• love
  • 2015.07.05

結婚するとできなくなること最終回~結婚する理由、離婚する理由~

結婚するとできなくなることシリーズ最終回!結婚しても結婚しなくても、メリットもデメリットも同じくらい出てくるもの。結局はそれを「嫌なこと」と思うか「新しいことを知れるチャンス」ととらえるか、自分の考え方次第かもしれません。

結婚したからできること

中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 純愛
kaizen.nguyễn

「結婚するとできなくなること」シリーズ、案外長く続けてしまいました。

 これを書くきっかけとなったのは、ひさびさに連絡をとった親友から「離婚したい」という相談を受けたことからでした。

 彼女は私よりも結婚歴が長いのですが、その長い結婚期間の中で積もり積もった不満が、旦那の転職をきっかけに膨らんで破裂しそうになったようなのです。

 彼女が離婚したい理由の一つに「結婚したことでできなくなったことがある」とこぼしているのを聞いて、ハッとしました。
たしかに、「結婚するとできなくなること」が想像以上にあることに私も気がついてしまったからです。

 そうして「結婚するとできなくなること」について毎週毎週、書き続けていました。それくらい結婚するとできなくなることってあったんですね。想像以上の数に後半、私自身もちょっと気がめいりそうになってきました。

 その反動として「結婚したからこそできること」を考えてみたのですが、結局は「結婚するとできなくなること」と同じくらいの数があることもわかってきました。

 たとえばこんなことです。私の旦那さんはスポーツ観戦が好きなのですが、私はスポーツ観戦が嫌いです。それは、私が子供の頃に 父親がテレビを陣取ってプロ野球観戦ばかりしていたからです。野球なんて面白みが全く感じられないし、なんだかオヤジ臭い。おつまみとビールの匂いと夏の思い出…。ああ、今思い出すだけでもなんだかドンヨリしてしまうイメージなのです。

 だからスポーツ観戦をするような男とは絶対に結婚したくない、と心に誓っていたほどでした。

 とはいえ、人生はそう思った通りには行きません。私の旦那さんはスポーツ観戦が大好きなのです。

 ところが、彼が観戦するスポーツというのは日本のプロ野球番組ではありません。テニス、ラグビー、ハンドボール、サッカー、サイクリング等々、バリエーションがあります。

結婚の考え方は自分次第

 私が目にしたことがなかったスポーツであることが多いのです。気がつくと私も対戦しているどちらかの選手を応援して夢中になっていることがあります。

 こんな風に自分が苦手だと思っていたことや、一生興味を持たないと思っていたことに触れる機会が増えるのも結婚です。

 それを「嫌なこと」と思うか「新しいことを知れるチャンス」ととらえるか、結局は自分の考え方次第なんですね。

 人生と同じような感じです。生きていると幸せも不幸も交互にやってくるわけですが、不幸ばかりに目をやるか、それともその中から学んで次へ進むか?どう受け入れるかは自分次第なのです。

 後日、例の離婚を考えていた親友から「とりあえず旦那と話し合って離婚することはなくなりました」との連絡がありました。

 そう簡単に離婚ってしないんですね。離婚こそ「その人と一緒にいるメリットとデメリット」を天秤にかけて判断する時。結婚するときも同じく冷静にメリットとデメリットを考えてからするのをオススメします。

 あとから「こんなはずじゃなかった!」ってこと、結構ありえるからです。ぜひ、結婚するまえに「結婚するとできなくなることシリーズ」を読破して心の準備をしていただけたらと思います。幸せな結婚のために。

Text/中村綾花

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話