• love
  • 2013.07.27

ジェーン・スーのチャット相談室/「3年は働かないと…」と自分を責めないで(2)

やりたいことをやるべき!という論はありながらもなかなか現実的にすべてがうまくいくのは難しいもの。そしてやりたいことをやっていたとしたって、不満は必ず出てくるもの。ジェーン・スーさんが回答するのは自身の経験から語られる転職の秘訣。やめる前に考えたいのは、自分がなにをしたのかです。

 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんに AM読者の悩みをとことん聞いていただきました!
前回に続き、入社2年目だけど仕事を辞めたくてしかたがないという悩みを持つ、みかんさん(23歳、会社員)の相談です。
(一人目の相談者「年齢=彼氏いない歴(29歳)。どうしたら彼氏ができる?」もチェック→第1回第2回第3回

自分の人生だ!最終的に自分でケツが拭ければいい!

ジェーン・スー 処女 悩み 喪女 仕事辞めたい 転職 辞表
by Victor1558

ジェーン・スー:私事で恐縮ですが、私は音楽が大好きで、大した大学もいってないのに、ラッキーなことに新卒でレコード会社に入れたんですよ。

みかんさん:おおおお

ジェーン・スー:仕事はもうきつくてきつくて。比較的派手な部署にいたのですが、仕事内容は拘束時間も長く「好きなことを仕事にするもんじゃねぇ!!!」と自分を呪ったりしたわけです。
そんなときに、他のレコード会社からお誘いがあり、最初の会社の条件は非常に良かったものの「やめますー」って有給も消化せずに辞めてすぐ次の仕事に。
そこはもっと仕事がきつかったですね。それでもやりがいはあったので2年ぐらい頑張って、その先に他のやりたいことができたので辞めて。
それから半年はボーっとしてました。

みかんさん:他にやりたいことってなんだったんですか?

ジェーン・スー:まったくの別業種でした。化粧品関係ですね。
でも突然化粧品には転職できないので半年ぐらいボーっとしてましたね。
家でずーっとパジャマでテレビ見てました。

みかんさん:今そんな生活に憧れます。一人暮らしにも。

ジェーン・スー:やっちまえ!

みかんさん:www

ジェーン・スー:みかんさんの人生だ!最終的に自分でケツが拭ければいい!

みかんさん:会社なんて私の人生責任とってくれないですもんね。

ジェーン・スー:そうそう。成人したら自分の人生の責任をとれるのは自分しかいないです。

みかんさん:はい!

自分を責めるのではなく
ウシシとおせんべいを食べるぐらいの心持ちでいったんリセット

ジェーン・スー:先日、近しい人がみかんさんと同じように「もう仕事やめたい…」みたいなことを言っていて、
そこまで深刻だと思わなかったので「えーがんばりなよー」と、励ましのつもりでお話したのですが、
それがまったくの逆効果だったことがありました。
私のデリカシーのなさも問題ですが、
どれぐらい深刻に辞めたいのかというのは、本人にしか分からないところもあると思うんですね。
ですが、それ以前に「入社2年目でまだスキルもやりたいこともないのに辞めたい辞めたいだけ言ってる自分が嫌だ!」というのを非常に強く感じますがw

みかんさん:はい!そうなんです。

ジェーン・スー:そんなみかんさんが全部投げだしてしばらく休むと罪悪感に襲われそうですよね。
でも、心や体を壊すと元も子もないので、繰り返しになりますが 一旦リセットするのは手ですよ。

みかんさん:来週一週間夏休みをもらう予定なんです。

ジェーン・スー:そこでいろいろ考えずに、とりあえずゆっくり頭と体を休ませるべし!
親や会社や自分の期待に沿えない自分を責めるのではなく鼻で笑ってウシシとおせんべいを食べるぐらいの心持ちで。

みかんさん:そうですよね。そういえば去年の今頃からずっと同じことで悩んでいます。

ジェーン・スー:おおお、長いね。
去年の今頃となにか心境の変化はありました?

みかんさん:できることが増えたので多少自信はつきました。
ただ、仕事のやりがいは感じませんし、興味が持てないことも、辛さも変わりません。
ですが、1年でやっと自分のことが分かってきたので、この会社に入ってよかったとは思っています。

ジェーン・スー:真面目!!!(真面目はいいことです)

みかんさん:www ありがとうございます。

今回格好悪くても
次に格好良くすればいいじゃん!

ジェーン・スー:じゃあこういうことだ。
みかんさんは興味がないことでも、一生懸命やればできることが増えて自信につなげることができる。
自分に向いてないつらいことを経験したことで、自分自身の気付かなかったことに気付けた。OK?

みかんさん:おおお、さすがです!

ジェーン・スー:みかんさんは真面目で素晴らしいと思うんです。真面目は金で買えない資質だから。

みかんさん:はい

ジェーン・スー:で、自分の仕事については、今入った会社は学びも多かったけれど
平たくいうと「やりたいことじゃねぇなこれ…」っていうことだと思うんですね。
でもそれって言いづらい。人にも自分にも言いづらい。
もっと手前で防げたんじゃないのかな?とか思うでしょうし。
もっと頑張れば違うのかな?とも思うでしょうし。

みかんさん:そうですね~

ジェーン・スー:でもしょうがない!なにも考えずに就職しちゃったんだから!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
やっちゃったよみかんさん!


みかんさん:wwwww

ジェーン・スー:でもいいんですよ、もうそれで。
だって、やっちゃったんだんもん。
で、いますごいつらいんだもん。

みかんさん: はい。

ジェーン・スー:それにしてはいろいろ学びもあった。
営業というビジネスの土台を支える仕事も経験できたわけでラッキー!

みかんさん:そうですね!

ジェーン・スー:はい、いじめられたりとか給料未払いとかがあったわけでもなく、やりたくもない仕事なのに良い上司にも恵まれラッキー!

みかんさん:そうですね! 嫌な人もいっぱいいますが、でもそれを割り切るスキルは身につけました!

ジェーン・スー:嫌な人はどこにでもいっぱいいるから大丈夫!しかもいろいろ身に付けた!
みかんさんの真面目さが功を奏して、学べたこともあったわけですし、学ばせて頂いたお給料分は働いたという自負もあるでしょうし。
あと、自分がなにを学んだかというのは次の仕事をしてみないとわからんですよ。
だから、まだまだこれから先に気付くこともたくさんあると思います

みかんさん:そうですか、そうですよね。

ジェーン・スー:はい。辞めて次の仕事をした時にすごくよくわかります。
自分がなにをしてきたか、何をしてこなかったか。

みかんさん:おおおおおお

ジェーン・スー:「あんまり考えずに就職してしまったツケがきちゃったなエヘヘ」ぐらいに思って、それを責めずにしばらく仕事を休むのがいいかもしれませんね。
ただ、その際には次の仕事が見つかりにくくなるなどのリスクもありますが、それはそれでその時にじっくり腰を据えて考えればよいのではないかと。
だってこのまま頑張ればなんとかなりそうな予感ゼロなんでしょ?

みかんさん:はい

ジェーン・スー:第二新卒ぐらいの気持ちで、今度は自分にとって仕事とはなんなのかをじっくり考えてから仕事を探せばまた景色も変わると思います。
とりあえず格好悪いなぁ私…みたいなのはナシで!

みかんさん:うううう…

ジェーン・スー:あはは。やっぱそこが気になっちゃうか。

みかんさん: はい

ジェーン・スー:だってしょうがないじゃん!今回は格好悪かったの!
でも次に格好良くすればいいじゃん!


みかんさん:そうか…、そうですよね。

辞めたい理由ははっきりあるのに
辞められない理由はぼんやりしている

みかんさん:ただ、不安は残ります…私は私を背負いきれてないのでしょう。23にもなって…

ジェーン・スー:誰も背負えないから大丈夫!
もう23じゃなくてまだ23。いろんなものを背負えたり背負えなかったりの連続だから大丈夫!

みかんさん:そうですか…。

ジェーン・スー:はい。逃げないで得られるものもあれば、逃げることで失わないでいられるものもあるので、あんまりそこは思いつめずに。
私は、半年ボーっと休んだのが大きかったですよ。
半年休んで、嗚呼働きたい!働かないの、ムリ!と心底思った。


みかんさん:おおおおお

ジェーン・スー:辞めるまでは「ぜんぶ辞めてもうダラダラ人生だ!」とか「やりたいことあるけど、とりあえず保留!」と思ってたのに「うおー働きたい―」って思えたんです。

みかんさん:そうなんですね…。励みになります。

ジェーン・スー:みかんさん真面目だから大丈夫ですよ。
1週間の夏休みを経て、それでも気分転換にならなかったら改めて辞める選択を現実的に考えてみてはいかがでしょう?
まだまだ現実的に考えられてない気がします。

辞めたいのに辞められない理由を少しずつ剥がしていく。
辞めたい理由ははっきりあるのに辞められない理由はぼんやりしてる。
後ろめたさとセットになってる。それさえ分かれば、自分の志向がわかってくると思います。
働くうえで重要に考えてることはなんなのかが。

みかんさん:はい

ジェーン・スー:とにかく、心と体を壊してしまうと少し遠回りになるので
それを避けて考えるのが第一です。
これで例えば次の仕事をやって、2年ぐらいでまた同じ気分になったら「おやおや?私はどうやら2年周期でこうなるっぽいぞ?」という自分の癖もわかるようになりますし、
その時は、そう分かっていればまた対処に選択の幅がでますから。

みかんさん:なるほど…。
まあ今回の場合ももう一年以上悩まされているので、周期とかではあまりなさそうですが…。

ジェーン・スー:わっかんねぇぞ~。それはわからんのじゃよ、やってみないと。

みかんさん:そうなんですか。

ジェーン・スー:うん。今回の会社に入ってみかんさんの知らないみかんさんをみかんさん自身が発見したように、まだまだ自分の知らない自分というのはいっぱいあって、それを発見するのが加齢ということかと存じます。

みかんさん:大変ですが、年とっていく方がいいなとは思いますね!自分の事わかってきますもんね。

ジェーン・スー:楽しいですよ!

みかんさん:そう言えるようになりたい…

ジェーン・スー:ほんっと自分は大したことないし、ちっちゃいなと思いながら、 確固たる自信もついてきます。

みかんさん:理想です。
絶対一年前の自分には戻りたくないですもん。もっと世間知らずのわからず屋でしたし。
今の方がまだまし。


ジェーン・スー:私も新卒の頃の自分を土に埋めたい!!! 
なにもわかってなかったくせに文句ばっかりで、あの時代をなかったことにしたい!!!

とはいえ、人生何度でもやり直しが効く!!!とは言いませんが(ある程度困難にはなってくる)、
23歳だったら全然やり直せる!!!と思います。
周りの人見てもそうですよ!

みかんさん:そうなんですか?

ジェーン・スー:はい。新卒の会社をすぐやめて上手く行った人行かなかった人はいますが、それはすぐやめたのが問題ではないです。
新卒で入った会社に居続けてれば、その人たちの人生がもっと良い人生になったとも思えません。

みかんさん:その違いはなんでしょう?

ジェーン・スー:どういう選択をしても、自分を過信せずに真面目に仕事することです。

みかんさん:! 肝に銘じます

ジェーン・スー:あとは運。

みかんさん:それはありますね。

ジェーン・スー:運はやりたくないことをしぶしぶやっていては巡り合わないです。
やりたくないことでも全力で頑張れれば向いてくることはあるけど、それも万にひとつだと思うし。
運はあんまり考えずに、とにかく過信しないで真面目にやれば大丈夫。

みかんさん:今日の名言ですね、ありがとうございます。

ジェーン・スー:いえいえ。
あ!真面目っていうのは無理を通すってことじゃないですからね!それも肝に銘じて!

みかんさん:そうですよね~

ジェーン・スー:あ!あと超大事なこと!
選んだ時点で正解はない!決めたあとに自分でそれを正解にしていくこと、でーす。
だから究極的には辞めても辞めなくてもどっちでもいいんだよ。
自分がそのあと「それが正解だった!」と思えるようにしていければ。
で、それは決めたらそうしようと努めるしかないっす。以上です。

みかんさん:ありがとうございます!!!!

ジェーン・スー:どういたしまして!

みかんさん:バリ旅行行ってゆっくり考えます。

ジェーン・スー:考えないんだってばwww 考えるなってばwwwただただボーっとして!

みかんさん:そっかwww じゃあボーっとします

ジェーン・スー:バリ島で考えるなんてMOTTAINAIよ!
少しでもお役に立てたら良いのですが。

みかんさん:はい、良いご報告ができればと思います。

ジェーン・スー:ではバリ楽しんできてください!じゃーねー

みかんさん:ありがとうございました!


次回は、「恋も仕事もコンプリート願望があるのに、長続きしない」中谷さんの相談をお届けします。

Text/ジェーン・スー

あわせて読みたい

7月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

ジェーン・スー
音楽プロデューサー、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニストとして活動中。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら