• love
  • 2013.08.29

恋愛ご無沙汰でも、ときめきは必要なし?/オネエ精神科医のアドバイス

心が干からびちゃった?そんなアナタでも心配ご無用よ!

Tomy 恋愛
you mee


 今年は集中豪雨で大変なところもあると思えば、降水量が少なすぎて水不足のところもあり、本当にお天気は気まぐれね。
アテクシの自宅エリアは完全に猛暑&水不足。
畑がカラカラで、ひび割れてしまっているところもちらほら。

 そういえば、この間アテクシの古ガマ友達M美と電話したの。
若い頃はM美も、「アタシ、最近いい感じの子ができてさあ、○○似のカッコカワイイ系。どう思う?」なんて春めいた話ばかりしてたんだけどね。

 でも最近は「相変わらず別に何にも変わりゃしないわよ。別にもうこの年になると、恋愛なんてめんどくさいしさー。この間は姪っ子が遊びにきてたけど、プールに連れて行ったぐらいで」なんて場末な感じが出まくり。年とるってこういうことなのね。

 そうそう、そういえば思い出したわ、こんなお悩みが来てたわね。今回はこのお悩み相談を取り上げてみましょう。

N.K.さん(33歳、自営業)からのメッセージ
「ときめきを取り戻したい」

 最近ときめきがなくて、仕事一直線。気がついたら30も超え、あんまり恋愛感情を人に抱かなくなってしまいました。でも将来を考えると、結婚はしなくてもパートナー的な人はやっぱりほしいなと思ってしまいます。
どうにかして体を恋愛モードにする方法はないでしょうか?

 あらら、この方もM美に負けず劣らず場末ってるわね(注:場末る《ばすえる》色ときめきがなく、場末な感じが出まくっていること ※Tomyの造語です)。仕事も順調でお忙しそうな雰囲気もするし、気がつけば恋愛モードから離れちゃった、そんな感じなんでしょうね。

恋愛モードでなくてもパートナーは見つけられるのよ


 もともと恋愛するって大変なこと。頭からアドレナリンやら、ドーパミンやら、様々な脳内物質が出て、ちょっと前まで幸福感で満たされていたと思えば、次の瞬間には不安になったり動機がしたりもする。
こんな状態が続くんだから、若さと勢い、体力がないと恋愛なんてやってられないのも無理はないわよね。

 ただ、ときめかない、恋愛モードにならないとパートナーが見つからないわけじゃない。
むしろ、肉体的にも精神的にも成熟し、落ち着いてきた今がパートナー作りのチャンスなのよ。

 若い頃の恋愛は、言わば麻薬のようなもの。恋愛そのものにエネルギーがいってしまっているから、相手の本当の姿がなかなか見えてこない。そして、自分自身が恋愛に振り回されてしまうから、やがては疲れてしまう。
そうなったとき、その恋愛は終わる可能性だってあるの。つまり、恋愛モードのときは安定したパートナーは逆に得にくいものなの。

 今はアナタには仕事もあり、恋愛経験もそれなりに積み重ねてきているから、誰かとお付き合いを始めてもそうそう振り回されたりしないと思うの。ときめく相手を探すのか、落ち着いたパートナー探すのかって全く別物だと思うのよね。
もちろん、最初はときめいていた相手とお付き合いを続けるうちに、だんだん安定したパートナーに移行できるのがベストかもしれないけれど、それってなかなか確率的には低いと思うのよ。

 だから、ときめかなくてもいい。もちろん、会う気も起きないような人じゃダメよ。
でもマイペースが保てて、お互い定期的に会って充実したときが過ごせて、お互いの価値観が合うような人、新しい思わぬ価値観を教えてくれるような人をゆっくり探してみたらどうかしら?

 理想のパートナーシップって、一人でもやっていける。だけど、相手がいればなおさら輝いていける。
という状態だと思うのよね。相手や恋愛に依存しないでもやっていける落ち着きを手にしている今だからこそ、チャンスは広がっているんじゃないのかしら?

 ただ、行動は起こさないとダメよ。出会いの場所には定期的に行ってみる。
またはいい相手に会えそうな趣味のサークルに参加してみる。など、アナタの自分磨きの一環として、「相手探し」もしてみればいいと思うわ。

 多分あなたのように、「最近ときめく相手もいないけれど、落ち着いたパートナーがほしい」って男性も結構いると思うわ。だからあきらめないでゆっくり探しましょう。

  参考になったかしら?


 次回は、「無駄遣いがやめらず、貯金ができないY.K.さんの相談」をお届けします。

Text/Tomy


Tomyさんへの相談、絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

8月特集
LOVE連載

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話