• love
  • 2014.12.16

「愛されてない」は見当違い!相手を思いやれる恋愛をしよう/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

美人だけとモテない子どもおばさん、決して美人とは言えないけどモテて、相手に「また会いたい」と思われやすい大人女子。この違いはいったい何でしょうか?


 前回の<ドキドキのリスクは大きい!安易な不倫は幸せの遠回り>も参考にしてください。

 子供おばさんの中には、綺麗で性格も悪くないのにモテない人がいます。そういう人は、初デートには誘われても、次につながらないことが多いのです。

 逆に大人女子の中には、決して美人とは言えないけど、モテる人もいます。そういう人は初デート後、「また会いたい!」と思われやすいのです。

 子供おばさんとはなにが違うのでしょうか?

相手に興味を持っている?

ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い
martinak15


 美人な子供おばさんがなぜモテないのか?というと、それは「相手に興味を持っていない」からです。
また相手に興味を持たない人は、相手の立ち位置で物事を考えることができないもの。だからサービス精神が足りないことも多いのです。

 初めは綺麗だから、注目されます。デートにも誘われます。でも、それで終わってしまうのです。それは、相手が一緒にいて面白くないからです。

 例えば、子供おばさんはデート中に自分のことばかり話します。それも自分がいかに魅力的かというアピールのような内容ばかりです。
彼女にとって興味があるのは、「相手が自分を素敵だと思ってくれるか」ということです。だから、熱心に自分の話をしますが、相手に対してはあまり興味を持たないし、質問もしません。
それでは、よほど彼女のファンでなければ、次に進まなくなってしまうでしょう。

 仮に付き合うことになり、初めのうちは彼が情熱的に会おうとしても、段々時間を作ってくれなくなります。一緒にいてもつまらないからです。
彼は彼女といても癒されないし、友達と過ごす方が楽しいので、段々会う時間を友達と過ごすことに費やすようになってしまうのです。

 でも、子供おばさんは、なぜ相手が心変わりをしてしまったのかが分かりません。なぜなら、相手を通して、いつも“自分”ばかりを見ているからです。
さらに、相手がなにをしてくれるかで自分の価値を計っているので、相手の心変わりは、単なる失恋以上の不安感を掻き立てさせます。
だからこそ、「自分には魅力がなくなってしまったのか?」「スッピンを見せたから、彼が冷めたのかしら?」など、見当違いのことで悩み始めるのです。

 付き合い始めのころと比べて彼女の魅力がなくなったわけではなく、元々「相手に興味がないこと」「自分しか好きではないこと」に対して、相手が段々我慢できなくなった、それだけのことなのです。

相手を輝かせることも大切!


 人が、世界で一番好きで大切な人は、「自分」です。
だから、その自分を大事にされたいし、興味を持ってもらうことが喜びにつながります。

 大人女子がモテるのは、相手の魅力を引き出すことができ、受け止め上手だからです。
美しくなって、自分自身が輝くのはもちろん大事ですが、相手を輝かせることも大切なんですよね。

 綺麗ごと抜きに、見た目は確かに大事です。でも、それはファーストステップで通用することに過ぎません。
その後は、相手といかに気持ち良い時を過ごせるかが重要になってきます。それが、「また会いたい!」につながるのです。

 現代人は疲れている人が多いもの。だから、何度会っても、サービスばかりを求められる人とは一緒にいられなくなってきます。
つまり、男性にとっては、綺麗に着飾って、“褒められたい女性”よりも、自分の良いところを見つけて“褒めてくれる女性”の方がほっとすることもあるのです。

愛されることばかりを求めていませんか?


 私のところにくるお悩み相談では、男女問わず、「付き合っているうちに、だんだん相手の仕事や体の調子が悪くなって会えなくなり、結果的に不安になって自分から別れを切り出したものの、まだ未練がある」という内容が多いです。

 でも、本当に相手のことを好きなのであれば、会えないことばかりを不安がるのではなく、会えない状態になるほど苦しんでいる相手を心配する方が先ではないでしょうか?

 相手に愛されることばかりを“求める”のではなく、相手に安らぎや癒しを“与えられる”女性であれば、相手がスランプのときは落ち着くまで見守るし、逆を言えば、そういう恋人であれば、やはり彼は会いたくなると思うのです。

 自分への愛情に不安がって、傷つくのが怖くて、自ら別れを切り出しているうちは、“自分しか見えてない”ことに気付いた方がいいでしょう。
一番の問題は、相手の調子が悪いことではなく、そんなときも相手が「傍にいてほしい」と思うほどの信頼関係を築けていない方なのです。

 普段から、相手に興味を持ち、きちんと信頼関係が築ける女性でありたいものですね。

子供おばさん……相手に興味を持たないので、相手はつまらなくなり、関係が発展しない。
大人女子……相手に興味を持つので、褒め上手になれ、相手に「また会いたい!」と思ってもらえる。

Text/ひかり

ひかりさんの新刊好評発売中!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話