• love
  • 2013.06.07

女友達との付き合い方、ヒントはアノ生き物よ!

第13回 女友達との付き合い方、ヒントはアノ生き物よ!

 今回取り上げるテーマは「女友達」
女友達って、友達のようでライバルのような、ちょっと独特の関係よね。
こんなお悩み相談をいただきました。

N.Lさん(27歳、OL)からのメッセージ
「昔からの女友達と今の女友達、どう付き合っていけばいいの」

Tomy 恋愛
lilaclion

 最近中高生からの友達との価値観にズレが出てきて、話していても以前のような共感を得られなかったりします。

 かといって、だんだんと新しい友達ができるところもなくなってきて、孤独を感じることが多いです。友達が結婚していくことを素直に喜べなかったり、友達が結婚していくことに焦りを感じたり…。

 女友達とこれからどうやってつきあっていけばいいのでしょうか?

 ふむふむ、女友達との距離のとり方ねえ…。うーん…。
喉の入り口までいい答えが出てきそうで、なかなか出てこないわ。
こういうときは、話を脱線させるのがいいのよ。

 ところで、アテクシね、ペットショップがだーい好き。
ついつい見つけると覗き込んじゃうのよね。この間もハムスターのゲージ眺めていたわ。

 ハムスターって、大体オスとメス別々の箱に、たくさん詰め込まれているじゃない?アテクシだったら窮屈で耐えられないと思うんだけど、ハムスターはそうでもないみたいね。
仲良くべったりしていたかと思うと、ヂヂッと言ってお互いかみ合ったり。
一匹が押し車走り始めると、急に我先にと団子になって、同時に走り始めたり。かと思うと一匹ずつ譲り合ったり。
なんやかんやで、みんなそれなりに楽しそうに過ごしているわ。

 ん、ハムスター…、これよ!これだわっ。
女友達との関係性はハムスターを見習えばいいのよ!

 ハムスターって、他のハムスターが「これからどうなるのか」「過去に何をやったか」とかあまり気にしていないと思うのよね.

 だから、一匹売れていっても動揺しないし、新入りが追加されても気にしない。
他のハムスターとの現在の関係しか見ていないのよ。
過去喧嘩したことや、べったりしていたことは、すぐ忘れてしまうし、今仲がいいからといって、これから先もずっと仲良くしていきたいなどと思うこともない。

 で、女友達との関係性のヒントもここにあるわ。
同じ人と同じ関係を延々と続けることは、まずありえないの。
なぜなら、自分も相手も、この瞬間にでも常に変わっていっているから。
だから、昔からの友達であっても、常に関係性が変化していっているの。

 スタート地点が同じだったのに、いつの間にか相手と差ができてしまったというのは、誤解なのよ。
最初から、スタート地点が違うの。
どの人間も、最初から自分に与えられた時間を生きているわ。
その中でたまたま近くにいる人間といい関係性ができる時期があったというだけのことよ。

 つまり、過去と、未来のことは忘れる。

 ハムスターは、多分過去と未来のことは考えていない。
今ある関係だけを見てるから、集団で詰め込まれていてもお互いがマイペースに過ごしているの。
みんな自分だけの人生しか生きられないという意味では、もともと生きるということは孤独なのよ。
でも、ふらりと外に出れば、人間がたくさんいる。

 だから、孤独だけど、一人じゃない。

 だから、孤独を紛らすのではなく、孤独と真正面から向き合う。
結婚したからといって孤独じゃなくなるわけじゃないわ。
好きなのに、相手の心が離れてより孤独を感じるかも。
また、お互い好きあっていればいるほど、失う不安も大きくなる。
残念ながらどんな関係でも出会いがあれば別れもある。
最終的には、死に別れることもある。

 でも、それは最初から決まってるし、生きるってことに公平に与えられている宿命なのよ。
だから全く急ぐことはないし、焦ることはないわ。
むしろ今ある関係性は今だけのもの。
周囲の人を大切にしながら自分も成長していく。
その中でたまたま離れていく人もあれば近づいてくる人もいる。
それだけのことなの。
それが結婚という形をとることもある、というだけのこと。

 だからこそ、他人と比較するのではなく、前の自分と比較する。
先のことや、過去終わったことを考えるのではなく、今の関係性を大切にして行動する。
クヨクヨしてる時間がもったいないわよ。
今は、今だけのものだから。

 参考になったかしら?

 次回は、「親友や彼氏との価値観の違いを感じてモヤモヤしているN.Sの相談」をお届けします。

Text/Tomy

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

関連キーワード

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話