• love
  • 2014.04.29

「自分嫌い」は人生をサボってる?自己承認の3ステップで良い恋愛を/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い


自分のこと、好き?嫌い?

ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い
by PiX Fav_5

 子供おばさんは、自分のことが嫌いです。自分を受け止めることができていません。
そのため、心がいつも不安定で、恋愛では恋人から受け止められることで安心しようとするので、相手に負担をかけてしまいます。その結果、関係を壊し、さらに自己嫌悪や劣等感で苦しみます。

 大人女子は、自分のことを受け止めることができ、愛しています。だからこそ、人を受け止め、愛を与えるだけの余裕もあります。その結果、幸せな恋愛をすることができます。

 良い恋愛をするには、まずは「自分を好きでいる」ことは、とても大切なことです。
では、どうしたら自分を好きになれるのでしょうか?
今回は、3つのステップを紹介します。


ステップ1:自分をよく知る

 自分を好きになるために、まず大切なことは、「自分を知ること」です。
自分のことをきちんと見られていない人は、意外と多いものです。

 自分を知るために効果的な方法の1つに、「日記を書く」ことがあります。
1日の終わりに、その日、感じたことなどを書いてみるといいでしょう。そのときは、「頭」ではなく、「心」で思っていることをきちんと書くことが重要です。思いのほか、「自分の弱さ」や「自分が一番望んでいることは何なのか?」などを知るきっかけになりますよ。

 日記を書くときは、自分に質問しながら書くのもオススメです。
たとえば、
「本当に私は彼のことを好きなのかな?」「自分が愛されたいだけではないのかな?」
「私は本当に今の仕事をずっと続けたいのかな?」「人生においてやりたいことはないのかな?」
「私は本当に結婚したいのかな?」「ただ単に、結婚できたら満足なのかな?」「結婚するんだったら、どんな結婚がしたいのかな?」
「今日、自分はどうしてあんなことを言ってしまったのかな?」「そこには嫉妬はなかったのかな?」「なんで嫉妬しちゃったのかな?」
などを、自分に聞いてみるといいでしょう。

ステップ2:自分の欠点を受け止める

 自分の心と向き合うと、理想とは違う自分を知り、責めたくなることもあるかもしれません。
でも、理想と違ってもいいのです!今の自分をきちんと受け止め、今後、理想に向かって成長すればいいだけのことだからです。
はじめから完璧を求めたり、人と比べて自分が劣っているところばかりが目についたりするから、自分を好きになれないのです。

 まだ若くて、人間の奥深さを知らない人ほど、「自分ほど性格が悪くて、腹黒くて、変態はいない!」なんて思いがちです。でも、人を知れば知るほど、分かってくると思いますが、誰もが似たり寄ったりの欠点を持っているものなのです。
ただ、そういう欠点があったとしても、その欠点を直し、負の感情から抜け出せるかどうかは、人それぞれ。そこから差が生まれてくるのです。

 その負の感情から抜け出すためには、まずは自分にはそういう欠点があることをきちんと受け止めてしまうことが大切です。見て見ぬふりをしていたら、直しようがないからです。
自分を愛するというのは、「ありのままの自分を受け止め、自分の成長を願うこと」。
自分の良いところも悪いところも、きちんと受け止めてあげましょうね。


ステップ3:自分らしい魅力を生かす

 自分を好きになるために、一番大切なのは、「自分に、“自分らしくない理想”を押し付けないこと」です。
「無理なものは、無理!」って、理想を押し付ける自分に言っちゃいましょう!(笑)。

 たとえば、「私は社交的ではないし、アウトドア派でもない」というのであれば、そういう人を目指したって、仕方がありません。でも、家でじっくり極められることをすれば、そこから人生の道が開けることはあるものです。

 だから、まずは自分の魅力、特徴を生かせるような環境を作っていくことが大切です。
誰にでも自分らしい魅力は絶対にあります。そこをきちんと気付いて褒めてあげないと、自分がかわいそうです。
「自分らしい魅力を見つけること」は、自分の人生において、最重要ミッションだと言っていいでしょう。「ない!」なんて言っているうちは、人生をサボっていることと同じですよ?

 自分の心と向き合い、よく知ることは、自分の人生をデザインするために大切なことです。
まずは、自分のことをきちんと認めて、愛してあげましょうね!

   

子供おばさん……自分に理想ばかりを押し付け、実現できない自分を嫌いになる。
大人女子……自分らしい魅力を見つけ、生かし、自分をより愛する。


Text/ひかり

3/27 ひかりさんの新刊発売決定!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら