• love
  • 2015.10.25

巨大プロジェクトは最初の試練?夫婦が結婚式をする本当の意味

お金がかかる、準備が大変そう、人と同じことはやりたくない、といった理由からシンプルな結婚式スタイルが増えています。でも、結婚式には「お披露目」だけではない重要な役割がありました。夫婦がはじめて直面する巨大プロジェクトに隠された意味とは?

夫婦ケンカの頻発は当たり前?


中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 結婚式 夫婦 引っ越し
by MinnesotaDavis

 前回、「私たち夫婦は盛大な結婚式を挙げなかった 」というお話をしました。その理由は簡単にいうと

 ・人と同じことがしたくない
 ・お金をかけたくない、かけられない
 ・大変そうだから、できるだけ楽にすませたい


 という考えがあったからでした。

 そういうわけで、結婚式というのは私たち夫婦にとっては準備に苦労した記憶がありません。楽しみながら、少しの余裕をもって私たちオリジナルの小さな式を挙げることができたのです。

 一番大変だと感じたのは日本で「写真だけ結婚式」をした際、着物やドレスを着たり、慣れないポージングで表情も身体もガチガチに固まったことくらいです。

 よく結婚式準備中に新郎新婦がケンカする、という話をきいたことがありますが、私たちにはずっと縁のないものだと思っていました。

 ところが、結婚3年目にして私たち夫婦にケンカの回数も急増する事態が発生してしまったのです。

 それは「引っ越し&リノベーション」という一大イベントが原因でした。

 さらにここはフランス。日本のように物事が予定通りに進まないことが当たり前の国です。引っ越し予定日はずれ込むわ、リノベーションをお願いする職人さんは集まらないわで、私たち夫婦で壁の破壊や、がれき処理からなにまでDo it yourself!な状況になってしまったというわけです。

 慣れない環境で、慣れないDIYを一から学びつつ、次々にふりかかってくる「やるべきこと」に格闘しつつ、朝から晩まで身体を酷使する労働の日々。
お互いのキャパシティーがパンパンになってケンカも頻発してしまいました。

 しかも、このケンカ頻発は、環境の変化が引き起こすものだとわからず「3年目夫婦のすれ違いかな?」と思い込み、ストレスを感じてしまったのです。

結婚式は夫婦にとって最初の試練


 ちょうどそんな時にお話する機会があった、国際結婚の先輩日本人女性から「引っ越しは夫婦にとっての非常事態。ケンカが頻発するのも当たり前」との助言を頂いたのでした。

 また、盛大な結婚式を挙げたカップルだとこうした非常事態は既に経験済みで、私たち夫婦はそれを経ていないからこそ、初めて直面する巨大プロジェクトにパニックになっているのだ、という状況を教えてもらえたのです。

 なーんだ。夫婦の危機というよりも、環境が激変している非常事態だから当然のなりゆきなのねと、それを知った途端に心が楽になったのでした。

 盛大な結婚式なんてムダなものだと思ってましたが、2人がその後の長い人生を送っていく前に、一番最初に取りかかる巨大プロジェクトとしての役割を果たすものだったとは。

 結婚3年目にして、盛大な結婚式の見方がちょっと変わったのでした。
それにしても、まだまだ新居の工事はつづいています。あ〜、一息つきたい!        

Text/中村綾花

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら