• love
  • 2014.12.21

婚活スカウターを外してハートで感じれば恋ができる

結婚していない、できていない、一生できないのではないか。そんなプレッシャーや、恐怖感にかられている人、少なくないのではないでしょうか? 周りを見ると、ゆるふわ系で、オシャレもできてお化粧もちゃんとしている女性ばかりに彼氏や旦那さんがいる…という悩みに世界婚活、中村綾花が答えます。

婚活スカウターを外してハートで感じれば恋ができる


世界婚活 中村綾花 フランス 旅行 接客 ローマ
Pedro Ribeiro Simões

 今回2ヶ月間東南アジアを旅してきましたが、いよいよ終盤にさしかかってきました。
この2ヶ月、旅をしながらも同時に飛行機やホテルを予約し、各国滞在しました。そうしているうちに、ふと思った事があります。

 ホテル選びが、昔やったネット婚活にそっくりだなと。

 私が一番最初にトライした婚活がインターネットの出会いサイトを利用したものでした。
当時はまだまだ「出会い系」サイト、というと嫌らしい響きがあったのですが、今はどうなんでしょう?

 当時は婚活サイトが少しずつ登場しはじめた頃で、ちょっとした出会いを探すものと、本格的なお見合いサイト、という2種類のものがありました。

 私は両方を利用してみたのですが、お見合いサイトのほうでは免許証などを提出義務があったりと、個人情報を登録することで初めて利用ができます。
また、プロフィールについてもかなり詳細に登録することになります。その分、お相手方のプロフィールも詳細で見られるわけです。

 例えば、身長体重、趣味職業、年収から始まり、将来親との同居の可能性まで「アリ・ナシ」と分かるのです。
そのサイトに登録している男性の中から将来の旦那さまを検索するには、条件を選択して検索結果で絞り出す必要があります。
身長、年収はいくら以上…。ええ、私も自分と同じか上の年収、そして元カレを引きずっていたので、180センチ以上を選択して検索をかけていました。あ~あ、バカだったなぁ…。

 一方、ホテルを検索する時は、まずその街のどこに宿泊するのが便利なのかをインターネットで検索します。日本人のブログやQ&Aサイトにそういった情報が見つかります。

 それからホテルの検索サイトで、エリアを定めて検索をスタートさせるのです。
その後、絶対に外せない条件や、できればこうあってほしい、という条件でホテルを絞り込んで行きます。

・予算に合うかどうか
・WIFIが部屋でも使える
・窓がないと息苦しい
・机と椅子があると仕事しやすい
・駅から近い
・朝食つきだとなおよし
・清潔さを含む雰囲気
以上の条件で絞って検索します。
そして掲載されているホテルの写真や値段等の条件を総合的にみて目星をつけたホテルに予約するのです。

 ここで滞在日程の全ての予約はリスクが高すぎます!まるで出会ってもいない男性とお試し期間もなしに交際スタートさせるようなものです。

 なので例えば一週間の滞在だとすると、一週間全部の予約はしません。
実際にホテルに行って滞在してみて、居心地が悪いことがある場合、他のホテルに変更できるようにするのです。

 実際に行ってみると、残念ながら8割型のホテルは写真でみた期待を大きく下回るものです。
それでも居心地がよいかどうか、 ベッドに寝てみて、シャワーを浴びてみて、インターネットが使えるかどうか等々を一日かけて体験します。

 あるホテルは部屋に入った瞬間、強烈な芳香剤の匂いがして頭がクラクラし、すぐに変えてもらったこともありました。
あるホテルは、シャワーの出が悪い、お湯が出ないなどの問題もあります。実際に夜寝てみてはじめて、枕が臭い、タオルが汚れている、ベッドが固すぎるなんてことにも気がつきます。

 そうすると、翌日近所を散歩がてら他のよさそうなホテルがないかどうか散策スタートです。
見つけたホテルの受付に値段と空きがあるかを聞き、部屋を実際にみせてもらうようにお願いもします、値段交渉も忘れずに。

 そして、気に入らない最初のホテルを2泊した後、さっさと新しいホテルに変更するのです。

 こういうホテルの予約&宿泊が、私がインターネット婚活していたときの作業と似ているなぁと思うのです。
ちなみに、実際に10人以上はネット婚活で出会いましたが、実際に身体のお試しまで行くほど進んだ方はいませんでした。

条件で探しても「合う人」とは限らない


 実際にインターネット婚活をやってみて思ったのは「自分の選んだ条件で本当に自分が合う人が探せるかどうかは疑問」だということです。
むしろ、私の選んだ身体的、資金的な条件のせいで、本当に自分に合う男性を排除してしまった可能性も大ありです。

 人間とホテル、希望にあう理想を条件で絞って探すのは手早く便利ですが、人間の合う・合わないは、自分の条件とは外れていることがあるんですね。

 それは結婚をしてみてさらに実感しました。
私は喫煙者NG、スポーツ観戦が好きな人もNG、太っている人もNGという生意気な条件が常にありました。
でも、今の旦那さんにそのNGが全て当てはまっているのです。タバコはなんとかやめてもらいましたが…。
なぜその条件をすっ飛ばして結婚することができたのか?
それは、恋をしてしまったからなのです。

 日本で婚活していた私は、ドラゴンボールに出てくる戦闘力を計る眼鏡のような「婚活スカウター」を脳内に装備していました。
初めて出会う男性、全てを自分の将来の結婚相手として想定する習慣がついてしまっていたのです。あーあ、バカな私。

 それを取っ払って、ハートで惹き付けられるかどうか、それが大切なんですけどね。

 でも、このハートで感じたりすることができない人、案外いますよね。

「恋の仕方を忘れた」「どうやって恋愛したらいいのかもう分からない」そんな人は、対する相手を仕事や年収や外見でなく、人として自分と合うかどうかを意識してみてください
そうすると案外、すぐに恋できるかもしれませんよ。

Text/中村綾花

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

「お酒の席」の短歌&エピソード大募集!

エロ歌人・佐々木あららさんが講評してくださり、大賞に選ばれたら豪華賞品も!

アンケートはこちら