• love
  • 2014.01.27

束縛が強すぎると言われる?嫉妬心をなくす方法/オネエ精神科医のアドバイス

嫉妬心に振り回される恋

Tomy 恋愛
by Alaskan Dude


 この間、喫茶店で井上陽水さんの「ジェラシー」が流れていたの。
「アラ、なつかしー」と思って聞きこんでいたら、頭からジェラシーという単語がこびりついて離れなくなったアテクシです。

 さて、今回はジェラシー、嫉妬心についてお答えしようと思うの。
嫉妬心は恋愛には付き物だけど、魔物のようなもの。
あんまりコントロールできないと、恋愛自体を破壊してしまう恐れだってあるのよね。
というわけでコチラのご相談です。

Kさん(20歳、学生)からのメッセージ
「彼から束縛がきつすぎると言われてしまった…どうすればいいの?」

 私は大学生をしています。半年前から、社会人の彼と付き合い始めました。
彼は30歳の商社マンで、かなり忙しい生活を送っているようです。
正直彼は自分で言うのもなんですが、かなりモテる人で、友達からの評判もとてもいいです。

 問題は、私の嫉妬心です。
今の彼氏は忙しくなかなか会えないし、メールとかもマメに返ってきません。
浮気をされているという感覚はないのですが、「今何してるの?」「最近メールが少ないと思う」などとメールを送ってしまいます。

 とうとう先日、彼から「束縛がきつすぎる」と言われてしまいました。
何とかしたいのですが、どうしたらいいのかわかりません。
嫉妬心から解放されるにはどうしたらいいのでしょう?

 恋愛にまつわる嫉妬心は大体次の二つから来ているわ。

①自分に自信がないので、彼が他の女性に心移りされるんじゃないかと不安にある。
②相手に比べ、自分が暇で、会えない時間に余計なことを考える時間がある。

 ①と②のうち、わりと対応方法が簡単なのは②。

②の対応方法


 人間って暇な時間が多いと、だいたいろくなことを考えないのよね。
で、恋愛中はたいてい彼のことを考えるので「彼が浮気しているんじゃないか」「彼の気持ちが離れているんじゃないか」なんて発想になるわけよ。
そんなときは忙しくするのが一番。アルバイト、資格試験、習い事、なんでもいいので何か始めてみましょう。

 どうせ暇にしていたって彼と会えるわけじゃない。
だったらその時間他のことをしていたら、「空いた時間はいつも彼と一緒!」ってことになるしね。
ついでに自分磨きもできて一石二鳥です。

①の対応方法


 なかなか難しいのは①。
この場合、根本的に「自分と彼は釣り合っていないかも」という不安があるのよ。
それが真実じゃなかったとしても、簡単には自信がつくわけではないわ。

 こういう場合発想を変えましょう。
「あなたが嫉妬ばかりすれば、他の女性に心移りされないのか」と考えるのよ。
答えはもちろんNO。あなたが嫉妬深くしようがしまいが、心移りされるときはされるわ。

  それどころか、あなたが嫉妬ばかりすることで、魅力が減って逆に心移りされやすくなるかも?

束縛によって逆に愛情が冷めることがあるのよ


 束縛は愛情の裏返しともいえるけど、あまり束縛されると
「信用されてない気持ちがして逆に冷める」
「自分に自信がない魅力のない人だと思われて冷める」確立があがるのよ。

 だったら、彼に嫌われたくなければないほど、逆に嫉妬しないように我慢我慢よ。
自分の気持ちを我慢して、相手の気持ちを考える。
これは恋愛のときにこそ鍛えられるの。

 最近、アテクシあるいい言葉を教えてもらったわ。
医学じゃなくて仏教の言葉だけどね。
それは「功徳」という言葉。ほら「功徳を積む」とかいうじゃない?あの「功徳」よ。
功徳とは何かというと、簡単にいうと「いいこと」

 いいことをいっぱいすると、さらなるいいことを生む。
その積み重ねでみんなが幸せになりますよ。という考え方なのね。

 ここで、嫉妬心というのは「いいこと」か「悪いこと」か考えてみましょう。
もちろん「悪いこと」よね。
だから彼が忙しいのなら、嫉妬心いっぱいのメール送ってウンザリさせるのではなく、「たまに会える貴重な時間に彼に素敵な時間をたっぷり過ごしてもらおう」といいことをしましょう!
それで得することはあっても、誰も損しないもの。

 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら