• love
  • 2014.12.09

ドキドキのリスクは大きい!安易な不倫は幸せの遠回り/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

あなたの言動はどうですか?「子供おばさん」と「大人女子」の違いを、恋愛・仕事・生活の視点で紐解きます。

 前回の<デート中の愚痴は禁忌!恋も仕事も目の前にあるチャンスを全力で掴め>も参考にしてください。

 結婚している子供おばさんは、満たされない思いを不倫という形で発散しようとします。
逆に結婚している大人女子は、心が満たされないことがあれば、趣味など自分が幸せになれるものを見つけ、乗り切ります。

 その結果、子供おばさんの心はますます不安定になり、下手したら家庭を壊してしまう場合もあるし、大人女子は心を満たし、幸せになることができるのです。


なぜ不倫をするの?


ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い 不倫 既婚 結婚 婚外恋愛 独身 家庭
by tmarsee530

 結婚していても、心惹かれる相手が現れることもあるでしょう。感情を理性で抑えられなくなると、結婚外恋愛をしてしまう人はいるものです。
でも、そういう「恋に落ちた」パターンではなく、単に「ワクワク、ドキドキしたい」という理由で不倫相手を探す人もいます。

 逆に独身の男女の中では、「恋人いない歴」の年月を重ねている人は意外と多いもの。恋人がいなくても楽しく生きている人もいます。
なのに、なぜ結婚している人はパートナーがいながら、わざわざ新たな人を見つけなくてはいけないのでしょうか?そこには1つの仮説が立てられます。

 既婚者の「恋愛できない」という環境が、むしろ恋愛したい欲求を高めるのかもしれません。

 例えば、ダイエット中にいつも以上に食べ物に執着してしまったり、お金を節約していると、普段欲しくないようなものまで買いたくなったりすることはあるもの。不倫もそれに近いものがあるのかもしれませんね。


不倫は単なるストレス発散?


 結婚をすれば、独身の時のような自由は必然的に失います。さらに自分以外の人間は、家族であっても自分の思い通りにならないものなので、理想とは違う現実にストレスがたまることだってあるでしょう。

 ただ、それを不倫と言う形で発散しようとするのは、発想が短絡的過ぎます。
不倫をしている人は、すごく気軽な気持ちでやっていることも多いもの。でもパートナーにバレたときには、平穏な生活と信頼関係を失う自覚と覚悟がない人がほとんどと言ってもいいでしょう。でも、すべて失ったときに分かったって、遅いですよ?

         

リスクを負ってまでするべきもの?


 恋するドキドキは楽しいものですが、不倫の恋はやはり本物にはなりにくいもの。なぜなら、どちらかにズルさや弱さがある上での関係で、お互いにそれが分かりつつも見て見ぬふりをしていたら、スッキリした関係にはならないからです。

 逆を言えば、純粋に相手を愛していたら、不倫の関係ではいられないものです。
離婚に踏み切らない理由を「子供がいるから」と言う人は多いものですが、結局は、「配偶者との関係は終わってない」から離婚しないことの方が多いのです。

 そんな中途半端な気休めのような恋をするくらいであれば、もっと純粋に楽しめるものを手に入れた方が、人生は有意義ではありませんか?

 結局、心の在り方が自分の幸せを作るもの。だから、心を綺麗にすることが気持ちよく生きられる秘訣なんです。ズルいこと、人を傷つけるようなことをして幸せになることは、まずありません。幸せになる方法というのは、とてもシンプルなんですよね。


幸せになる方法はいくらでもある


 人生は“自分の選択の連続”でできているので、その人の人生観によって、選ぶものも人生も変わってきます。

 例えば、先ほどの欲望を抑える例で言うと、

 ・ダイエット中にチョコレートを食べて罪悪感に苛まれるのか、それともノンカロリーのハーブティを飲んで癒されるのか。
 ・節約中にお金を使ってしまい、後悔し、ストレスをためるのか、それとも自然の中に身を置き、お金を使わなくても楽しめることをするのか。
 ・既婚者が満たされない思いをどうにかしようとして、不倫をし、心を乱すような環境を作るのか、趣味や生きがいを見つけ、本当に心が喜ぶことをして幸せになるのか。

 人生の選択肢って、いくらでもあるものなんですよね。


不倫をする人はするし、しない人はしない


 最近はメディアが人妻の不倫について取り上げることが増えましたが、ハッキリ言ってしまえば、誰もがしているわけではなく、「している人はしている」程度のことなんですよね。

 不倫をしている人は、仲間内の間で協力し合ってアリバイ作りをしていることも多いもの。つまり、そういう不倫をしている人たちの間では、不倫をするというのは普通のことだったりします。さらに「他の人もしているから」を言い訳に、罪悪感を誤魔化していることも多いもの。

 でも、結局「類は友を呼ぶ」もの。自分の思いが今いる仲間や世界を引き寄せているだけであり、やはり不倫しない人は、友達でもしない人が多かったりするのです。むしろ結婚して幸せになる方法を共有したりしている人も多いでしょう。

 不倫のリスクは思いのほか大きいもの。満たされない思いがあるならば、もっと幸せになれる方法で解決を目指したいものですね。

     

既婚の子供おばさん……満たされない思いを不倫で発散させようとする。
既婚の大人女子……心が満たされないときは、趣味など幸せになれるものを見つけ、乗り切る。

Text/ひかり

ひかりさんの新刊好評発売中!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら