• love
  • 2015.01.13

「天涯孤独だ」と嘆く女性に言いたい!実は自分が選んでいる「フリー」への道/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

フリーは知らないうちに選びとっていた!?「子供おばさん」と「大人女子」の恋愛や人生観から、あなたの立ち振舞を見直してみましょう!


恋人がいない状況は自分で選択している?


ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い フリー 孤独 結婚
by Filipe Rivelli

 恋人がいない子供おばさんは、自分は天涯孤独なのだと嘆きます。
「フリーなのは、自分が不運な星の下に生まれたからだ」と、運のせいにします。

 逆に大人女子は、孤独を受け止め、一人でいることに納得しています。
なぜなら、恋人がいない状況は「自分が選択している」ことに気付いているからです。

 極端な話、単に「恋人を作る」だけなら、意外とできる人は多いのではないでしょうか?
ただ、「好きになれる人がいい」「気が合う人がいい」「自分を受け止めてくれる人がいい」「自分を好きになってくれる人がいい」と色々と条件があるから恋人ができないし、言い換えれば、作らない人は少なくありません。

 つまり、自分の意思でフリーなのです。

 でも、その選択は間違いではありません。無理して嫌な人と付き合う必要はないからです。
ただ、自分が天涯孤独の運命で恋愛に縁がないタイプだから恋人がいないのではなく、「自分で今の状況を選択している」ことには、気付いた方がいいでしょうね。


好きではない人と所帯を持っていた時代も


 一昔前は、好きだろうが嫌いだろうが、お見合いをして結婚しなくてはいけない時代もありました。
中には、好きではない人と一つ屋根の下で暮らし、愛を育んでいくしかない場合、はじめは嫌でも、相手の良いところを見つけ、関係を築いていき、その努力によって本当に愛し合う夫婦だっていたはずです。

 以前、こういった話を聞きました。
旦那さんに先立たれたおばあさんは、式の前日まで泣いてしまうほど嫌だったお見合い結婚をしたそうです。
でも、一緒に過ごす月日で旦那さんが自分をとても大切にしてくれていることに気付き、段々、愛を育んでいったのだとか。

 亡くなる前に旦那さんが彼女にこういったそうです。「死んだら風になってお前のそばにいる」と。
だからおばあさんは風が吹く度に旦那さんが傍にいると思うそうです。そして、「今、人生最大の片思いをしている。旦那さんに恋をしている」と。素敵なご夫婦ですよね。

 人と関係を築くのは簡単ではありません。
自分の理想と違っても、それでも相手とうまくやっていく方法を見つけ、時には顔が見たくなくなることだってあっても、それでも夫婦としてやっていかなくてはいけないこともあるもの。でも、それを乗り越えるからこそ結ばれる絆もあるんでしょうね。

 現代は、そんな努力をしないで、好きな人と結ばれて自分の都合の良い関係を築こうとばかりしているから、恋愛、結婚ができない人もいるとも言えます。
ただ、そこまで努力しなくても、1人で生きていける世の中にもなりました。逆を言えば、1人で生きていける時代に、好きでもない人と無理やり結婚をすることを選択する人は少ないでしょうしね。

自分がどうしたいのか?


 人と付き合うのは、“相手あって”のことであり、縁とタイミングが重要なので、相思相愛というのは実は奇跡的なことでもあります。好きになっても、相手に恋人がいることだってありますしね。
だから結局は、「自分はどうするか?」なんですよね。

 ・一生、独身でいる可能性も踏まえ、相思相愛での恋愛、結婚を夢見続けるのか。
 ・付き合える相手と付き合い、結婚できる可能性がある人と結婚するのか。

 全ては「自分の選択」にかかっています。
「思う人には思われず、思わぬ人に思われる」なんてこともよくあることですが、結局は、言い寄ってくる相手、縁のある相手が良い、悪いだけの問題ではなく、それでもうまくやっていこうと自分が思えるのか、思えないのか、という話でもあります。

 もしそんなときに、「一人でいること」を選択したのであれば、それは自分が孤独な運命を背負っているからではなく、自分でその環境を選んでいるということなのです。
ただ、どっちを選べば良い、悪いではなく、自分が幸せだと思える選択をした方がいいし、その選択の責任は、誰のせいにするわけではなく、「自分でとる」ことが大事なんですよね。


自分が幸せになれる選択をすればいい


 恋人がいる人も、結婚している人も、独身の人も、みんな自分で今の環境を<選択>しています。
もし今の環境が合わなければ、不幸だと嘆くだけではなく、自分がまた新たな選択をすればいいだけのことです。
自分が本当に幸せだと思える選択をしたいものですね。

子供おばさん……恋人がいないのは、自分が天涯孤独の運命だからと、自分以外のせいにする。
大人女子……今の環境は自分が選択していることを自覚し、自分で責任をとる。

Text/ひかり

ひかりさんの新刊好評発売中!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら