• love
  • 2013.09.27

アクセル全開で脈ナシのサインに気づけない!24歳院生(2)/ジェーン・スーの相談室

【バックナンバー】
・年齢=彼氏いない歴(29歳)の心の叫び!第1回第2回第3回

 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんに AM読者の悩みをとことん聞いていただきました!
前編に続き、相談者はもえさん(24歳・大学院生)

【前回までのあらすじ】
男友達に告白したら「友達じゃん」と振られてしまったという相談だったはずなのに、だんだんと話が大混乱。あれ?もしかしたら今まで反射で話していて、考えて話すことが苦手かも。

彼氏を作る前に考える練習をした方がいい!

 後半は、もえさんの課題になってしまったロジカルシンキングについての解答編です。

コミュニケーションが苦手でも
ゆっくり考えれば大丈夫!

ジェーン・スー
by Geecy

もえさん:今まで私と話してた人が悔やまれます。みんな、ついて来てなかったんだろうな…。

ジェーン・スー:いや、もえさんがみんなの話についていけてなかったんですよ。

もえさん:おりょーー みんなついて来てなかったんだろうな、とか言ってる所が痛い。コミュニケーションできてなかった。

ジェーン・スー:ロジカルシンキングができると、コミュニケーション能力というのは圧倒的に高くなるので、それを練習することによって、自分が考えていること、人が考えていることも少しずつわかるようになってくるはずです。
『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』(ダイヤモンド社)、わかりやすかったですよ。

もえさん:ありがとうございます!!彼氏とか言ってる場合じゃなかったです。なんか目が覚めました。

ジェーン・スー:ロジカルシンキングができるようになると、「彼氏は欲しいが恋愛は怖いし一人で一生いるのは嫌だけど恋愛できないしでもバイト先のひとつ下の子がかわいい!」という、一連の流れを分けて考えられると思います。

自分の問題点を見返してみる

ジェーン・スー:さぁ、いま自分が喋っていたことを一回見直して見て、自分のどこが問題で、それに対して最初にどうすればよいか、案を聞かせてください。
やることは、
1.自分が喋っていたことを一回見直す
2.自分のどこが問題かを見つける
3.それに対して最初にどうすればよいだろうかを考える

の3つです。

もえさん:読み返してみると、どんどん話が変わっていますね。コロコロと。

ジェーン・スー:ジェーン・スー: (ΦωΦ)フフフ… アヂー!って感じでしょ?
考えられないことに脊髄反射をしている感じ。

もえさん:とにかく唐突に物を言っています。考えずに、思いたったことをバーっと。
そのため途中で混乱しています。

ジェーン・スー:そうですね。考えずに、そのとき思ったことをバーっと言うため、途中で混乱しているのは誰?

もえさん:混乱しているのは私です。 だから私が話についていけない、とジェーン・スーさんからご指摘が。
まずは相手の話を聞く…聞いたうえで考える、整理してから発言したほうがいいですね…。

ジェーン・スー:そうです。混乱しているのは、もえさんです。話手のもえさんが混乱するから、聞いている人も混乱する。
「まずは相手の話を聞く」というところに、すぐ辿りついたから筋がいいね!
次は相手の話を聞いて、整理したうえで、ひとまずその人に「いま話していたのはこういうこと?」と自分が整理したことを、自分の考えの前に聞いてみてはどうでしょうか?
コミュニケーションの第一段階で齟齬がないかを確認する作業。

もえさん:それやってみます。時間はかかるかもしれないけど、そうでもしないと相手も自分も辛い。

ジェーン・スー: うん、やったほうが楽になるね。

ワンクッション置いてから話しだす、脳ヨガ

ジェーン・スー:根気のある友達とじっくり話をする時間をとってみては? 私はいまこういうことで悩んでいるんだけど、どう思う?から始めて相手が言ったことをよく聞くトレーニングです。
そこに脊髄反射ではなく、「いまあなたが言ったことはこういうこと?」と確認をする、脳ヨガ

もえさん:まずはワンクッション置く。

ジェーン・スー:うん。ちゃんと「あなたが言った意味はこういうこと?」って尋ねないと、相手も話を流してしまうだろうから、ちゃんとひとつずつ確認してみて。

もえさん:現段階では、上手く話せないことがトピックになってしまいそうです…。

ジェーン・スー:それでもいいんじゃないかな?私はうまく話せないのが悩みなんだけど、それについてどう思う?から始めればいいし。で、相手が言ったことに「~~という意味ととったんだけど、正しい?」って。
そして、それが正しいか、また漏れがないかを繰り返して、完全に一致させる。
あとは「どうして私はうまく話せないんだと思う?率直な意見が聞きたい」と聞いて、相手の意見と自分の認識が合うまで繰り返す。突っ走らないで考える練習。

もえさん:人の話を「ふんふん」って、なにげなく聞き流していたんですが、今考えるととんでもなく恐ろしいですね。友達に協力してもらいたいと思います。
相手の話→こういうこと?っていう確認→整理…の繰り返し。確認作業大切ですね。

ジェーン・スー:ノリとかやさしさとかではなく地頭のいい友達いる?男でも女でも。

もえさん:頭のきれる友達は何人かいますね。

ジェーン・スー:じゃあその人たちと一対一でやればいいねゆっくりゆっくり。

もえさん:はい、ゆっくり考えようっていう気になりました。落ち着いて話せるように。

ロジカルシンキング実践編

ジェーン・スー:ジェーン・スー: では、ひとつ練習しましょう。
2020年、東京オリンピック、どう思う?(まず私に質問の意図を尋ねてください)

(ここでしばらく時間が経過)

もえさん:2020年に東京でオリンピックが開催されることが決定したことについて賛成か反対か、あなたの意見はどうですか?ということですか?

ジェーン・スー:はい。賛成か反対か、そしてその理由が知りたいです。

(ここでしばらく時間が経過)

もえさん:私は反対です。
その理由は、まずオリンピックを東京で開催するために、東京を整備する膨大な資金が必要ですが、東京の前に被災地など資金を充てるべき所は他にもあるはずだからです。

ジェーン・スー:……というふうに、じっくり考えてから話す。友達とも。

もえさん:はい。かなり時間がかかってしまいました。

ジェーン・スー:自分ひとりのときでも、頭の練習として、物事について「メリットとデメリットはなんだろう?」と考える。
実際に調べなくてもいいので。
そして一連の流れが、ちゃんとロジカルかどうかを後から見直す。
これを1日寝る前に1個やるだけでもずいぶん変わると思います。
東京オリンピックなんていう難しい話じゃなく、「ゆるふわ女子力アップでモテモテ!」という記事を読んで「本当に?なぜそうなの?」と言う風に考えるのでもいい。
やろうって言われたら、もえさんはすぐできるみたいだから大丈夫だと思うよ。
最初と同じ人と思えないもん、いま。

もえさん: 話をよく聞いて、考えてから話すトレーニングを積めば、少しは気持ちに余裕も出てくるでしょうか?

ジェーン・スー:うん。全然違うと思います。

もえさん:そうなったら、相手と話すのがもっと楽しくなりそうですね、

ジェーン・スー:とても楽しくなるよ!
あとは、この人、口ではこう言ってるけど、こういうことを言いたいんじゃないな、というのもわかってくるし。

もえさん:そこまで考えられるようになったらすごい。推論ですね。
それが今まで全く出来ていなかったんだ、というのが分かって本当に良かったです。

ジェーン・スー:「様子を見なければいけないのに、ひとりでアクセル全開してしまい、人の気持ちがわからずに恋愛をして、また傷つくのが怖いから恋愛できない」という相談だったよね?

もえさん:はい、そうでした。

ジェーン・スー:うん。いまのやりとりを練習して、人の話をちゃんと聞いて理解できるようになって、それを整理し、じっくり考えて自分の考えが出せるようになれば、その問題は解決するんじゃないの?

もえさん:気持ち以前に、思考の問題ですね。

ジェーン・スー:うん。聴く力、理解する力、考える力。その3つを養えれば、問題は解決するッス。

もえさん:トレーニングします。そしたらもっと楽しくなりそうです!!話を聞くのも考えるのも。
恋愛は相手が居るしとかそういう問題以前に、私自身の問題でした。

ジェーン・スー:そうです!さすがそこに気づけるのすばらしい!見込みあるぞ!心配すんな!

もえさん:ジェーンさん、ありがとうございます!!

ジェーン・スー:どういたしまして~。こちらこそありがとうございました。

Text/ジェーン・スー

関連キーワード

ライタープロフィール

ジェーン・スー
音楽プロデューサー、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニストとして活動中。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら