• love
  • 2013.11.23

支払いはいつもあなた?お金を管理されてしまう経済的デートDV

荻尚子 デートDV
Yevy Photography


 こんにちは。
four-heart-clover カウンセラーの荻尚子です。

 わたくし事ですが、先日体調を崩してしまいました。
無理しているという自覚はあったのですが、やらなければいけないことがどんどん溜まってしまい、しわ寄せがきた結果、最後は無理に無理を重ねる結果になってしまいました。
人の体力も、心も限界って、あるんですよね。
がんばり過ぎて、体が「ストーップ!」と言ってくる、そんな感じでした。 久しぶりに起き上がれないくらい体調を崩して5日間も寝込み、周りに迷惑をかけてしまいました。

 分かってはいたことですが、再認識です。
・無理はできてもいつまでも続かない
・健康が一番
・ある程度計画通りに動く
・自分の限界をちゃんと知る

 皆さんも無理し過ぎない日常を過ごしてくださいね。

 さて、前回は「いつも待たされる(待たせても悪びれてない)」を書かせていただきました。
今回は「デート代を出させられる、またはお金を貸してと言われる」について書いていきます。

恋人とのお金のやり取りがデートDVになることも


「デートをする場合に男性が全て支払わなければいけない」ということではありません。
また「デート代が割り勘だとデートDV」ということでもないのです。

 デートをする時にどちらがどれくらいお金を出すかって結構デリケートな問題ですよね。
お互いの経済事情にも大きく関わるので一概に正解がある訳ではありません。

 では、どういう場合がデートDVに当てはまるのかと言うと…

デートDVに当てはまる金銭上のやり取りとは?


 例えば支払の時になると必ずいなくなるという人もいます。これは、少し微妙なラインですけどね。

 ただ、「○○が食べたい」と彼氏のリクエストで入ったレストラン、彼が好き放題注文し、支払になるといなくなった場合は、やっぱりどこか疑問があります。
まぁ、しかし、DVと言ってしまうにはちょっと?と思ってしまうかもしれません。

 ここで、レジの前で「ちょっと!なんでいなくなるのよ!」と言ったとします。
すると、彼がお店を出てから豹変したように「恥をかかせるな!!!!!」と怒鳴ってくる。
しかも、これが初めてではなく毎回支払いを逃げられ、かつ怒鳴られる
もしそのような場合であれば、デートDVになるのではないかと思います。

 別のケースでは、友達と遊びに行ったり、欲しい物を買ったりしていてお金がないらしく、いつも「ちょっとお金貸して」と言われ、全く返す雰囲気がなく、さらに当たり前のように彼女のお金を使い続ける
借り続けるというのも、デートDVになりえる行動だと思います。

金銭面を支配されてしまう、経済的DVとは?


 また、金銭の支払いや、お金を貸すこととは少し離れるように感じますが、金銭という部分で支配されてしまう、経済的DVというのもあります。

 自分自身で稼いだお金にも関わらず、何にいくら使うのか細かく管理されてしまうケースなどがこれにあたります。また、その中には、個人通帳を管理されてしまう人もいるようです。

 なぜ自分のお金を管理されてしまう状況になるのかを少しお話しますね。

 自分で稼いだお金なので、自分の好きなものを好きな時に買ったりしますよね。
その中で無駄遣いをしたり、お友達との予定が重なり交際費がかさむ時もあると思います。
でも、多額な収入がない限り、自分のお金ですから、自分で管理するのが通常ですよね。

 それにも関わらず、「お前はお金の使い方が間違ってる!俺が管理してやる!」みたいなことを言われて管理されてしまったり、何か新しい物を身につけていると「また買ったの?それいくらだったの?」とネチネチ怒られ、次第に自分のお金にも関わらず、「買いたい物があるんだけど…」と彼氏の承諾を得ないと買えないように追い込まれてしまうこともあります。

 その他にも、
「俺のおかげでお金が溜まっているんだから、これぐらい払って」と伝票を渡されるケース
お金を管理されている間に勝手に使われてしまうケース
余ったお金で何か買ってくれとたかられてしまうケース
ちょっとお金貸してと余ったお金を借りて返さないケース
と色々あります。

あなたの意向に反して、支払ったり、金銭面を管理されたりしてませんか?


 金銭面でのデートDVは、言い換えれば「自分の好意で支払ってあげたり、プレゼントしている訳ではない」ということだと思います。

 恋人同士が、「ご馳走してあげたい」とか、「何かプレゼントしてあげたい」と自発的に思い、それをしてあげることは微笑ましいですよね。
しかし、それが「断れない」、「従わなければいけない」という心境になってしまうとそれはとても深刻な問題であり、デートDVに当たると思います。

 もし、自分の意向と反してお金を多く支払っていたり、物を買わされていたりしたら、その相手のことを一度冷静に見てみてください。
特にジェットコースターのような恋愛をしていたり、相手に執着しているときは冷静に見るのが難しい気持ちも分かります。 しかし、あなた自身が一番その違和感に気づいていると思います。

 本当にその人の言っていることが正しいのでしょうか?
あなたのお金の使われ方は、それでいいのでしょうか?

 気がつけば、今年もあと少しですね。
皆様、いい恋愛をしていきましょうね。

 次回は、「彼との上下関係に注意!奴隷のように扱われていませんか?」をお届けします。

Text/荻尚子

ライタープロフィール

荻尚子
女性専門カウンセリングルームfour-heart- cloverを運営。年間500人を超えるの方をカウンセリング

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら