• love
  • 2015.03.10

啓発本をあさっても真理は1つ!アラサー女性が直面する人生の壁の乗り越え方/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

ただの“自己啓発本ホルダー”になって、全く身についていないことが…。「子供おばさん」と「大人女子」の恋愛や人生観から、あなたの立ち振舞を見直してみましょう!


自己啓発本を読みあさってない?


ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い 自己啓発 本 恋愛 仕事 結婚 育児
by porschelinn

 巷にはたくさんの自己啓発本があります。
子供おばさんは、自己啓発本を読み漁り、過去に読んだ本と書いていることが似ていると「内容に目新しさがない」なんて文句を言いがちです。
逆に大人女子は、過去の本との共通点に注目し、心に留めます。

 その“共通していること”こそ、大事なのです。


人が進むべき道は1本の道としてつながっている!


 大事なことは普遍的であり、共通しています。
そこに目新しさばかりを追い求めると、いつまでたっても真理にたどり着けないかもしれません。
私自身も多くの自己啓発本を読みます。本によって表現方法はさまざまですが、言っていることは似ていることが多いです。

 それだけ、人が進むべき道は1本の道としてつながっている、ということなのです。
職業が何であれ、どんな人生の道を歩もうが、最終的にはその道につながっています。そして、誰もがぶつかる人生の壁も、それによって学ぶべきことも、共通していることが多いのです。

 例えば、女性の場合は、20代後半から30代にかけて“精神的な自立”をすべき人生の壁にぶつかります。
恋愛や仕事、人間関係を通して、人から守ってもらうことを求めていた女性は、自分1人でも立てるような強さを持たなくてはいけない出来事が出てくるからです。
それによって、今までは恋人に依存していた人も、恋愛観を変えなくてはうまくいかなくなってきます。

 女性に限らず、男性も、恋愛や仕事、さらに結婚、育児を通して、「自分を大切にすること」「自分と同じように人のことも大切にすること」「自分の弱さに勝つこと」などを学んでいきます。逆を言えば、それらができていないと、必ず人生の壁にぶつかるようになっています。

 このように誰もが学ぶべきことは、似ているのです。


もし「その先」を望むのであれば…


 もし今ある自己啓発本の「その先の学び」を望むのだとしたら、それは「無償で人に愛を与える方法」ではないでしょうか?

 自分が「愛を得られる方法」ではなく、自分が「愛を与える方法」です。

 でも、「自分が得したい」と思っている人が多い現代では、そんな本があっても売れないので、なかなか出版できなかったりもします。
どんなに心を磨いていても、「100%の愛を持つ」というのは、おそらく現代の人間レベルでは難しいでしょう。

 本当の意味で、「人を愛する」。これほど難しいものはありません。なぜなら、自分自身のことも愛しきれていない人が少なくないからです。

 目新しさばかりを求める子供おばさんは、そんな基本的なことをできていないまま、新しいことばかりを求めています。
まずは自分も人も愛せるようになってから、さらなるレベルを目指してみてはどうでしょうか。


目新しさを求める行為は“人間らしいエゴ”


 本当に幸せになるためには、本当の愛を持つことが大事。
本当の愛を持つためには、まずは自分のことを愛することが重要。
自分を愛するためには、自分を許すこと、受け止めることが必要。
そして、人のことも自分のことのように愛し、許せることができたら、きっと幸せになれる。


 おそらく、そんなことが真理です。ハッキリ言ってしまえば、そこに目新しさなんていりません!

 外に幸せを求めるのではなく、自分の内側から愛を抱き、幸せを増やすこと。
それができたとき、見える景色ですら変わってきます。

 もしその真理以上のものを求めているのだとしたら、そこにあるのは「人よりも知識を持ち、優れていたい」という“人間らしいエゴ”である可能性は高いです。
それこそが本当の幸せから遠ざける価値観なんですよね。

 自己啓発本を読み漁ること以上に大切なのは、「心を磨くこと」です。
心を磨いて、真理と向き合える人でありたいものですね。

     

子供おばさん……自己啓発本を読み漁り、「目新しさがない」と文句を言う。
大人女子……自己啓発本の共通しているところに注目し、自分の心を磨く。

ひかりさんの新刊好評発売中!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動

■おススメ記事

池田園子 I’m PINCH アイムピンチ アム AM
andresdavid90

初対面の男性に「ないな」と思われるシミとほうれい線!今からすぐ始められる「老け顔」対策
 乾燥肌を放っておくと、シミやほうれい線が目立って老けてみられるって知ってましたか?春までに保湿力とコラーゲンケアで男性に「触れてみたい」と思われる肌にしましょう!

<詳細はこちら>

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら