• love
  • 2013.08.21

子離れできない母にうんざり!母娘の良好な関係って?/オネエ精神科医のアドバイス

本当の親孝行は「子離れできるように仕向けること」

Tomy 恋愛
by land_camera_land_camera

 アテクシの実家の軒先には、毎年よくツバメが巣を作ります。
雛がかえった後、親は甲斐甲斐しく餌を与えに行き、それはそれはほほえましいもの。
でも、巣立ちの時期になれば雛はちゃんと巣から飛び立っていきます。
それでも、しばらくは家の周りをうろうろしていて、かわいらしいものですが、やがてはどこかへ飛び去っていくのです。

 アテクシはふと思います。
もし、親が雛に餌をやり続けて巣から飛び立てなくさせてしまったらどうなるのだろうかと。
雛は飛び方も、餌のとり方も知らないまま年老いていき、ぶくぶくと太っていくでしょう。やがて、親ツバメの命が尽きたとき、子ツバメの命も尽きることでしょう。

  親ツバメは、本能的に子ツバメを旅ださせなければならないときを知っています。
しかし、人間の場合は、様々な感情や思考が邪魔をして、それがうまくいかないケースもあるみたい。
今回はこんなご相談を取り上げてみようと思います。


O.K.さん(28歳・OL)からのメッセージ
「子離れできない母。このままでは彼氏ともうまくいかないかも」

 この年になるまで、まるで気づかなかったのですが、もしかしたら母は子離れできていないのかもしれません。
私が休日に彼氏と遊びに行こうとしたりすることを極端に嫌がります。
また、かわいい下着や洋服を着ることも嫌がります。

 時には出かける直前にいろいろと喧嘩をふっかけてきて外出を妨害したり、下着や洋服を捨ててしまったりするので困っています。
将来は結婚したいと思っているのですが、これでは彼氏との関係も上手くいかなくなってしまいそうです。
どうしたらいいのでしょうか。

   

 はい、アナタ喜んでもらっていいわよ!なぜかっていうと、問題は既に解決しているから。
子離れ、親離れできない問題を抱えているケースはよくあります。
でも、アナタが親離れできないときは時間がかかるけれど、アナタの親が子離れできないときは解決する方法は一つだけ。

「親が子離れできていない」現実に気付くこと

 親が子離れできていないという現実に、アナタが気づくかどうか、それ一点にかかっています。
で、アナタはもう気づいてしまった。それならば、もう解決しているのよ。

 だって、いくらなんでも親はアナタを監禁するわけにはいかないじゃない?
アナタがお母さんを気にせず、自分に関する行動は自分の思うがままに行えばいいのよ。休日に彼氏と遊びに行くのを嫌がったって、全然遠慮しなくていい。どんどん予定を入れなさい。
そして、「今から彼氏とデートしてくるね」と笑顔で颯爽と出かけていきなさい。ちょっと悪いなあと思ったらお土産の一つでも買えばいいわ。

 かわいい下着や洋服もどんどん買って彼氏に見てもらいなさい。
服は捨てられないように鍵のかかった場所にでも置いておきなさい。彼氏との関係性にもよるけれど、場合によっては彼氏に預かってもらってもいいんじゃない?

 そして、ちゃんと彼氏をまだ紹介していないのなら、しっかり紹介しちゃいなさい。
最初はぎこちなかったり、冷たかったりしてもいいのよ。さらにタイミング見てお母さんと彼氏と一緒に出かける機会を何度も作るの。
人間は、何度も同じ顔を目にするとだんだん好意を持つという心理学の法則(ザイオンスの熟知性の法則)というのがあるの。 これを利用しない手はないわ。
めげずに何度でも会わせるのよ。アナタが調整役に入ればいいのよ。

 一時的には、アナタが彼に取られてしまったと思って、お母さんが怒ったり寂しがったりする時期もあるでしょう。
でもこれはしょうがないの。必要なことだし、最終的にはお母さんが「子供の親離れを喜んで、本人の幸せを願えるようにもっていく」ことが本当の親孝行だからよ。

 アテクシも、実は母にゲイだとカミングアウトしたとき、一時的に母との関係が悪くなったときがあったの。
でも、パートナーのジョセフィーヌが自ら会わせて欲しいと言い出して、母に会わせたの。
最初はジョセフィーヌのこと凄い顔してみていた母だったけれど、何度も会ううちにいつのまにかアテクシ以上に(笑)、彼のことが大好きになっていったみたい。だから、アナタもがんばって!

 参考になったかしら?

 次回は、「最近ときめきがないと悩んでいるN.K.さんさんの相談」をお届けします。

Text/Tomy


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

8月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話