• love
  • 2014.01.31

どうしてもウマが合わない人が職場に…辞める以外にどうすればいいの?/オネエ精神科医のアドバイス

あの女が許せないの! そんなときには?

Tomy 恋愛
Victor1558


 さて、今年は午年。ウマ、ウマ、ウマ………、ちょっと待って、今何か思いつきそうだから。
あ、そうそう思い出した、ウマといえばどこにいったってウマが合わない人っているわよね?(おやじ《オバサン?》ギャグすいません)

 何しても鼻につくとか、いちいちつっかかってくるとか、何から何までかみ合わない、天敵みたいな人よ。
そういう人が一人でも学校や職場にいると、毎日ウンザリしちゃう人もいるでしょうね。
てなわけで、今回はウマの合わない苦手な人との接し方についてお話しましょう!

 では、今回はコチラのご相談よ!

Kさん(22歳、OL)からのメッセージ
「職場で敵意を持って接してくる苦手な人がいる」

 私は去年の春からOLとして新しい会社に入りました。
同じ職場の同僚で、すごく苦手な人がいて困っています。
その人はなぜかいつも、私に対してだけあまり話してくれないし、書類を手渡すときも、机の上にわざと「バサッ」と乱暴に置いたりするんです。

 全身で「わたしがアンタが嫌い」って言われているようです。
私も「この人だけは無理」って感じになっていて、会社にいってもほとんど会話もあいさつもしません。

 そんな状況が毎日続くので、最近は会社に行くのもなんだか億劫です。
どうやってこの状況を切り抜けばいいのでしょうか?

 あー、二人の間で火花が飛び散っている状況なのね。
なんだか、その様子が目に浮かんでくるようだわ。
敵意というのは結構面倒くさい代物。
原因はたいしたことじゃなくても、一旦誰かが相手に敵意をいだくと、それが態度に出てしまう。
それが相手に伝わると、相手も「なんだコイツ」と思って敵意を返してくる。

 ちょうど雪だるまを作るときのように、小さな敵意がごろごろ転がっていくうちに大きな敵意へと変わっていくのよね。
そして気がついたら、決して打ち解けられない、ウマの合わない天敵同士へと成長するの。

あいさつ職人作戦とは?


 さて、こんな状況になると、もう二人で腹を割って話し合って何がこうなってしまった原因か探る、なんてことはなかなか難しいわよね。
面倒くさいから接するのを完全にやめちゃえばいいんだけど、仕事だからなかなかそういうわけにもいかない。かといって、このままだとストレスが溜まる。

 こういうときの打開策。実はあります。
名づけて「あいさつ職人作戦!」

 やるべきことは簡単で、わざと親しげに振舞う必要もないし、媚を売る必要もない。
だけど、あいさつだけはしっかりと気持ちよく投げかける、という作戦よ。
もう感情抜きであいさつ職人にでもなったような気持ちでね。
できれば、あいさつの瞬間だけでいいから笑顔もつけて。

 人間って結構単純なもので、繰り返し笑顔であいさつされると、だんだん好意的になるものなのよ。
まあ「刷り込み」みたいなもんね。
最初は「好かない奴」と認識されていても、何度もしつこく笑顔であいさつだけされ続けると、「意外といい奴かも」と印象の上書きが可能なの。

 もしかしたら、最初のうちは相手も不気味がるかもしれない。
無視されるかもしれない。
でも、周囲からみたらあなたがニッコリあいさつしてるのに、相手が無視したら「相手がいやな人間」と映るでしょ?

 だから貴方の印象はよくなるし、繰り返していくうちに相手の態度もよくなってくる。
あなたにとって損することは一つもないわけ。

 小学校でも「あいさつは大声で気持ちよく!」って教えられるじゃない?あれって、ちゃんと深い意味があるんだと思うわ。
昔からあいさつの言霊の力って、よく知られているのよ。

 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら