• love
  • 2014.02.25

ハッピーエンドな恋愛・仕事には“過程主義”が吉!/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い


中身が伴っていないから、結果を求める!?

ひかり 大人女子と子共おばさんの恋愛の違い 大人女子 子供おばさん 愛情 恋人 幸せ 恋人 結婚 別れ 結果 成就 課程主義 成果
by mark sebastian

 子供おばさんは、恋愛も仕事も「結果」ばかりを求めます。
恋愛においても、相手が付き合ってくれるかくれないか、結婚してくれるかしてくれないかばかりを気にしています。

 そもそも、その恋愛が成就する、しない以前に、自分がきちんと相手を愛せているのか、相手に愛されるだけの魅力があるのかをきちんと考えられていません。

 なんだかんだ言っても、「相手にとって一番大切な女性になっていないから、恋愛成就していない」ことに気付いていないのです。
つまり、結果ばかりにこだわる人というのは、実は、中身が伴っていないことが多いのです。


中身のない結果は維持できない

 子供おばさんは、恋愛テクニック、成功の法則などをちょろっとやって、「結果がついてこない!」と悩んでいます。
ゲームではないのだから、そう簡単に結果ばかりがついて回るはずがありません。仮にその程度の改善で良い結果を得たとしたら、今度はその状態を維持できるものなのでしょうか?

 愛せない人が、恋人ができたところで、相手の愛情をきちんと受け止められないし、相手の愛情をはかるようなことばかりをしてしまうでしょう。
それは恋愛とは言えません。自分が愛されることばかりを求めている“1人相撲”です。せっかく好きな人と付き合えたとしても、実際のところはきちんと恋愛ができないのです。

 実際に、中身の伴わない結果がついてくることも人生にはあります。
ただ、知っておいてほしいのが、目標としていた結果が達成した時点で、その結果はすでに自分にとって日常的な“状況”になってしまいます。

 つまり、状況に合わない自分でいると、失う不安でいっぱいになってしまい、居心地も悪く、維持できない人が多いのです。やはり結果を維持するためには、それにふさわしい中身が必要なのです。

子供おばさんは、中身がないから結果ばかりを追い求める

 綺麗ごとではなく、「中身が伴ったものが結果につながる」ものです。
何かを得るという状態ばかりを追い求めて、中身が伴っていないと、仮に得られたとしても維持できませんが、逆に中身が伴っている結果として得たものは、今まで通りの努力さえしていれば、当たり前のようにその状態を維持し続けられることが多いでしょう。

 子供おばさんは、中身がないから、結果ばかりを追い求めてしまうとも言えるのです。もし、中身があれば、それ自体が結果になっているものだからです。
つまり、思い通りの良い結果にしたければ、「その結果が当たり前だと思えるくらいの自分に成長すること」に尽きるのです。


思い通りの結果に導く要素は、単純ではない

「あの俳優(歌手)は実力があるのに売れない」なんて言葉を聞きませんか?
ただ、売れるためのという要素は、実力だけではないものです。自己プロモーション力、営業力、人気、自分を売り出してくれるような人との出会い(人脈力)、さらに、ビジュアル的なインパクトやメディアが使いやすい人材か、なども要素になることがあります。

 よく人は、「実力があっても売れない人もいる。結果は思い通りにはいかないもの」なんて言いがちですが、現実的にその人には、これらのものが足りないから売れていないことだってあるわけです。

 逆に表現者は、売れればいいというものでもありません。売れることでしがらみが増え、思い通りに表現をしにくくなる環境になることもあるからです。
その俳優は、自分らしさを失ってまで売れたくないから、これらの要素で避けているものがあり、売れることよりも大切にしている結果が今にある、とも言えるのです。

 もちろん、運と縁も必要な要素です。だけど、足りないのは、それだけではないのです。売れる結果ために必要な要素は、単純ではありません。
思い通りの結果を生み出す人は、その人の持つ要素が“その結果そのもの”である、とも言えるのです。
結果には、要素こそが大切なのです。


ビジネスも結果主義の傾向

 世の中は、ますます“結果主義”になってきました。 もちろん結果を追い求めることは悪いことではありません。でも、中身が伴っていないことに気付かずに結果ばかりを求めることは、ますます理想の結果から遠ざかることになります。

 企業でも、社員の評価は、結果(数字)が重視されるところも多いもの。そこに理不尽さを感じる部下もいることでしょう。
ただそれは、結果を出せなかった部下を叱る上司が、その結果にするために必要な要素をきちんと理解し、何が足りないのかをきちんと教えられないから、単に結果ばかりを叱る結果になっているとも言えるでしょう。
その場合、その部下も上司も“似たような実力”とも言えるのです。

 何度も言いますが、思い通りの結果にするためには、あらゆる要素が必要です。そのあらゆる要素を持つこと(=過程)そのものが、結果になるのです。

 つまり、評価されない部下は、結果が悪いから評価されないのではなく、その結果に必要な要素が足りないことで評価されていないことをきちんと理解できる環境が必要です。
そうしたら、単なる“結果主義”ではなく、“過程主義”でもあることを理解でき、評価に納得できる人もいるでしょう。
良い上司、良い指導者は、やはり“過程主義”なのです。


大人女子は、中身の充実を追い求める

 大人女子は、過程そのものを大切にします。過程の中で培った中身が、結果そのものになることを知っているからです。つまり、単に結果を追い求めるのではなく、中身の充実を図り、それに伴う結果を手に入れるのです。

 結果は、過程があってこそ。中身のある人になりたいものですね。


子供おばさん……中身を伴わずに、結果ばかり追い求める。
大人女子……中身の充実を図り、それに伴う結果を手にする。

Text/ひかり


■もしかして子供おばさんかも!な言動


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら