• love
  • 2014.07.25

第一印象で損してませんか?「私の内面を見て」ではいい出会いは訪れない


 皆さん、こんにちは。
女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverの荻です。

 いよいよ梅雨も明けて、夏本番!
夏って意外と短いですよね。学生の頃は1ヶ月くらい夏休みがあったので夏が長く感じられましたが、社会人になると夏と言っても平日は仕事。夏を楽しめるのは週末のみ。そう考えると5~6回週末があるくらい…。

 でも、逆に短いからこそ楽しいのかもしれないですね。
そんな短い夏ですが、皆さん思いっきり楽しみましょう!!!

自分の第一印象を知っていますか?

荻尚子 デートDV セフレ
kaizen.nguyễn


 7、8月のテーマ『夏の出会い祭り』について色々考えたのですが、出会いに大切なのは第一印象ですよね。
ということで、今回は第一印象について考えてみましょう。
(前回の「夏は出会える可能性が一番高い時期!退屈な行動パターンを変えて素敵な相手とサマーラブ」も合わせてどうぞ)


 人は、第一印象でどれくらい決まるかご存じですか?
色々な説があるので、はっきりと明言できませんが、「第一印象で9割が決まる」と言う人もいます。
何割が決まるかということは置いておいて、それくらい第一印象が大切みたいです。

 ところで、皆さん、ご自身の第一印象を知っていますか?

「自分のことを分かってくれる人だけ分かってくれればいいや」と思っていませんか?


 第一印象って意外に自分が思っているものと違っている場合が多いです。
そして、自分の見た目や、人から見られる印象に対して何も考えてない人も結構多いんですよね。

 という、私もその一人でした(笑)。

 私がもっと若い頃、よく言われていたのが、
「怖そう」
「近寄りがたい感じ」
「顔見知り以外の人とは話さなそう」
「高飛車そう」

 どうなの?私!!!!!と突っ込みたくなりますが(笑)、実際こんな感じが私の印象だったようです。
これについて、多少は知っていました。「第一印象が良くなくて、なんだかとっつきにくいタイプなんだろうな私」と。

 それなのに、第一印象を変えようと意識はしていませんでした。
なんだったんだろう?と今思うと、私の中に次のような考えがありました。

「自分のことを分かってくれる人だけ分かってくれればいいや」

 これは、カウンセリングや私が若い子達と話しているとよく聞くので、こう考えている人はけっこう多いと思います。

思春期の時期に比べ、
大人になってくると、第一印象が大事になってくる


 確かに、とっつきにくい印象の私でも仲良くしてくれる人はいましたし、自分でもそういう人にだけ心の扉を開いていた感じがありました。
逆に言えば、その他の人に対しては心を開かないというか、閉ざしていたというか、「分かってくれなくてもいい」くらい尖った気持ちを持っていたように思います。

 思春期ならこの気持ちを持っていてもいいかもしれません。
なぜなら、自分が思っているのと違う外見で、印象が悪かったとしても、学校という強制的に日々一緒に時間を過ごす環境があるから、その後一緒に過ごす時間の中で挽回できるんです。
「実はこんな所があったんだ!」と長い時間の中で見つけられるし、時間を過ごすことで印象よりも実際にコミュニケーションを取ることで相手を理解できます。

 では、大人になったらどうでしょうか?
確かに、職場が一緒、習い事が一緒、サークルが一緒など、長い時間を過ごせる環境があれば学生時代と「一緒に過ごす時間がある」という点は同じかもしれません。
しかし、仕事だけの付き合いになったり、学生時代のように深く付き合えなかったりして、相手とじっくり向き合うのは難しいと思います。

 つまり、大人になると、じっくり人と付き合っていく中で人間性を知る機会がとても少なくなるんです。
そんな中で、「分かってくれる人だけ分かってくれればいい」は、もったいないのではないでしょうか。

外見と内面が違いすぎるともったいない出会いになることも


 今回のコラムを書いていて、以前クライアントさんが言っていたことを思い出しました。

 彼女はとても派手な容姿で、化粧や服装、髪型を見て多くの人から初対面で派手と思われる外見。第一印象で「派手で遊んでいる」印象を持つだろうと容易に想像できました。
しかし、本人も「それでいい」という感じかと思いきや、彼女は「人を外見で判断するような人は好きじゃない」「自分は勘違いされやすい」と言っていました。

 実は、彼女は外見の派手さから与える印象に比べ、内面はとてもかわいらしく、どちらかと言えば大人しい子。
しかし、この外見のままでは、その彼女の個性を出会ったすべての人に理解してもらうのは、なかなか難しい。
さらに、彼女はその外見のイメージと同じような行動を初対面の人にしてしまうので、より勘違いされてしまうんです。

 私はカウンセラーという立場なので、彼女とゆっくり話すことを通して、彼女の派手な外見と内面とのギャップを知ることができました。
もし、それが初対面の相手だったり、付き合いが薄い相手だったら、自分の内面を誤解されてしまい、すごくもったいない出会いになるのではないでしょうか。

 ちょっと長くなってしまったので、次回に続きを書いていきます。
今回は、出会いの場面で「自分がどう見られているか」「自分がどう振舞っているか」について書かせていただきました。
次回までに、ご自分の第一印象について少し考えてみてくださいね。第一印象で損をするのは、もったいないですよ~!

 次回は、「初対面で感じ悪い人になってませんか?よくない自分をわざと見せる心理」をお届けします。

Text/荻尚子

関連キーワード

ライタープロフィール

荻尚子
女性専門カウンセリングルームfour-heart- cloverを運営。年間500人を超えるの方をカウンセリング

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら