• love
  • 2014.01.15

初海外の足が震えるほど怖かった思い出/一歩踏み出す秘訣(2)

世界婚活するまでの道のり

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女
hyekab25


 海外=怖い

 こんなイメージがあって、いまいち遠い世界の話、私には関係ないことだと思う人もいるかもしれません。

 実は私にとっても海外は本当に遠い存在でした。
ありったけの勇気をしぼって初めての海外に一人で行った時、滞在先のホテルで足の震えがきたのを今でもはっきり覚えています。

 それくらい私にとっても始めての海外は怖かった。

 それが今では世界で婚活し、フランス人の旦那とフランスに住んでいるという。
初めての海外で足が震えた頃の私には信じられない事実です。

 振り返ってみると、飛行機にも乗った事がない中学生くらいの頃、世界を旅できるキャビン・アテンダント(当時のスチワーデス)の仕事に憧れていました。
でも、英語が必須と聞いた時、「私は英語なんて話せないし無理だ」、「帰国子女みたいな特別な人が目指す職業だろうな」と脱力してあっさり諦めたのをよく覚えています。(よく考えたら、その後勉強すればいいだけなのに…)

 大学生になって、学校の廊下に張り出された交換留学生の情報も「留学って高くつくな、親に頼めない」と思ってこれも実現不可能なことだとあきらめました。
一方、周りにいた世界一周旅行や留学をしてきたという同級生は輝いて見え、「どうだった? 詳しく話を聞かせて!」と飛びつくほど憧れの存在でした。

 またこの頃憧れていたジョンとヨーコの二人がNYという大都会に住んでいたこと、二人の住んでいたダコダ・アパートというのがまだ実在して、ヨーコがそこにまだ住んでいるらしい、と知った時、NYに行ってこの目で見てみたいそう強く思いました。

 でも、やっぱり怖い。
東京すらも一人で行ったことがないのに、NYなんて超大都会、しかも英語も話せないし、人質にでもあったらどうする!?


 とものすごい不安もありました。

20歳で初の海外旅行を決意!


 でも、大学生生活の中でなにか記念になる冒険をしてみたい、等々いろいろと飛び出すための理由をさがし、いよいよ20歳の誕生日の記念として旅立とうと葛藤の後、決意しました。

 当時長崎の大学に通って、地元のテレビ局の報道部でカメラアシスタントのアルバイトをしていた私は、そのバイト代が20万円を超えるところまで貯金していました。

 大学の先生が安いといっていたHISを知り、とはいえ大きな買い物をした事のなかった私は、親に同行してもらいNY行きのチケットとホテル、そしてホテルまでの送迎代を支払いました。

 前日まで、やっぱり怖くて怖くて、その気持ちを母にこぼしてしまい、母には「もう、行きなさんな」と止められたことも覚えています。

 親もかなり心配していたんだと思います。

「地球の歩き方を街で広げると、観光客だとバレて危ない」という話をどこかで知り、地球の歩き方本だとバレないように、表紙にガムテープを張り、なぜか側面に色のついているこの派手なガイドブックを真っ黒のマジックで塗る、という謎の行為にも及びました。

 何度も何度もバスの乗り方のページを読み返すのですが、日本とは全く違うボタンで「どういう仕組みか全然わからない! バスに乗って、降りられなかったらどうしよう…」と、行く前から心臓が破裂しそうでした。

 当時、インターネットを使い始めた私は、掲示板というのを見つけました。
しかも、NYに住んでいる日本人たちが会話をしているページを見つけたのです。

「NYに初めて行くのですが、どなかた案内してくれませんか?」
と、すがりつく思いで投稿しました。

掲示板で現地に住む日本人と会えることになり…


 すると、現地で働く旦那さんの赴任について来ているという奥様が、ホテルで私の到着を待ってくれていることになり、その後掲示板に集まる現地の方々が夕食会でも開こう、とあいなったのです。

 今で言う、オフ会ですね。当時はまだそんな言葉もなくて、ただただ現地に行けば日本人に会える、安心だという思いでNYに向かったのでした。

 ガイドブックに謎の加工をしたり、何度も分からない予習をしたり、掲示板で日本人を探したり、この行動の全ては「海外に行くという不安、恐怖」がそうさせたのでした。

 その後、色々な出会いがあったり迷子になったりこれまた一生忘れられない旅になったのです。

 来週につづく。


Text/中村綾花


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら