• special
  • 2013.05.17

嫌われたっていいじゃない!? 犬山紙子『嫌われ女子50』発売記念イベントレポート

“愛される”のは大変だからこそ、
せめて“嫌われない”ためのマナーを!

犬山紙子 嫌われ女子50 イベント
左から、福田フクスケ、劔樹人さん、犬山紙子さん、アケミンさん

「AM」でもおなじみのエッセイスト・犬山紙子さんの新刊『嫌われ女子50』(KKベストセラーズ)の発売記念トークイベントが、5月5日(日)に下北沢の本屋B&Bで開催されました。

 出演者は犬山さんのほか、AVライターのアケミンさん、「神聖かまってちゃん」の元マネージャーや「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストとして知られる劔樹人さん、そしてライターの私・福田フクスケが登壇しました。

 華やかなセレブ感をまとった犬山さん&アケミンさんの美女コンビに比べ、「『ジュラシックパーク』だったら真っ先に恐竜に食べられそう」(犬山さん)と評された劔さん&福田のビジュアル的な花のなさは歴然。
“チームしょぼ男子”と命名されながらも、男性目線の感想や意見を述べさせていただく大役を仰せつかったわけであります。

 この『嫌われ女子50』は、「男から嫌われる女子」「彼氏から嫌われる女子」「女から嫌われる女子」「職場から嫌われる女子」の4章に分かれており、合コン、SNS、女子会、旅行といった50のシチュエーション別に“こんなことをする女子は嫌われる”という行動パターンを犬山さんがイラスト付きで解説していく本です。

 イベントは、まずそれぞれが本の中で共感したネタを挙げていくところからスタート。
アケミンさんが「Twitterでソースも確認せずにデマを拡散してしまう女」、劔さんが「業務連絡をふざけたアイコンのLINEで送ってしまう女」というネタをチョイスするなど、ソーシャルツールが“嫌われ”の落とし穴になっている現状が浮き彫りになりました。
このご時世、ネットの情報を鵜呑みにしたり、ネットマナーに気付いていない情弱な女性は嫌われる傾向にあるようです。

 そんな中、犬山さんが「自分は頭がいいと思っている男、お金持ちの男の中には、転がしやすいバカな女が好きな人もいるので、情弱ぶりっこするのもモテテクのひとつですけどね」と言うと、アケミンさんも「ぶりっこの女性より、それに騙されて“かわいい”と思ってしまう男にイラッとするんですよ」と、怒りの矛先は徐々に男性にも……。

 そう、嫌われ女子の行動は、嫌われ男子の行動とも表裏一体。
劔さんが「女性だけでなく、男性も気を付けるべき常識が書かれていて、我が身に置き換えて考える必要があると思いました」と語る通り、この本は決して女子の言動をdisるための本ではなく、“人のフリみてわがフリ直す”ための、男女共通のマナー本でもあるのです。

 犬山さんは、「“愛される”のは大変だから、せめて“嫌われない”ように気を付けて、あとは自由にふるまってほしい」という願いからこの本を書いたとのこと。
「こう言ったらどう思われるだろう、という駆け引きや、自意識の堂々巡りに縛られてほしくない」(アケミンさん)
「世の中、揚げ足取りが多いんですよ。カリカリしないでいきましょうよ!」(劔さん)
と、みなさんもこの本に込められたメッセージに共感していました。