• love
  • 2013.03.14

本音で話せない!? 親しい人にも打ち明けられない苦しさ

【オネエ精神科医のココロの整頓術】
第2回:本音を話せず、息苦しいアナタ! まずは陽気姫(ようきひ)になるのよ!

オネエ精神科医のココロの整頓術 一人がこわい 女性の悩み
by rennes.i


 だんだん春本番が近づいてきました。
春夏秋冬、それぞれの良さがあるけれど、アテクシは、やっぱり春が一番好き。 だって、つくしは顔を出す。花はほころぶ。蝶々はふわふわ飛び始める。
すべての生き物が「わあああああ、春だ、楽しい!嬉しい!」そんなふうに全身で喜びを表現しているでしょ?

 でも、人間って少し複雑。
嬉しいときに「嬉しい」、楽しいときに「楽しい」、辛いときに「辛い」、悲しいときに「悲しい」、そんなシンプルに表現できないときもあるのよね。
今回はそんなお悩みを抱えている一人の女性からのメッセージを取り上げてみようと思いますわ。

M子さん(23歳)からのメッセージ
「親しい人でも本音を言うことができなくて苦しい」

 私って、本音を言えない性格なんです。私は接客の仕事についているので、仕事上は逆にその性格が役にも立っていますが、本当はプライベートでは本音を言いたいと思っています。たとえば、彼氏や親しい友達に対してなどです。

 私の周りには、親しい子同士の飲み会などでは「ぶっちゃけ○○でさー」といった感じに、すべてをさらけ出してしまうような子が多いんです。私もそんな風になりたいんです。誰にも本音を言えないのは、やっぱり息苦しい。
どうしたらそんな人間になれるんでしょう?

 さて、本音を言えない方って、本当は自分の辛さを受け止めてくれる人を求めているのよ。
でも、辛さを受け止めるっていうのは、相手にかなり労力がいること。場合によっては相手まで辛くしちゃうし、嫌われるかもしれない。

 そこで、そういう方は、マイナスの感情を見せたくないように行動してしまうのよね。
要は相手にどう思われるか自信が無くて怖いのよ。でも、マイナスの感情だけ隠すっていうのは、なかなか難しい。
結局仮面をつけたように、すべての気持ちや感情を見せないようにしてしまうんです。だから息苦しいの。
仮面の下にある本当の心が呼吸できなくなっちゃうから。

 そこで、具体的にどうすればいいのか、アテクシじっくり考えますわね。

 うーーーーーーーん……、ピコーン。

 思いついたわ、いい方法。ズバリ、陽気姫作戦!

 これはまず「自分が嬉しい、楽しい」と思っていることを相手に伝えることから始めましょう、という作戦なの。
とことんポジティブで陽気な女、陽気姫(これはTomyの造語です、楊貴妃じゃありませんわよ)になっちゃうの。
つまり、彼氏や友達と過ごして、嬉しいことや楽しいことがあったらとりあえずそれを表現するのよ。
たとえば「わあ、嬉しいな」「すっごく楽しかった!」「綺麗なところね~」とかね。そして最後に「ありがとう!」って付け加えればカ・ン・ぺ・キです。

 素直に感じたポジティブな感情をそのまま伝えても、相手に負担や心配をかけることは絶対ないじゃない? 
だからまず、そこから伝えてみる練習をしましょ!ってことよ。
ここで一番大事なポイントは、素直に感じたと思えるときだけに伝えればいいってこと。
相手のために無理やり嬉しそうなフリしたら、今までのアナタと何にも違いがないですものね。

 ポジティブな気持ちを素直に伝えると、相手の心の中にもアナタに対する強い好意が沸いてくるの

 そして親しさもよりUPするわ。そういう関係性になってくれば、アナタが辛いとき、さみしいとき、相手のほうから気がついて「どうしたの?」って誘導してくれるようになるのよ。
だって、好きな相手が困っているときは支えたくなるのが人間だから。 そのときは思い切り相手に甘えちゃいなさい!

 いいのよ、遠慮せずに。もし相手が辛いときは自分が支えてあげればいいだけの話なんだから。

 もちろんすぐにはそういう関係性は作れないけれど、なあに、その過程も趣味として楽しんじゃえばいいのよ。自分がどれだけ変われるかなっていう、ゲームとしてね。やるだけ損はないわよ。

 参考になったかしら?

 次回は、「関係を長続きすることができないK美さんの相談」をお届けします。

Text/Tomy

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

■合わせて読みたい
3月特集
2月特集
官能小説から読み解く、ファムファタールのススメ
くらたまさんと円満離婚カップルを表彰!?

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話