• love
  • 2014.07.17

金銭感覚が合わない年下の彼との結婚はアリ?/オネエ精神科医のアドバイス

恋人の金銭感覚

Tomy 恋愛
cuddlecafe

 アテクシ、いつもお悩み相談のコラムなんぞ書いている割には「人を見る目がない」らしいです。
周りの人にいつも「アンタはお人好しすぎる」って言われるのよね。そこでアテクシの相方ジョセフィーヌがいつも言うのが、「初対面の人は、お金と時間の使い方を見て判断しろ」ってこと。

 確かにここに注目すると、失敗が少ないのよ。
お金や時間の使い方で、相手に不愉快な思いをさせない人は、信用できる人ばかり。
たとえば決して遅刻してこないとか、お会計の支払いで疲れさせないとかね。

 逆に、いつも微妙に遅刻してくる人や、金銭感覚の微妙な人は、いくら口先で上手いこといっていても、いつかとんでもないことをやらかすことが多い。
だから、アテクシも、相手に不信感を与えないよう、お金と時間の使い方だけは気を配っています。

 ところで恋愛で、意外と大事なのが「金銭感覚」よね。
友人や仕事の付き合いでも大切なポイントなのに、いつも一緒にいる恋人ならなおさら大切。
この金銭感覚がずれていると他がどんなに良くても「冷めてしまう」わよね。

 というわけで今回はこのご質問です。

Y.S.さん(31歳・事務員)からのメッセージ
「お金のことで疲れさせる年下の彼」

 はじめまして。1年付き合っている年下の彼の事で相談させてください。
彼は「支払いの時に相手を(私を)疲れさせる人」です。
例えば一緒にスーパーに食材を買いに行くと、精算の時、私が迷いながら半分出すとそのまま受け取ってしまう人です(ちなみに彼は私の3倍食べます…)。 また、ドラッグストアでの日用品の買い物も、シャンプーやトイレットペーパーなど、私は週末しか使わないものでも雰囲気的に割勘です。

 支払いについて、私が自分から出してしまうのが悪いのかも知れませんが、「ここはいいよ」とか「じゃあ◯◯円だけ貰うね」とか言ってくれないのがモヤモヤしてしまいます。
現在、彼から「結婚してほしい」と言われて迷っています。

 支払いに関する事以外では、性格的に穏やかな人で愛称もよくケンカ等もありませんし、仕事もキチンとしている人で信頼しています。
しかし結婚となると「支払いの時に相手を疲れさせる人」というのは良くないのではないかと心配です。
でもとても大好きな彼なので、どうにかして続けていきたいと思っています。
こういう相手と付き合って行くための方法、または私が持つべき気構えのようなものがありましたら教えてください。

ただの弟タイプかも!教育すれば解決する余地あり

 話の流れでいうと、「こんな人やめときなさい」ってことになるのですが、今回の場合、アテクシの意見は違います。
年下なので、もしかしたら「リードしてくれるお姉さんが好きな弟タイプ」の彼氏かもしれないからよ。

 おまけ話ですが、ゲイの場合、男役のタチと女役のネコ(ウケ)というのがあります。
これは、日常生活で「リードする役割(タチ)」か「リードされる役割(ネコ)」か、という意味合いも含みます。

 で、ゲイじゃなくても、ネコ気質な男っていうのはいると思うのね。
つまり彼女の言うとおりに素直に従うほうが肌に合っているような男です。
そういう男にとっては、「どういうときに、どうお金を払うのか」よく学習しないままに大人になっている可能性があります。

 簡単に言うと「ここはいいよ」「ここはいくら出して」みたいな感覚に自信が無いので、相手が言い出すのを待ってるんじゃないかと思うのよね。
で、相手に任せているから、さらに金銭感覚を学習する機会がなくなる。
その繰り返しでここまで来ちゃったんじゃないかと思うわけ。

 こういう人の場合、支払いについて「こういうときは、こうするんだよ」ってことをちゃんと教えてあげればそれで済むこともあるのよ。
1年付き合っていて、他は問題なさそうなんだし、好きならアナタが教育するつもりで付き合ってもいいんじゃないかしら?

 実はアテクシも昔アナタの彼みたいなところがあって、ジョセフィーヌにみっちり教育されたのよね。
ジョセフィーヌ曰く、今ではだいぶ改善されたらしいです。
根気は要るかもしれないけれど、彼が直そうとする意欲があるなら、きっとなんとかなるわよ。

 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら