• love
  • 2014.05.13

嫌いな人こそ反面教師に!引き寄せられた縁を上手に活かす方法/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い


職場に子供おばさんが!?

 職場に“子供おばさん”がいることで、悩んでいる人も意外と少なくありません。
こういうお悩み相談をいただきました。

「職場に年上の子供おばさんがいます。私のすることに気に入らなくて、陰口を言い降らしているようです。それでも同じ職場なので、こちらから歩み寄ろうとしても、なかなか聞く耳を持ちません。どうしたらいいでしょか?」

ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い
by Harald Groven

 職場で子供おばさんが嫌悪感を表す女性社員に抱いている感情は、“嫉妬心”である場合が多いもの。自分よりも目立つ存在が許せないから、そんな足をひっぱるような行動に出る場合が多々あります。
周りの人もそれに気付いているものなので、直接子供おばさんと仕事で関わり合う必要がなければ、同じ土俵に乗らないことで、むしろ社内での自分の評価は上がります。

 ただ、どうしても関わらなくてはいけない場合は、嫌々接すると相手に伝わってしまうので、相手の良いところを探し、認め、立ててあげると、むしろ味方になってくれることはあります。

 基本、人は“自分を認めてくれる人”を認めます。なぜなら、その人を否定すると、「自分が認められている」事実も否定することになるからです。
100%悪人の人というのは、そうそういません。そういう人だったら、職場にいられるはずはありません。また、その子供おばさんとうまくやっている社員も中にはいるはずです。

 相手が残念な人であっても、うまく対応できない自分にも“落ち度”があることを理解して、上手に付き合っていきたいものですね。

     

子供おばさんとも縁があって出会っている!?

 人は恋愛にばかり“縁の有無”を気にしがちですが、実は関わり合うすべての人と縁があって出会っています。
つまり、職場の子供おばさんとも縁があるから出会っているのです。

 なぜ縁ができたか?というと、自分の人生において、「大切なことに気付かせるため」「必要な経験をさせるため」に出会っていることが多々あります。

 例えば、ある映画監督さんは、下積み時代は上の人たちに理不尽なことをたくさんされた悔しい経験があるそうです。だからこそ、映画監督になった今は、スタッフをとても大切にし、彼らの才能を引き出しています。
その甲斐があって、上司からも部下からも慕われ、素晴らしい作品を作り、日本を代表する映画監督になっています。

 人生にはときとして、反面教師のような人が出てくることもありますが、「自分はこういう人にならない!」と思うことができたら、それは“明るい未来”につながるのです。


学び切った時に、縁が切れる

 さらに、その“大切なこと”を学び切った時に、縁が切れるのはよくあることです。
子供おばさんの性格をよく理解し、うまくやっていけるようになったら、ある日、「子供おばさんが職場を辞めることになった」「自分に好条件の転職が決まった」なんてことも、よくあることなのです。

 これこそが、縁の不思議。人生に無駄な経験は、1つもないんですよね。
子供おばさんと出会ってしまったのも、なにかの縁。だからこそ、そこで学ぶべきことを学び切ってしまいましょうね。

子供おばさん……自分にとって、反面教師になる存在。
大人女子……自分にとって、お手本になる存在。


Text/ひかり

3/27 ひかりさんの新刊発売決定!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら