• love
  • 2014.02.19

失恋して3ヶ月…クヨクヨした思考からの脱出法!/オネエ精神科医のアドバイス

いつまでもクヨクヨひきずっちゃうアナタへ

Tomy 恋愛 愛の告白 告白 バレンタイン
by Harlequin_colors

 気がつけばもう二月。時々日中はポカポカ陽気で、春を感じさせる日も出てきたわね。
と思えば突然大雪になったりして、「春が来そうだけど、やっぱり冬も引きずっちゃう」そんな季節でもございます。
皆様体調管理にお気をつけ遊ばせ。

 さて「引きずる」といえば、アテクシたちの心だって色々と引きずるわよね。そして引きずるものはたいていネガティブな気持ちだったりします。
何度断ち切ろうと思っても、結局引きずられて嫌な気持ちになってしまう、そんなアナタへのアドバイスを今回はしようと思いますわ。
というわけで、今日取り上げるのはこんなご相談よ。

Y.Mさん(23歳・事務)からのメッセージ
「失恋から3ヶ月…クヨクヨ引きずってしまう!」

 最近3年付き合った彼と別れてしまいました。
理由は彼に別の好きな女性ができたから、ということです。
ここ数ヶ月、メールや電話も急に減り、「仕事が忙しくてなかなか会えない」などといわれることもしょっちゅうで、なんだか変だなあとは思っていました。
でも、まさか別れを告げられるとは思っていなくて、凄くショックです。

 実は私が初めて付き合った彼でもあり、なおさらです。全然納得できていませんが、しつこくしたら余計嫌われると思って何も言いませんでした。
それからパタリと連絡がなくなり、3ヶ月。最初は何もご飯が食べられないぐらいでしたが、やっと「もう彼との恋愛は終わったんだ」と自分に言い聞かせられるようになってきました。
でも、まだ時々楽しかった思い出が色々と蘇ってきます。
あきらめたはずなのに、急に怒りや悲しみが何度もこみ上げてくるときがあります。
クヨクヨと引きずってしまうこの気持ち、一体どうしたらいいんでしょう?

 うん、やっぱりそれはショックよね。
早く立ち直りたい気持ちはわかるんだけど、大きな出来事が起きると、立ち直るにもやっぱりそれなりの時間はかかるもの。
でも、いつかは必ず乗り越えられるわ。人間の脳はちゃんと乗り越えられるようにできてるの。

 それでも気持ちの持ち方を間違えると、無駄にクヨクヨ引きずられてしまうこともあるわ。
では、「無駄なクヨクヨ」を避けるための方法をご紹介していきましょう。

①嫌な気持ちを「断ち切る」より、「やり過ごす」ように考える

 人間はショックなことがあると、振り子のように乗り越えていきます。
つまり調子がいいときと、調子の悪いときを行ったり来たりするの。
そのうち調子のいい時間が増えていって、やがて落ち着くのよ。

 ここで、「また嫌な気持ちが出てきた、いつになったら消えるの!」みたいに思っちゃうと、かえって時間がかかるの。
だから、嫌な気持ちになったときはやり過ごす。自分の気持ちの流れにあえて逆らわないようにすることが大事なのよ。

②時には嫌な気持ちを味わいつくす

 人間は「同じ刺激を繰り返していくと慣れる」という性質があるの。
これを逆手に利用して、わざと嫌な気持ちになってみるという手もあるわ。
たとえば、彼に別れを告げられたシーンが何度も蘇ってきて嫌な気持ちになる。
そういうときは、あえて何度もそのシーンをイメージしてみる。

 何度もイメージしているうちに、最初のときほど嫌な気持ちにならなくなってくることに気がつくはずよ。
このとき、もし泣きたくなったら思い切り泣くのはOK。
泣きつくすと、もう泣く気にもならなくなるのよ。

③他の考え事で埋める

 大体嫌なことを思い出すのは「他に何も考えていない」とき。今考えなければいけないことがあれば、人間の脳はそちらを優先するわ。
自分が没頭できるものがあるのなら、それを思い切りやる。
一番いいのは、「自分の仕事」ね。
つらい時は仕事に没頭したほうが楽なこともあるの。

 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら