• love
  • 2013.09.20

年上といるときは上手くいくのに同い年&年下が苦手…/オネエ精神科医からのアドバイス

ちょっと戸惑っちゃう? 今までと違うタイプの彼

Tomy 恋愛 無駄遣い ゲイ 精神科医 オネエ 悩み相談
by Liz Grace

 秋になって、物思いに耽ることが増えてきた今日この頃。気がつけばアテクシも30代の半ば………。
なんでしょうね、つい最近まで高校生だった気がするのに、実はもう高校生のおよそ2倍の年だなんて。 アオーーーーーン。
ハッ、醜態さらしました。

 ところで年をとればとるほど、周囲との人間関係も変わっていくものです。
簡単に言えば、若い頃は周りは年上ばかり。
でも、自分が年を経るにつれ、年上や年下とも交流が広がるようになり、気がつけば周りは年下ばかり。そりゃそうよね、自分が年とっていくんだから。

 普通の人間関係だけじゃなくて、男女の関係も同じこと。
若い頃は年上とばかり付き合うことが多くても、だんだんタメ年や、場合によっては年下君と付き合う可能性だってでてくると思うのよ。てなわけで、今日のご相談。


H.K.さん(26歳 介護士)からのメッセージ
「今まで年上としか付き合ってこなかったので、同い年の彼氏との付き合いに戸惑いを感じる」

 私は、自分で言うのもなんですが、どちらかというと“かわいがられるキャラ”です。
昔から年上といることが多く、私自身も年上といるほうが楽なので、付き合う彼も一回り年上の人が多かったです。

 最近はしばらくはシングルだったのですが、半年前に同僚に告白されました。 彼は私と同じ年です。
彼の正直で、裏表の無いところに惹かれて、お付き合いすることになりました。

 でも、今まで年上としか付き合ってこなかったので、いまいち勝手がわかりません。
今まで恋愛相手に当たり前に振舞ってきたことが、彼からするとワガママや甘えに見えるようです。
私にはダメ出しにしか感じられなくて、たまに喧嘩にもなります。

 今までの彼は、私の言動を良いようにしか言ってこなかったので、たまに寂しく感じられることもあります。
どうしたらいいんでしょう?

  あらーーーー、いいじゃないの!正直で裏表の無いタメ年の彼なんて。(実はこのお悩みノロケじゃないのかしら、うふふ~)

 さて、今の彼は、今までとは違うタイプの相手なのね。
でも、アナタが彼にOKした時点で、「違う恋愛もしてみたい!」ってアナタも心のどこかで考えているんじゃないかしらね。
違う恋愛は、当然アナタ自身も変えていくことになる。
つまり彼を選んだということは、もしかしたら自分自身が変わりたい!っていう自分の心の声なのかもよ?

せっかくの「伸びしろ」も自覚しないと治せない!

 人間って、自分の本音が常に自覚できるわけじゃないのよね。
「自分がこうしたい」「自分はこう思う」ってわかるときもあれば、わからないときもある。
後から振り返ってみて、「ああ、あの時自分は本当はこうしたかったんだ!」って気づくときもある。いわゆる無意識というヤツです。

 恋愛って、自分が楽な相手ばかりじゃ自分が成長しない。
きっと、今の彼と付き合うことになったのも、「そろそろ成長しましょ!」ってことなのよ。
だから流れに乗っちゃいましょ。

 正直な彼なんだから、きっとダメ出しじゃなくて「本音」なのよ。
ということは、アナタの言動に、まだまだ成長できる部分があるってこと。
モノは考えよう。ダメ出しされてるんじゃなくて、「伸びしろがある」って指摘してくれてるのよ。

 だいたい、人間と言うのは本当のこと言われるとちょっとムッと来るものなの。
本当に的外れなことだったら、笑って流せちゃうからね。
だから、アナタが彼に言われて引っかかっている指摘だったら、アナタ自身もそれをどこかで認めているのよ。

 ただ、正しい指摘も、アナタが取り入れないとダメ出しと何にも変わらない。そこで、一つご提案。
何か気になることを言われたら、言い返すのじゃなくて「どう変えてみたらいいかな?」と優しく聞いてみましょう。
具体的に、どう変えたほうがいいのか聞いてみる。
アナタのことを大切に考えてくれてる人なら、何かアドバイスがもらえるわよ。

 もし、そこですぐ答えが思いつかなくても、きっとどうしたらいいのか一緒に考えてくれるはず。それがアナタの成長、二人の成長に結びついていくのじゃないかしら。

 年は勝手にとっていきますが、自分の中身は意識しないと変わらないのよ!
だから、「寂しい」なんて思わず、チャンスに変えていきましょうね。

 参考になったかしら?

 次回は、「理想的な恋愛の見分け方教えます!」をお届けします。

Text/Tomy


Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

8月特集
LOVE連載

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話