• love
  • 2015.09.06

いつ自分が離婚するかなんて誰にもわからない…身近に起きた友人の離婚

大きな買い物をするのにも、たくさん悩んで覚悟を決めて買う。それだって買った後に後悔することがあるのに、結婚だって絶対に後悔しないなんてことが言えるでしょうか?今度はいつ自分が離婚するかもしれない…それは誰にもわかりません。

身近で起きた初めての離婚

中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 純愛
martinak15

 近しい日仏カップルが離婚するという。その知らせを聞いた瞬間、背中が凍るような思いがした。なんせ私の周りでの初めての日仏離婚だからだ。

 ちょっと遠いところでは、ちらほら「日仏離婚」の話を聞いたことはあった。それに、パリに住む日本人の間では、まことしやかに「日仏カップルの離婚率は80%以上」なんて言われている。

 それくらいよくあることだと知ってはいたけど、ごく身近で起きたのは初めてだったので衝撃だった。

 日本人同士より、日仏カップルの離婚の可能性が高いのにはいくつも理由がある。

 その一つの例として、いざフランス人である夫に連れ立ってフランスで生活してみたら、いろいろと環境が合わないという障害だ。

 海外に住むことは障害ばかりじゃなくて恩恵もあるけれど、やはり私たちの身体は日本で生まれた日本人のDNAをもっている。どうあがいたって、海外より日本の水や空気や食べ物が合ってしまうのは当然なのだ。

 海外生活で身体が弱ったり、精神的に辛いことがあると、いつもは平気な障害がえらく大きく見えてしまうもの。
離婚を決めた友人が、一日も早く日本へ帰りたいと思っているのはそのせいもあるだろう。

いつ離婚するかわからない…

 私はよく「フランスに一生住むんですか?」と聞かれたりするたび、「まあ、離婚しない限りそうでしょうね〜」なんて笑って応えているけれど、1割くらいは笑えてない自分がいる。

 だって、本当になにが起きるかなんてわからないもの。

 よく考えてみたら、ちょっとの期間つきあってみた相手を人生の伴侶にするなんていう決断は相当なものだと思う。

 ちょっと大きな買い物をするのだって、うーんと悩んで、覚悟を決めて買う。それだって買った後に後悔することだってある。

 結婚してみて、何年か一緒に生活してみたらどうもうまくいきませんでした、なんて起きて当然だろう。

 にしても、やっぱり友人の離婚はショックだ。

 それまで同じ宇宙空間の中でひかれ合ってぐるぐる一緒にまわっていた星どうしが、引力を失って離ればなれになっていくような……。暗黒の宇宙でバラバラになってもうすれ違うことすらないかもしれない。寂しい。

 いや、実際離婚を決断している本人にはそんな未練も情緒もクソもないのかもしれない。

 いざ自分が離婚してみないとそれは分からない。

 いつか私も離婚することがあるかもしれない。

 それだって誰にも分からない。

Text/中村綾花

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話