• love
  • 2013.08.31

ジェーン・スーのチャット相談室/元カレと比べてしまって恋ができない!(1)


 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんに AM読者の悩みをとことん聞いていただきました!

 今回の相談者さんは、「元カレと比べてしまって、なかなか人を好きになれない」という悩みを持つ、加奈子さん(26歳、販売員)の相談です。

バックナンバー


○年齢=彼氏いない歴(29歳)。どうしたら彼氏ができる?→第1回第2回第3回
○入社2年目だけど仕事を辞めたくて仕方がない→第1回第2回
○恋も仕事もコンプリート願望があるのに、長続きしない→第1回第2回

加奈子さん(26歳、販売員)の悩み
「元カレと比べてしまって、なかなか人を好きになれない」

ジェーン・スー
you mee


ジェーン・スー(以下、ジェーン): 加奈子さん、よろしくおねがいいたします。

加奈子さん(以下、敬称略): はじめまして、加奈子です。26歳彼氏なしです。

ジェーン: はじめまして!ジェーン・スー、40歳未婚です。
恋愛の達人みたいのじゃなくて申し訳ないんですが、20代で結婚した人よりは必然的に恋愛の数は多い…ぐらいの感じでご勘弁くださいませ(^-^)

加奈子: いえいえ、ありがとうございます。

ジェーン: さて、それでは本題にまいりましょう。

加奈子: 実は1年半くらいちゃんとした彼氏がいなくて、そもそも好きな人すらできない状況がやばいんじゃないかと最近思っています。一応去年の秋くらいから合コンとかには行ってるんですけど。

ジェーン: ちなみに前の彼とはどれぐらいお付き合いを?

加奈子: 前の彼氏は5ヶ月。短くてお恥ずかしいのですが、実はその前の彼氏も1ヶ月で…。

ジェーン: うひひ、さては短い人だな

加奈子: それが、その前の彼とは大学卒業まで2年半付き合っていて、たぶんその彼のせいだと思うんです。

ジェーン: 忘れられない?

新しいカレができてもは元カレと比べてしまう…


加奈子: 関わらないようにはしているのですが、その人と別れた後の彼氏と別れた理由はその元カレと比べちゃったことでした。

ジェーン: なーるーほーどー。別れてからも、連絡をとったり?

加奈子: 連絡はとってなかったんですけど、大学のサークルが同じだったので、飲み会などで半年に1回くらい会っちゃう状態でした。でも、去年できちゃった婚したと聞いて、「これじゃダメだ」と。
連絡先も消して、大学の飲み会も不参加にして、私の中での存在を消しました。
ただ友人が繋がっているので、Facebookで見たくもない結婚式の写真が流れてきたり…ほんと、いらないダメージです。

ジェーン: あるあるある、大いにありますね。SNS消滅しろと思いますよね。
年間5万人ぐらいの乙女が直面している問題だと思います。

加奈子: はい…。でも、ずっと会わないでいたら、さすがに少しずつ気にならなくなりました!

ジェーン: わかります。でも、加奈子さんえらいなー!
きついのになんとかふっ切ろうとして連絡先を消したり、次の恋愛を始めようと頑張ったりしたわけですから。

加奈子: えらくないですよ、結局2年くらい引きずりましたから。

ジェーン: 私はたぶん6年ぐらい引きずりましたよ。

加奈子: 6年と聞くと勇気づけられます!でも、次の恋愛が始まらないんですよなかなか。

ジェーン: あはははは!長すぎだけどね、6年は。

良し悪しの基準が忘れられない元カレになってしまっている


ジェーン: 私も経験あります。加奈子さんと同じで、次の恋愛を始めてみても、結局は元カレと比べてるんですよね。

加奈子: そうなんです。その元カレがものすごく性格のいい人で、別れた原因は私のワガママとか性格面だったので…。
尚更、あの時にああしていれば、という後悔もあります。

ジェーン: あー、後悔してるんですね。
次の人と付き合って、例えいいところがあったとしても、「今回の彼は素晴らしい。なぜなら“元カレ”より、こういうところが××だから」、みたいな感じで結局比べちゃう。

加奈子: そうなんですよー。絶対元カレよりいい人と付き合いたいと思ってしまって…。

ジェーン: あああああああああああああああ
その時点で比べてるよw 基準値が元カレになっちゃっているんですね…。

加奈子: そうですね…。

頭の中にいる元カレはもう実現しない


加奈子: 基準値って壊せるものですか?

ジェーン: うーん、とても難しいとは思いますが、人間というのはすごいもので、どんどん忘れていくので徐々に風化していく。ただ美化もしていく。

加奈子: そう!きっと美化はしてます!

ジェーン: そうそう。もう、加奈子さんの頭の中にいる元彼は実在しない人になってる可能性あります。
何年も元カレのことを引きずっている人はたくさんいます。過去の、しかも一番よかったラブラブ期で比べてしまうんです。その時期は、もう絶対手に入らないわけじゃないですか。そこから二人はどんどん変わっているわけですし。

加奈子: そうですよね。図らずも見てしまったFacebookの写真も思ってたよりかっこよくなかったですし、私も変わっていると思います。

ジェーン: そうそうそう!あれ?こんなんだっけ…みたいなのありますよね。
もうねー、断言しますけど…たとえ戻ってきても、加奈子さんは元カレに満足しないと思いますよ。

加奈子: え!!あー、考えたこともなかったです。
なんか、ふられた時点でちょっと格上の人にしちゃってたかも。

自分のことを好きな元カレはもう存在しない!


ジェーン: ちょうど先日30前半の友人と同じような話をしたんです。
彼女は「学生時代に付き合ってた彼が一番だった」と、ずっと思ってたけど、ひっさしぶりに会ったら全然魅力的じゃなくて、「私もこの人もすごい変わっちゃったから、もし今この人とヨリを戻しても絶対うまくいかない」って確信したんですって。

加奈子: あー、そういうもんなんですね。

ジェーン: 人生長いですからこの先どうなるかわからないんですよ。
たとえば彼が今の奥さんと別れてバツイチになって、養育費をその子供に払い続けている状態だとしても付き合いたいと思いますか? 子供の親権は母親にあるとして。

加奈子: イヤですね。お金もイヤですけど、子供がいるのはキツいです。

ジェーン: そうですよね。でも、できちゃった婚だから子供はいるわけです、どうしたって。

加奈子: いますね。 きっとすくすく育ってますw でも、そのおかげでふっきるきっかけにはなりました。
もう絶対ありえないんだって。子供を妬む自分がなによりイヤで、子供は何も悪くないのに。
でも、確実に比べる基準にはなってます!なんなんでしょうか、頭ではだめだって分かってるんですけど…。

ジェーン: そう、頭では…頭と心の不一致問題!!! 分かっていても、心が追い付かないんですね。

加奈子: 今は実在しない存在をを越える人を探しているから、出会っても、初対面で「はい、ダメー」ってなっちゃうんです。 何様って感じですが… これはもう二次元に恋してるのと同じですね。

ジェーン: そうです。むしろ過去だから四次元や。
だって実在しないじゃん。加奈子さんのことをまた好きになる昔のままの元彼。

加奈子: はい。いません、そんな人!

ジェットコースター的楽しさの味をしめないように。
不倫、ダメ、ゼッタイ。


加奈子: どうやったら実在の人を好きになりますかね。

ジェーン: 分かっていても、心が追い付かないんですよ。しょうがない。
好きな人ができない期間は1年半ですよね?

加奈子: 短い期間付き合った彼氏を好きじゃないことにすると3年くらいですね。 ……実は、一応彼氏じゃないけどたまに会う、みたいな人はいるんですけど…。

ジェーン: はいはい。付き合ってるわけじゃないんですね? いろいろお茶を濁して3年!

加奈子: はい…。

ジェーン: まず加奈子さん、不倫に気をつけましょう。
そういう状態の26歳ぐらいだと既婚者のひどいのが寄ってくるので。

加奈子: その人とは不倫ではないですが。もう声かけてくる既婚者は何人かいました!隠して誘ってくるやつらが!!

ジェーン: だろ!気をつけて! 楽しいから近寄っちゃダメ!
めくるめくジェットコースター的楽しさというのがあるので、一度でも味をしめないようにしてください。
不倫、ダメ、ゼッタイ。


加奈子: ダメ、絶対! さらに気を引きしめて不倫だけはしないように気をつけます!

曖昧な関係はお互いを見下し合ってしまう


ジェーン: はい!そして、いまの「彼氏じゃないけど会ってる人」が彼氏になる可能性は?

加奈子: 私が言えば、可能性なくなはないと思いますが、向こうは言う気はないです。

ジェーン: なんでや

加奈子: 今の状態でなんら不足がないからだと思います。

ジェーン: じゃあこっちが言っても付き合わないかもしれないじゃん。

加奈子: 「付き合わないと、いなくなるぞ」という感じにすれば、付き合うかもしれません。

ジェーン: なるほどなるほど

加奈子: でも超忙しい人で休みなしでずっと働いてるみたいなので。
「付き合って」って言って、付き合ったとしても私に何かいいことあんのかって思っちゃうんですよね。

ジェーン: いいことあるなしベースwww
付き合ってないけど会ってるだけ、という相手にはなぜかお互いがお互いを若干格下に見る傾向があるので気を引き締めるに越したことはないけども。

加奈子: あー格下に、見られているかもー

ジェーン: お互い格下に見合ってるっていうケース多いです。

本命の席が空いてる状態で浮気相手の席にずっといるだけ


加奈子: なんで格下に見ちゃうんですかね。

ジェーン: なんでかというと、どちらも相手が真剣に付き合うに値しないと思っているからです。

加奈子: うわー

ジェーン: この人をほかの人にとられてもいいやーぐらいの気持ちがどこかにある。
ちなみに、誰のものにもなってほしくなければ、男のほうから「付き合って」って言ってくるシステムだからです。

加奈子: あんまり言いたくないのですが、最初は向こうに彼女がいて私は浮気相手だったんですよー。
それで、「もう会わない」って私から言って。その数ヶ月後に私のこととは関係なく彼女と別れていて…

ジェーン: あーーーーーーーーーー
ないない。それダメダメ。事故物件。セカンドベストがベストになることないから。

加奈子: やっぱそうですかね!?
ただ付き合ってないから別れることもできず、私も他に好きな人ができないのでお互いそのままです。

ジェーン: それは本命の席が空いてる状態で浮気相手の席にずっといるだけですよ。

加奈子: うわー、そう思うと自分のことは棚に上げてめっちゃむかつきますね。


【つづく】
 少しづつ今の現状が見えてきた、加奈子さん。
次回は、「非実在彼氏の盛大な葬式」についてのお話です。お楽しみに!

Text/ジェーン・スー

あわせて読みたい

8月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

ジェーン・スー
音楽プロデューサー、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニストとして活動中。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら