• love
  • 2015.12.06

「1人ぼっち」感が強まるフランスのクリスマス

クリスマスムードが高まりイルミネーションなどで華やかな街並みに東京とは異なるフランスのクリスマス事情。「家族と過ごす大事な日」とするフランスでは、いっそう「1人ぼっち」感が強まるとか…?

パリと東京のクリスマス

中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 純愛 クリスマス パリ イルミネーション 東京
by Saku Takakusaki

 私が東京にいた頃。

「外苑前のイチョウの紅葉を今年は見に行けるかな?」
と考えていたら、いつのまにか秋が終わっていた。

 そして、気がついたら街はクリスマスのイルミネーション一色に。

 ギラギラしたLED電気を街中にちらされると、ただでさえ師走で忙しいのに、追い打ちをかけて時間に迫られる気がしたものだ。
なにより、シングルでいることが異常に人肌恋しく感じられる時期でもあった。

 フランスに住みはじめてみると、東京とはまた違ったクリスマスイルミネーションが街を飾ることを知った。

 あくまで、イルミネーションは街の飾り。
光は街を灯す脇役でなくてはならない、という風に見えるのだ。

 パリの通りを飾るイルミネーションの電球は、ここ何年も同じものを使いまわしている感じが否めない。
ほこりがかったような電球で、ぼんやり照らされる街は、暖かく感じられる。

 フランスのクリスマスは家族の集まる一大イベント。いまでこそ、フランスに家族のいる私だが、パリ移住して一年目のクリスマスはひとりぼっちだった。

 クリスマスの日、街に出たら「何事か!?」と思うくらい日中に人が出歩いていなかったのだ。

 お腹が減ったから何か食べようと思って外出したのに、近所のマクドナルドも開いていない。しょうがなく、かろうじて開店していたチェーンのスーパーマーケットで冷凍ピザを買って帰った。

 フランスで1人クリスマスを過ごすのは、東京でシングルで過ごすより、ずっとずっと孤独であることを感じさせられた。
人肌恋しいなんてもんじゃない。世界から人が消えて自分1人だけ隔離されてしまったような「1人ぼっち」感。

 12月のパリでは太陽が顔を出す時間が減り始め、グレー色の空が頭上についてまわるうっとおしさがある。

 パリジャンたちは、着回しのきくグレーや黒のコートを着はじめる。
一年でもっとも重力を感じる時期かもしれない。

 だから、パリジャンたちが一番機嫌が悪くなる時期でもある。



Text/中村綾花

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら