• love
  • 2014.07.31

誕生日プレゼントがパチンコの景品!?結婚生活が難しそうな彼のプロポーズに困っています/オネエ精神科医のアドバイス

今の彼と結婚しても大丈夫?

Tomy 恋愛 プロポーズ 結婚 パチンコ 悩み相談 上司 同居
Magic Robot

 プロポーズって本来嬉しいものよね。
でも、結婚するとなると相手を「恋人」から「伴侶」として評価しなければいけなくなる。
嬉しい反面、冷静に相手を見なきゃいけないから悩みもたくさん出てくると思うわ。

 というわけで今回もプロポーズされた女性からのご相談です。
(お悩みはコチラからご応募ください)

Y.さん(20代後半)からのメッセージ
「いい加減な彼氏にプロポーズされた…どうしたらいい?」

 結婚して大丈夫かどうかで悩んでいます。
今の彼は10歳以上年上の上司で、昨年プロポーズされました。
ただ、お母様と完全同居することと生活費は彼が管理することが結婚の条件になっています。
私の両親は主に年齢、ご実家が自営業だということ、同居、彼が生活費の管理という点に反対しています。

 彼は「年上だから」とデート代を支払ってくれますが、本質はケチといいますかお金を使いたがらない方だと思います。
デートでの食事で吉野家やファミレスによく行ったり、誕生日プレゼントがパチンコの景品のようなポーチだったり。
また、会う約束をしていたのにパチンコがヒットして連絡もなく遅れてきたことも一度だけあります。
私が怒ると、「俺はいつも待っているんやから!」と逆ギレされ、人に厳しく自分に甘いのでは?と思う節もあります。
(休みが合わない為、彼が休みの日に私の帰社後にデートしています)

 ただ、いい所もあります。 ドライブなどほぼ必ず手を繋いでくれます。
また週に1度、私の就業後、彼の仕事終わるのを待っていると自宅まで送ってくれます。
結婚すれば綺麗でいて欲しいからエステとかの費用を出してくれるそうです。 そして彼は私のことを信頼出来るから結婚しようと思ったそうです。
彼のいい所と悪い所両方あって結婚するか決めかねています。
厳しい事も覚悟でアドバイスお願いします。

 まず一番気になるのは、パチンコね。

パチンコにはまる彼との結婚アリ?

 パチンコをやると、あっという間にお金がなくなっていくので、金銭感覚がちょっと変わってしまいます。
しかも、パチンコは依存になりやすい趣味。  本来趣味というのは、日常生活に影響が無い範囲で楽しむもの。

 もし趣味にのめりこむことで、日常生活に影響が出てしまったら趣味から依存に移行してきていると考えていいでしょう。
アナタとの約束をすっぽかしてしまうというのは、日常生活への影響と考えることもできるから、彼はパチンコに依存気味なのかもしれないわね。

 パチンコ依存になると、少しでもお金があると「これでパチンコができる」と考えてしまいがち。
だから結果として、パチンコ以外のお金をあまり使わないようになり、「ケチ」になってしまいます。
彼の金銭感覚は、パチンコによる影響が大きいんじゃないかしらね。

 また、彼はアナタが指摘するように、自制心が少し弱いところがある気がします。
自制心のある人なら、約束は守るように最大限行動するでしょうし(パチンコだって、ヒットしても約束に間に合うように早めに終わればいいだけのこと)、もし万が一遅刻したら言い訳せずに謝るでしょう。
やっぱり結婚生活となると、そのところをちゃんと決着つけないと苦労すると思うわ。

 彼が若ければ、これから変えていくこともできると思うけれど、相手はアナタより10歳年上、なかなか自分を変えていくのも難しいでしょうし、今の話を聞くとアナタの注意に耳を傾けてくれる可能性も低そうに思えます。

 もちろん、優しいいいところもあると思うんだけど、ドライブで手をつなぐというのは誰でもできること。
デートのあとに女性を家まで送り届けるのも、安全面では当然のことのように思えます。
まして、アナタが彼の仕事が終わるのを待っていたから、夜も遅くなったんだし。

 エステ代を出してくれるという約束にしても、所詮は口約束。
パチンコのせいで待ち合わせに遅れてくるぐらいだから、話半分に聞いておいたほうがいいと思うわ。

 だいぶダメ出しばかりになっちゃったんだけど、一生のパートナーなんだから、慎重になったほうがいいと思うのよ。でも、結婚するなというわけじゃないのよ。
「この人と一緒になりたい、そのためには様々な問題も乗り越えてみせる」というのなら、結婚という選択肢もあるとは思うわ。
ただ、クリアしなきゃいけない問題は多そうね。

 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

関連キーワード

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら