• love
  • 2013.07.05

ジェーン・スーのチャット相談室/彼氏いない歴=年齢(29歳)へ「気持ちの棚卸しと仕分けを」(2)

テレビやラジオでも活躍するコラムニストのジェーン・スーさん。彼氏いない歴=年齢の山口さんにまず突きつけられたのは「女性として見られることへの耐性のなさ」という問題でした。性的強者として振舞う必要はないものの、女であるという事実だけは受け止めるべきだというスーさん。果たして解決はできるのでしょうか?

 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんにチャット相談室。
先週に引き続き、相談者さんは、今まで男性とお付き合いしたことがないという悩みを持つ、山口さん(29歳、会社員)です。

彼氏を作ろうとする前に、自分に向き合う時間をつくる

<b>ジェーン・スー:</b> 処女 悩み 年齢=彼氏いない歴 喪女
by uıɐɾ ʞ ʇɐɯɐs

ジェーン・スー: 華子さん、女性性を解放するためにフラメンコを習えとかそういうんじゃなくてね。少しだけ自分自身に向き合う時間を作ったほうがいいと思います。
彼氏を作ろうとするんじゃなくて。

山口さん: おおお……。向き合うのがつらいって知っているから、つい自己分析しないようにしてしまっている現状です。
やっぱり向き合わないとですか……。

ジェーン・スー: 女性性を背負えない理由、思い当たる節ありますか?

山口さん: うーーーーーーーーーん。
なぜか、性の対象として見られること事態が昔から苦手でしたね。
なんででしょう……うーーーん?

ジェーン・スー: そこちょっと考えてみましょうよ。
体のコンプレックスか、家族のことか、もしかしたら誰かに言われた何気ない一言か。
時間かけてもらっていいので考えてみてください。

山口さん: 体はコンプレックスあるかもです。
あの、わたくしごとなんですけど、モテないくせに胸がでかいんですよ。

ジェーン・スー: ほうほう。

山口さん: なので、そういうところだけピックアップされて、
おええええええええええええ って……。


ジェーン・スー: 落ちついてwww

山口さん: すみませんww

ジェーン・スー: “そういうところだけピックアップ”というと?

山口さん: 普段は女の子として扱ってもらうようなことは全くないのに「乳でけえなーーー!」
と言われたり、じろじろみられると、余計にすべてが嫌になるというか。
そうは言っても、もう私も大人なので、だいぶ慣れたし、全く女として見られないのもどうなの? っていう、せめぎ合い……。

ジェーン・スー: 正直なところ、女として見られたい? 見られたくない?

山口さん: 今は見られたいですかねえ。
女としての価値を見いだされないで、このまま生きていくのは辛そうかなと。

ジェーン・スー: 見いだされないというより、見いだせさせないようにしてるって感じはしますけれども…。

山口さん: 長年の、慣れがそれを染み出させちゃってるみたいで。

ジェーン・スー: 確かに習慣は恐ろしいですよね。
自分のなかに少しでも女性としての魅力を他者に認めてもらいたいという気持ちがあるならば、
残念ながら、自分から女性であることを表明していかなくちゃいけないんですよ。


山口さん: 全くおっしゃるとおりです。

ジェーン・スー:ずっと女性性を背負わないで生きていくという方法もあると思いますし、
どちらが幸せかということではないとは思うのですが。
華子さんがどうしたいかの気持ちの仕分けをちゃんとしないと、どっちかも決められないと思うんですよ。

山口さん: なるほど……。

ジェーン・スー: 本当は自分はどう考えているんだろう、と考える。気持ちの棚卸と仕分けを

山口さん: わーーーーー、フタしてたエリア……

ジェーン・スー: そうそう。ガンガン外していきましょう、フタ。超楽しいよ。

山口さん: つらい……。

ジェーン・スー: 楽しいですよー ドラマチックルネッサンス!

山口さん: 文明開化ですか…。

ジェーン・スー: 音がバリバリしますね。
華子さんは、頭の回転早いし、男の人はそれも脅威でしょうけど、それでもとても楽しく過ごせる男性というのは必ずいますから安心してください。
ただ、華子さんの気持ちの棚卸と仕分けをしない限り、合コン行っても目隠ししたまま鉄砲撃ってるようなもんです。

山口さん: wwwwwwwww 心当たりありすぎて。

ジェーン・スー: ゆるふわ女子ばかりが好きな男ばかりではないですよ。全然大丈夫ですよ。

「幸せになれよ!」と去っていく男の背中を追う作業はいつ終焉を迎えるのか
まずは下の名前に慣れることから

山口さん: 私と一緒にいて楽しんでくれる男性とかはいるんですけど、
「お前には本当に幸せになってほしい! 幸せになれよ! じゃあな!」って去っていく背中を追う作業はいつ終焉をむかえますかね……。

ジェーン・スー: まぁそれは華子さんが女として見られないように振る舞ってるから仕方ないですよね…。

山口さん: あーーーーーーーーーー

ジェーン・スー: そのハードルを越えて来いっていうのは無茶な話ですよ。

山口さん: 超えてほしい!!!!!!!

ジェーン・スー: 私も華子さんぐらいの年の頃それ思ってましたけど、なかなかそんな男いなかったすなー。

山口さん: ですよね……。

ジェーン・スー: いないいない。
男性に「かわいい」って言われたりしたいですか?
そういう気持ちは自分のなかにありますか?


山口さん: 人によります。言われたら100%キョドる自信がありますが、言われ慣れていないので。
でも言われたら、うれしいかなああああああ……。

ジェーン・スー: いいね! 自分らしさを捨てろとか隠せっていう話ではなくてフタしてる自分らしさをないものにするのはやめましょうよ、という話です。

山口さん: なるほど……、ありがたいお話です。

ジェーン・スー: いやいや、ホントにやるんだよ!

山口さん: もしかしたら話が別かもしれないのですが、山本モナが、ありのままの自分は愛されないって言っていたのですが。

ジェーン・スー: それは努力しないでワガママなままでは…ということですね、たぶん。
ありのまま=欲望のまま ではないと思います。

山口さん: ああああ、耳が痛いです。


彼氏ができたら成長する?

ジェーン・スー: 私は結婚もしてないし別にモテるタイプでもないんですが、男の人と付き合うことで気付かされることって多いにありまして、それは毎度すごく新鮮ですよ。
華子さんは頭の回転が速いし、無駄にメタ自分が発達してそうだから、発見も多いのではないでしょうか。

山口さん: メタ自分wwww
男の人と付き合って成長できたら素晴らしいと思います。それを、みんな経てきているのに、自分はいまだに…!っていうところで更に自分の価値とは…ってなってたんですが…。

ジェーン・スー: 成長はしないっすよ。

山口さん: えっ。

ジェーン・スー: ナイナイ。成長した気になれるだけですよ。だがそれがいい。
成長なんかするわけないじゃん、だいたい成長ってなんだよっていう話ですよ。

山口さん: 根本www

ジェーン・スー: 世間はポジティブ信仰強すぎ。 ポジティブ強迫症。
会社じゃないし雇っている人間がいるわけでもないんだから、そんなに成長成長しなくてもいいと思いますよ、個人的には。

でも、華子さんの悩みが「男の人が怖い」「人を好きになれない」っていう悩みではなくて良かったです。そうなると、私が話を聞かせて貰うだけになっちゃたかもしれないので。

山口さん: 男の人は大好きですよ。

ジェーン・スー: 女の人の自分も認めてあげてwww

山口さん: 人を好きになれない! とかだったらまだかわいげあるのに、って思っていたので、そういう悩みじゃなくてよかったと言っていただけてよかったです。

ジェーン・スー: 鉄門を開ける時間が来たんですよ…。

山口さん: oh

ジェーン・スー: 開けるなう

山口さん:鉄門が、こちらをみている…。
魔物がでてきそうで、怖いですが。やるしかないのですね……。


【つづく】

 次回はとうとうジェーンさんの熱いまとめ!です。

お楽しみに!

Text/ジェーン・スー

ライタープロフィール

ジェーン・スー
音楽プロデューサー、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニストとして活動中。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら