• love
  • 2014.08.19

容姿・年収・学歴で判断してない?上っ面な条件は良縁を遠ざける/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

上っ面な条件で人を判断していませんか?

ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い
Na-im


 子供おばさんは人と出会うと、“表面的な魅力”ばかりを見ます。そして、自分の望む条件とは違うと、すぐに恋愛対象から外してしまいます。

「彼はちょっと年収が低いから、結婚相手にはふさわしくないわ」
「この人は離婚歴があるから、やめておこう」
「ルックスがタイプじゃないから、恋人にはちょっと……」

 せっかく縁があっても、そんな風に選り好みをし過ぎて、どんどん関係を切っていってしまいます。

 大人女子は人と出会うと、表面的な魅力よりも“相手の本質”に興味を持ちます。

「どんな恋愛観や結婚観を持っている人なんだろう?」
「どうして今の職業を選んだんだろう?」
「日々、どんなことに喜びを見出す人なのだろう?」

 もし相手と価値観が合う場合は、仲良くなって距離を縮めていきます。もちろんハートが動かない時は、恋愛ではなく友人として関係を築くこともあります。
その結果、友達関係から恋愛に発展することもあれば、お互いに仲の良い友人を紹介し合って、新たな恋を掴むこともあります。そうやって「縁を育てる」ことができるのです。

条件よりも本質の方が大切!


 子供おばさんが、どんなに相手の持っている条件を良いと思ったとしても、条件なんてものは意外とすぐに変わってしまうものです。
大企業に勤めているエリートであっても、会社が潰れることやリストラになることだってあるし、大病を患い、仕事ができなくなることも無きにしも非ずです。
さらにイケメンだとしても、その後、太ったり、老化したりして、容姿だって崩れてくる場合もあるもの。

 だから、そんな上っ面の条件だけで相手を判断して、恋愛や結婚をしたとしても、ずっと幸せが続くとはいえません。
さらに、結婚したら、子供の育児問題、親の介護、夫婦の老後の生活など、さまざまな問題が出てきます。
だから、長い目で見た幸せを得たいのであれば、相手にどんなことがあっても一緒に問題を乗り越えていけるような強さがある人かどうかなど“相手の本質”を見ることは、大切なんですよね。

本質によって、結果が変わってくる


 実は、その人の本質によって、結果は変わってきます。孔子の「論語」にはこんな言葉があります。

「其の以(な)す所を視(み)、其の由(よ)る所を観(み)、其の安んずる所を察すれば、人いずくんぞ隠さんや」
【訳】人を見るのに、現在の行動を観察するばかりでなく、その動機は何か、またどんな結果に満足するかまで突っ込んで観察する。そうすれば、どんな相手でも本性を隠しきれなくなる。
(参考:「渋沢栄一の『論語講義』」 平凡社新書刊)

 渋沢栄一さんの解説によると、人を見るときは、相手の「現在の行動」「動機」「満足する結果」を観察することが大切であること。外見にあらわれた行為が正しく見えても、その行為の動機である意思が正しくなければ、その人は決して正しい人物とは言えない。
つまり、もし「満足する結果」が、ご馳走を食べる、裕福になるといった“私欲”だけの場合は、その人は何らかの誘惑によって思わぬ悪に手を染めることもあるから、前もってきちんと相手を見ておいた方がいい、ということです。

 例えば、同じ職業であっても、その人が「満足する結果」がなにかによって、言動は変わってきます。
単に自分の利益が大事なのか、会社がより発展することまで考えられるのか、さらに仕事を通して社会(人)に貢献することまで視野を広げられるのか。
それによって、一時期は同じポジションで仕事をしている同僚同士だとしても、未来は差がついていることも。それは、“志(こころざし)”が違うからです。

 それと同じように、「家庭を築く」ことでも、その人が考える「満足する結果」によって未来が変わってきます。
例えば、単に「寂しさを埋めるため」など、自分が幸せになることばかりを考えて結婚した人は、その欲望を満たすために不倫をしてしまう可能性もあります。
そのときは、パートナーの気持ちなどを考えられず、「好きになっちゃったんだから、しょうがない」と思うでしょう。

 逆に、「温かい家庭を築いて、家族を幸せにしたい」と考えられる人であれば、どんな誘惑があっても、なびくことは少ないもの。不倫をすることによって、大切なものを失うリスクまで考えられるからです。

 結局、その人の“本質”が未来を作っていくのです。だから、いくら今が好調だったとしても、現在の状況ばかり見てもしょうがないのです。

自分も芯を持った人に


 相手の本質を見抜けるような人になるためには、まずは自分自身もしっかりと「芯の持った人」になることが大切です。

 さらに、普段から心を磨いている人は、相手の本質もきちんと見られる人が多いもの。薄っぺらい価値観を持っていたら、相手に見透かされてしまいますよ?
素敵な人ときちんと関係を深められる人でありたいものですね。

子供おばさん……表面的な魅力だけで人をジャッジし、条件が合わないと縁を切っていく。
大人女子……相手の本質を見て、信頼できる人と関係を築いていき、良縁を掴む。

Text/ひかり

ひかりさんの新刊好評発売中!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動

関連キーワード

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら