• love
  • 2013.03.07

一人の不安? 大丈夫、不安消滅の原則っていうのがあるのよ!

オネエ精神科医のココロの整頓術 一人がこわい 女性の悩み
by dragonflaiii

 皆さーん、毎日にどん詰まってませんか? 
恋愛、結婚、親子関係…etc。
アテクシはゲイ(おネエって言ったほうがわかりやすいかしら?)で、精神科医やってるTomyと申します。
生きるってとっても素晴らしくて楽しいと日々実感してます。

 でも、ちょっと街を歩けば、多くの方が暗い顔か、固まった顔しているのよね。きっと毎日考えることが多すぎて、「もうイヤッ!!!」ってなってるのかしら?

 そこでアテクシは、ブログでお悩み相談を始めることにしました。
気がついたらもう700件以上! いつの間にかそれが評判を読んで、3冊の本を出すことができました。
アテクシの言葉が少しでも救いになってるんだと思うと嬉しい限りです。


 実は人生って、ちょっとしたコツで全く違った色に輝いて見えるようになるの。
あら「本当に?」って顔してるわね。大丈夫、これから始まるアテクシのコラムを読んでいただければ、わかっていただけると思うわよ。

それでは皆さん、アテクシからの応援歌、じっくり聴いてちょうだい!

オネエ精神科医のココロの整頓術 第1回

 もう春はすぐそこ。でもまだまだ寒い日が続くわね~。
そんなある日アテクシの相談室にこんなお便りが舞い込んできました。
コレ読んだ瞬間「ひゃだっ、この子も心が寒そうだわっ」と思いました。
最近は、決まったパートナーがいない子が増えてきているとよく耳にします。

 そんなわけで記念すべき第1回は、そんな「一生一人だったらどうしよう」という方に向けてエールを送ることにしたわよ~。

Y子さんからのメッセージ(27歳)
「一生一人だったらどうしよう」

 最近周りがどんどん結婚してきているせいなのか、焦っています。結婚していない子でもたいてい彼氏はいるし、彼氏のいない子は「一人のほうがラクで楽しいもん!」みたいな子ばかり。
私は彼氏すらいないし、彼氏候補もいない。 かといって、一人でいるほうがラク! というタイプでもないんです。
「おひとりさま」ブームのときも一生懸命そういう類の本を読んでなんとか自分を納得させようとしましたが、やっぱりしっくりこないんです。
彼氏が欲しいのに、このままじゃ一生一人でいきそうでとっても怖いんです。 どうしたらいいんでしょうか?

 さーて、不安を感じるときには、どんなときでも原則に立ち返りましょう。一人の不安だって例外じゃないわ。

  つまり、
①自分が何をしたいのか考える。
②そのために必要なことは何か考える。
③自分のペースでそれを実行する。

これが不安消滅の原則。だいたい不安を感じるときは、このどれかができていないのよね。

 簡単に言えば、
「自分が何をしたいのかわかっていない」
「必要なことを考えていない」
「行動に移していない」

ってことなんです。
偉そうに聞こえたらごめんなさいね。でも、それが真実だと思うから。

 それで、あなたの場合、
・彼氏が欲しいことをきちんと認める
・彼氏を作るために必要なことを考える。
・それを実行する。

これで、不安は解消すると思うわよ。

 だってさ、明らかに「彼氏が欲しい!」って思っているのに、彼氏がいらない人のフリしたって最初から無理があるじゃないのよ?
そういう子とアナタとは、もともと価値観が違うの。

 でも、ここまで言っても「そんなたいそうなこと、私にできるのかしら?」って思うわよね。大丈夫、できるわよ!

 コツは趣味だと思うこと。合コン、婚活、サークルに入る、自分を磨く、できることなんていくらでもあるもの。
ただ焦っちゃダメよ。変な男捕まえるから。誰でもいいのなら、男はそのへんに転がっていますから。でも、それじゃイヤでしょ?

 それに、夫婦や恋人関係に置いて、理想的なのはお互いが自立した関係であるということね。
一人でも充分すぎるほど幸せに生きられる。でも、相手といるとさらに輝きが増す。
そんな相手に出会ったらGOしよう、ぐらいの気持ちでいいわよ。

参考になったかしら?

 次回は、「親しい人にも本音を話せないM子さんの相談」をお届けします。

Text/Tomy

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
2月特集
1月特集
ラブライフのA to Z
はあちゅうが語る女の本音

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話