• love
  • 2013.09.05

無駄遣いがやめらず、貯金ができない!/オネエ精神科医のアドバイス

ついつい無駄遣いしちゃうの!そんなアナタへ

Tomy 恋愛 無駄遣い ゲイ 精神科医 オネエ 悩み相談
by Alaskan Dude

 アテクシ、実は昔、コレクション癖がありました。
定期的に何かにハマって、それをついつい買い集めちゃうのよね。まともに動くかどうかわからない古時計とか、ガラス細工とか、キーホルダーとか、スニーカーとか。

 何が楽しいのだかわからないけれど、そのときは楽しいと思って集めてしまう。 でも、実際には買った後からそれを取り出して使うこととかほとんど無いのよね。
そのうちにマイブームが過ぎて、全く興味なくなってしまう。

 売れるものは売ろうかなとも思うけど、興味がなくなったらそれすら面倒くさいのよね。
だから人にあげるか捨てるかすることに…。
アテクシ、一体何やってるのかしら?なんて思うこともしばしば。
でも、いつの間にか無駄遣い癖は治ってしまって、今はそんなことはしないんだけどね。

 そうそう、無駄遣いして困っちゃう人って、案外多いみたいで「どうしたら無駄遣い治るんですか?」ってご相談、よくいただくのよ。たとえば、こんなご相談。

Y.K.さん(25歳・アパレル店員)からのメッセージ
「無駄遣いをやめたい!どうしたら貯金できる?」

  私は買い物が大好きで、街に繰り出しては「あ、これかわいい」「これ、欲しい!」などと思ってどんどん使ってしまいます。 仕事が忙しいので、たまの休日になると「自分へのご褒美」と買い物に行くのをやめられません。

 ついつい、あればあるだけ使ってしまいます。 おかげで一生懸命働いてるのに、貯金はほとんどありません。
お金を使ってストレス発散をしていると思います。
どうしたら貯金ができるようになるのでしょうか?

 人間一人が生きていくのに、本当に必要なモノって案外少ないのよね。
だからそれだけなら、そんなにお金は必要ないのよ。
でも、人生、何かの拍子に急に大きなお金が必要になることもあります。
たとえば病気の治療だとか、親の介護だとか、結婚、子供の教育………。
そんなときに、確かに貯金がなくてはなかなか大変だと思うわ。

 と言うわけで、今回はTomy流無駄遣いの減らし方を伝授よ!

Tomy流無駄遣いの減らし方

①先に枠組みを決めておく。 お給料をもらったら、まずは今月使う分の現金だけ引き出して、通帳は片付けてしまう。
まず、今月はいくら貯金するか決めて、使ってもいい金額を決めます。そうしたら、先にそれを引き出しておく。
後はそれでやりくりするの。

②出かけるときは、財布の中に最低限入れておく。カードは持っていかない。
これも「先に枠組みを決めておく」方法の一つよ。

③欲しいけど、買うべきかどうか悩んだら、買わない。一週間たってもまだ欲しいと思ったら買いなさい。
 本当に必要なものだったら、迷わず買えばいいわ。
でも悩むと言うことは必ず必要ではないことの証拠。一週間たってもまだ欲しいと思えば買いましょう。
だいたいは、一回帰ってきてしまえば、また出かけて買うほどのものじゃないや、と気がついてしまいます。

④とても安いものがあっても、不要なものは不要なもの。
いくら値引きされていても使わないものにお金を払うのは、とても高い買い物よ。

⑤買い物以外の方法でも、ストレスを発散させよう。  
 たいてい買い物しすぎるのは、モノが欲しいと言うより、買い物という行為自体に快感を感じていることが多いわ。
アテクシも一時期買い物に走っていたこともあるけれど、ジョセフィーヌとお付き合いはじめたら毎日の生活が充実するようになって、いつの間にか治っちゃったのよね(ごめんなさいね、ノロケよ)。

 だから、スポーツでも恋愛でも仕事でも何でもいいんだけど、別の形でうまくストレスを発散できるようになれば、いつのまにか買い物依存は治るわ。
もちろん、アルコールなど、不健康な形で発散するのはご法度よ。

 参考になったかしら?

 次回は、「悪口がやめられない!とまらない!」をお届けします。

Text/Tomy


Tomyさんへの相談、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

8月特集
LOVE連載

関連キーワード

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話