに、京子さんはどんなお仕事を? 

京: 建築系です。内部で数字を扱うような仕事をして、1年ほどになります。

J: その前はどんなお仕事をされていたのでしょうか?

京: 業界はずっと一緒ですが、以前は半分営業や、企画のような仕事もしていました。

J: 建築業界のなかで、いろいろな職種に就かれていらっしゃるのですね。

京: そうですね。いつだったか同僚に「あなたは巻き込まれ型だね」と言われたことがあります。

30代からは「脱・巻き込まれ型」を目指すも、恋愛ではうまくいかない

J: 「巻き込まれ型」というはどういった意味で、ですか?

京: トラブルに、ですかねw

J: 具体的には、どういうことがありましたか?
たとえば、仕事上で人の尻拭いばかりしたとか、無茶な人の無茶な提案を実現するのに長時間労働時間を強いられたりとか?

京: ああ…覚えがありますw
自己中心的なタイプに振り回されるのが好きなようなので、それは自覚して、仕事ではなんとか折り合いをつけているのですが。

J: 「NOと言えない」ではなく、自己中心的なタイプに振り回されるのが「好き」なんですか?

京: 20代のときは、あまりNOと言えませんでした。
今は「好きな人にだったら、自己中心的に振り回されてもいい」という感じでしょうか。自分でも分からない部分があります。

J: そこをゆっくり一緒に考えてみましょう!
30代になってからは「NO」がどう変化したと思いますか?

京: 仕事では上手にNOという術を覚えて、20代のときに比べるとかなりNOを言えるようになりました。
NOと言えず、辛いことも経験したので、仕事では「脱!巻き込まれ型」を目指しています。
今はかなり自分の意思で動いていると思います。

「やりたい」よりも「必要とされる」方を優先してしまう

J: 自己中心的なタイプに振り回されるのが好きなのは、プライベートだけですか?

京: そうですね。でも、それもだんだん分からなくなってきました。

J: 混乱していますね!仕事で業界は同じでも、いろいろな職種を経験したのは、希望通りですか?それともなんとなく?

京: 半分は希望通りで、半分は何となくでしょうか。色々な職種を経験した話をしたときに同僚に、「巻き込まれ型だね」と言われたのでした。

J: むむ? どうしてそう思われたのだろう?

京: 「自分がやりたい」よりも「自分が必要とされる」方を選ぶことが多かったからですかね。

J: なるほどー。必要とされていることと、自分の希望がマッチしていたから?それとも、単純に必要とされている方を選んできたということ?
なんとなく、まだ京子さんの意志がどこにあるのかよく分からんのですよ。

京: 20代の頃は、自分にマッチしていなくても、必要とされる方に向かっていっていました。それで身も心も疲れてしまい、今はようやくそこを脱して、やりたいことの方にシフトしてきたように思います。

J: なるほどなるほど。
仕事ではそれができつつあるけれど、恋愛ではそうもいかない…?

京: そうなんです!

J: 恋愛では、必要とされる方ばかりに行ってしまうのでしょうか。

京: うーん、そうですね…。純粋に必要とされているというよりは、彼の世界を作るのに必要な役割を与えられていたという感じだったかもしれません。
「彼の世界を壊さない女」であろうとしていた気がします。

好きな人には自分の意思を出せない

J: 告白されて付き合う感じでしたか?

京: 告白は相手からですが、そこに至るまではなし崩しな感じが多いですね。

J: そこまでがなし崩し…というのは?

京: 私にあまり意思決定権がない感じですね。

J: なんか仕事と同じ匂いがぷんぷんしますね…。
少し驚かせてしまうかもしれないのですが、仕事にしろ恋愛にしろ、お話を伺っていても、京子さんの意思が見えないんですよ。どういう状況なのか、いまいち分からないんです。
「京子さんに意思決定権がない状態で告られて…」っていうのもいまひとつよくわからないのですが、具体的にどんな感じですか?

京: たぶん、今のやり取りと近いのかもしれませんが、私は考えてから伝えるまでにちょっと時間がかかるようで。
私が考えている間に、相手の中で物事がどんどん進行していってしまい、私の意思はあまり聞かれないまま、告白されて付き合う状況になる、ということが多いです。
仕事では、自分の意思方面にシフトできてきましたが、男性問題に対しては、自分の考えや意思がない状態なのかもしれません。

J: マジかよ!告白された時点で相手のことは好きではないということ?

京: いえ、好きです。ですが、こんなに自己中心的な人とばかり付き合っていいんだろうか…という考えで、ぐるぐるしているうちに、告白されて付き合ってしまう感じでしょうか。
我ながら文字にすると優柔不断すぎますね。

J: 優柔不断というか、「男性問題に対しては、自分の考えや意思がない状態」なのに、相手のことは好きだと認識しているのはなぜでしょう?

京: まったく「意思がない」のではなく、好きな相手には自分の意思を表現しないからだと思います。

反省を生かせないのは結論が降ってくるのを待っているから?

J: 好きな人のどんなところに惹かれましたか?

京: 頭の回転が速いところ、会話が面白いところ、です。

J: その彼と付き合っているときも、結局振り回されてしまった?

京: はい。着ている服や髪形なんかも制限されていましたw

J: いつもそこまで意思が持てない感じになる?

京: いえ、その1回だけです。
そこで大変懲りまして、今度好きになる人はそういったタイプじゃなくしたいんです。

J: 結論を急ぎ過ぎですwww
答えをはやく、はやく、という印象ですが、まず自分のことをちゃんと考えないと、答えは見つからないと思います。 服や髪型まで制限されたお付き合いはいつごろのお話ですか?

京: 20代後半くらいです。

J: 10年くらい前ですね。その後も同じようなタイプを好きになってしまった?

京: そうですね、近いタイプでした。

J: ということは、反省が生かせてなかったのですね…。
ちょっとキツい言い方になってしまいますが、反省が生かせないのは、考えないで結論が降ってくるのを待っているからだと思います。

京: なるほど。考えているふりして考えてなかった、ってことなのですかね。

J: どんなことを考えていましたか?

京: 次は、うまくNOと言ったり、できるだけ考えていることを相手に伝えようと思っていました。
ただ、おっしゃる通り、何か正解だけを探していたように思います。

J: ふむふむ。自分が何を考えて行動し、どうしてこうなったのかを考えないと、新しい行動には移しづらいかもしれません。
持論ですが、誰にでも当てはまる正解というのはなくて、自分で選んだものを自分で正解にしていくしかないと思います。

京: はい。自分では意識していなかったのですが、「何を考えていたか」より、「正解はどれだ」というような考え方でした。

J: それは考えてないのといっしょだYO!

京: そうですねw 本当に。

J: それでは改めて、自分の恋愛を振り返ってみてくださいませ。

京: 相手に自己中心的な人を選ぶことで、自分の意思が必要ないというか、自分にリスクを負わないようにしていた気がしてきました。
相手に転嫁しているというか。自分の意思を出すことが怖いみたいです。


J: ほんとに?
いま、京子さんは私の流れに沿わせようとしてませんか?

京: いえ、していません。
なぜ悩みをうまく言えないんだろう、と今考えていたのですが。考えてなかったんじゃないかと…w
ちゃんと、自分のことを振り返って考えたことがあるのかと、今すごく、考えています。

Text/ジェーン・スー

関連キーワード

ライタープロフィール

ジェーン・スー
音楽プロデューサー、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニストとして活動中。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら