• love
  • 2013.06.28

ジェーン・スーのチャット相談室/彼氏いない歴=年齢の29歳「どうしたら彼氏ができる?」(1)

テレビやラジオでも活躍するコラムニストのジェーン・スーさん。チャット相談室第一回のお悩みは自分の女性性と向き合うことができず、恋人ができたことがないアラサー女性が語ります。まず整理するのは相談者の現在の状況から。問題点が次第に浮き彫りになっていきます。

 ラジオやテレビ、コラムニストとして活躍し、ブログ「ジェーン・スーは日本人です。」で話題のジェーン・スーさんに AM読者の悩みをとことん聞いていただきました!
第1回の相談者さんは、今まで男性とお付き合いしたことがないという悩みを持つ、山口さん(29歳、会社員)です。

山口さん(29歳、会社員)の悩み
年齢=彼氏いない歴「どうしたら彼氏はできますか?」

<b>ジェーン・スー:</b> 処女 悩み 年齢=彼氏いない歴 喪女
martinak15

ジェーン・スー:はじめまして! 今日はよろしくおねがいします。

山口さん(相談者)(以下、山口): こんばんは、はじめまして。こちらこそよろしくお願いします!
山口とよんでください。

ジェーン・スー: 見ず知らずの人間に相談事をするのも難儀だと思いますが、どうぞ気楽になんでもお話くださいね、山口さん。

山口: はい、ありがとうございます。えっと、年齢は29 歳、会社員。東京都在住 です。

ジェーン・スー: はい、どんどんどうぞ!

山口:では本題にいくのですが、
いま29歳なんですけれども、彼氏いない歴=年齢でして。
この先どうしたらいいのかなあああああああ!!!!と、既に悩みすらこえはじめていて。
でもこのままじゃダメでしょっていう気持ちはあるんですけど、結局どうしたらいいのか……。

ジェーン・スー:彼氏欲しいですか?

山口: 欲しいです。

ジェーン・スー: なるほど。現在、 好きな人はいらっしゃいますか?

山口:いいなと思っている人はいたんですけど、ねばりすぎて停滞してます

ジェーン・スー: あはは(笑)。ねばりすぎとは?

山口: この年なのに、3ヵ月に1回ただ会うというのを1年も続けてしまい、 周りの友達からは「次いけよ」と…。

ジェーン・スー: 先方から誘われますか? それとも山口さんから?

山口:自分からですね。
それで誘えば会えるもんで、つい続けてました。

ジェーン・スー:ほー。会ってるときに「次○○に行こうよ!」とか「アレ見たいよねー」みたいな話になったりしました?

山口: なったりもします。

ジェーン・スー: でも向こうからは誘わないんだ。

山口: あー、でも私からは連絡せずに完全に存在消してると、連絡きたりしたなって思い出しました。

ジェーン・スー:なるほど。じゃあ、多少はその気はあるんだなー。

山口: そんな感じに見えるのでひっぱっていたのですが…。

ジェーン・スー:その男の子と付き合いたいですか?

山口:うむうううううううううううううううう… ちょっと前だったら、即答で「付き合いたい!」でしたが、停滞しすぎて、うーーーん……
つき合えたらうれしいので、つき合いたいですかね…。
でも幸せな未来がみえなすぎる感じなので、他があればほかで、みたいな気持ちではいます。

ジェーン・スー:なるほど。今までの人生で「つき合いそうになったけど、つき合わなかった…」みたいなこと多いですか?

山口:えーーーー、男の人から告白されたこととかはないです。
一人だけ、あとから「あんとき、つき合ってもいいと思ってたのにお前気づかないんだもんなー」と言われたことはあります。
けど「つき合ってやってもいい」スタンスでした。

ジェーン・スー:それ以外は? お心当たりないですか?

山口: 頑張ればいけたんか!?っていうのは、1件……。でも勘違いだったら申し訳なくて。

「女としての価値が最下層」だと思いこんでない?

ジェーン・スー: 自分のこと男の人から愛される価値ないと思ってるフシありますね、山口さん。

山口:えっ

ジェーン・スー:「ねばりすぎた」「つき合ってもやってもいいというスタンス」「勘違いだったら申し訳ない」
って言い方は、自分はその価値が低いと思ってるように感じられたので。

山口: oh

ジェーン・スー:www

山口:染み出してしまうんですかね……

ジェーン・スー:どうなんですかね。その辺どうですか? 正直、自分の女としての価値とか相場とか。

山口:全然、自分に自信ないです!! まったくないですね! 価値とかは最下層かと。

ジェーン・スー:自分に自信なくても男いる女いっぱいいますよ。

山口:わー

ジェーン・スー:お仕事とか友人関係での自信はどうでしょうか? 自分の価値はどう感じますか。

山口: 仕事はわりとがんばってます。おじさんがかわいがってくれます。

ジェーン・スー: じゃあ、男に対しての自分の価値だけにあまり自信が持てないという感じでしょうかね。

山口: そうですね……。

ジェーン・スー: 価値あるから大丈夫ですよ。

山口: ! どうしてそう思うんですか……?

ジェーン・スー: 女だから性的強者だとはいいませんが、
普通にコミュニケーションもとれるし、女友達や仕事に関してはそれなりに自信が持てる人の価値が低いということは、相対的に考えてないと思いますよ。

自分の名前を苗字でいう女は、女性性を背負えていない傾向あり!?
まずは下の名前に慣れることから

ジェーン・スー: ただ、スキはなさそうですね。名前も苗字でいいましたよね?
ここでユルい女は「めぐみです」とか下の名前で言うんですよ。

山口:うわあああああああああああ、むりむりwwww

ジェーン・スー: 下の名前で自己紹介出来ない時点で自分の女性性が背負えてないんですなー。
わかりますよ。非常によくわかります。無理なことばっかりですよね、他の女がやってること。

山口: はい……。

ジェーン・スー: でも、下の名前も可愛がってあげた方がいいですよ。
自分をいじめてるのと一緒ですよ、それ。

山口:私の下の名前で呼んでいいのはお父さんだけです。
これがだめなんだな……。

ジェーン・スー: www
下の名前から始めましょうよ。

山口: できれば、ほかの事から始めたいんですが……だめでしょうか……

ジェーン・スー: ちょっと文字だとキツくなっちゃうかもしれませんけれども。 自分の女性性に自信が持てないから、女としてじゃなくて人間として自分に魅力を感じてくれる人(男)を探したりしてるんだという印象を受けました。

山口:あーーーーー!!!!たしかにすぎて……。

ジェーン・スー: わかるわかる。なぜなら私がそうだったから!!!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
時間無駄にしてるぞ! 

山口: やっぱりそうですか……?

ジェーン・スー: 無駄時間楽しすぎるんですけどねー。

山口: そうなんですよ、このぬるま湯が楽しすぎて……。
ここを出ていくほどの魅力がきっとあるんでしょうけれども、彼氏ができたことないから、彼氏がいるすばらしさとかわからなくて。

ジェーン・スー: でもそれじゃあダメだ!って、ハッとして…の繰り返しで春夏秋冬ですよね。
そのうち、周りがどんどん結婚したり子供産んだりして、その度に「これでいいのか!」の冷や水をかけられまくりますよ。

山口: あーーーーーーーー、やがて来る未来……。

ジェーン・スー: 近い近い。鬼近未来。

山口: 見ない振りしてるだけで、すでに起こりかけているというか。facebookとか見ちゃうとやばい。

ジェーン・スー: デスヨネー。

山口:だから頑張らないと……とは思うんですけど、現状打破の方法がみえなすぎて。

ジェーン・スー:まずですね、山口さん。

山口:はい。

ジェーン・スー:下の名前教えてください。

山口: ……。

ジェーン・スー: 仮名でもいいですよ。俗に言う下の名前を。

山口: ……花子でおねがいします。

ジェーン・スー:花子www どんだけ背負えないんですかwww

山口: wwwwwwww これはひどいですね……。

ジェーン・スー: 華子さんにしましょう。華子さんに、させてください。

山口:なるほど! ありがとうございます。華子です。

【つづく】

 下の名前で呼ばれることを受け入れることで女性性を背負うことに一歩近づいた山口さん。
次回は、彼氏を作る前にすべき「自分の気持ちと向き合う」ことについてのお話です。

お楽しみに!

Text/ジェーン・スー

ライタープロフィール

ジェーン・スー
音楽プロデューサー、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニストとして活動中。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら