• love
  • 2014.11.23

英語習得に必要なのは「必死さ」たくましい東南アジアの女性!

「世界婚活」をしてフランス人夫と結婚した著者。今回は夫とともに東南アジアをまわり、スラム街と高級ホテル街が隣接するフィリピンの街、誰にも教えたくないほど穴場なラオスで感じたことを綴ります。

スラム街と高級ホテル街が隣接するフィリピンの街


外国人の彼 中村綾花 世界婚活
moyerphotos

 インドネシアを発って、フィリピンのマニラに3日間滞在しました。
そこでの取材で訪問した場所は、えらく治安が悪い場所だなぁとすぐに肌で感じたのですが、あとで聞いたら娼婦街だったのです。

 未熟児が道路にコロンと転がっていたり、西洋人や日本人のじめっとしたおじさんが独りでウロウロしていたりする姿が目につく場所でした。
こういう場所は、いるだけで具合が悪くなってきます。
滞在したホテルの周りもこれまたカオスで、一歩足を踏み入れたら無事にホテルに戻れる気がせず、結局一度も近所を散歩することがありませんでした。

 ホテルの中にいれば心は平静を保てるかと思いきや、ロビーにはこれまた年配の西洋人、(フィリピン以外の)アジア人の男たちが若いフィリピン人女性を連れてウハウハのお出かけ姿を見かけたり…。

 きらびやかな高級ホテル街やビジネス街というのもあるのですが、結局その裏はスラムに近い地元民のエリアに隣接しているようでした。
それはそれで高いお金を払ってまで泊まりたいという気持ちにもなれないのです。

 ちなみに、インドネシアのジャカルタで滞在したホテル近くの裏路地では頭がぱっくりと切れて血を流しているおばあちゃんがいたり、(チャイナタウンだったので)中国寺の境内にはホームレス集団がいたり、それはまた日本では見ない光景だったのでした。東南アジアって強烈です。

 現在は、タイのバンコクを経由し、陸で国境を超えてラオスの首都ヴィエンチャンにいます。

 ジャカルタもマニラもそう変わらない雰囲気だったのですがラオスは、とても静か。誰にも教えたくないほど穴場な東南アジアだなと実感しています。
フランス人が多く、フランス人向けのオシャレなカフェがある。それに何より、人が少なくてのんびりしていました。

 時折、かごをかついで魚や果物を売っている物売りのおばちゃんや、目の覚めるようなオレンジ色の布を巻いたお坊さんたちが通り過ぎていくような、意識せずともぼーっとできる場所です。
(もちろんストリートチルドレンがいたりはするのですが)

逞しいラオスの女性!語学に必要なのは「必死さ」


 ラオスでは、農村部での取材があり小さな村の人たちとの歓迎会を受けて一緒にご飯を食べました。
そんな時に村の人たちにまず聞かれることは「結婚しているの?」ということです。
職業なんて聞かれません。女性か男性か、結婚適齢期かどうか、未婚か既婚かが重要なのです。

 今回の取材は私一人ではなく何人もの日本人スタッフの方と同行していったのですが、私は唯一の既婚者。
他の女性たちは未婚者だったので、 村のおばちゃんや若い男性たちが未婚日本人女性に群がって、ニコニコと話しかけたり、スマートフォンでバシバシ写真を連写したりしていました。

 既婚者の私はその場には入れません。
長老やおじいちゃんグループの中でカエルや水牛のおかずを黙々と頂くのみ。
全然人気がないのは寂しいですが、既婚者とはこういうものなのでしょう。

 この村の主な仕事は農作。子供も稲刈り時期には学校よりは稲刈りの手伝いに精を出します。
学校を卒業したら10代ですぐに結婚。
なんだか閉鎖的な恋愛をしているのかなと思いきや、穴ぼこだらけの赤土の道路を若いカップルが原付を二人乗りしていたり、案外自由そうでした。

 こんな風に東南アジアを放浪しているわけですが、大きな街に必ずいるのは西洋人と現地人女性のカップルです。
二人の間のハーフの子供を見かけたりします。特に、ビーチのある観光地などで多く見られました。
自国のわずらわしさを逃れて、海と太陽がある物価の安い楽園で現地の女性と恋に落ち、腰を据える西洋人というのが一定数いるようなのです。

 ただし、こういった西洋人と恋に落ちるために必須なのが「英語」です。
必ずしも語学学校に通って英語を習得したとは思えない現地人女性。
きっと、観光客向けのカフェやマッサージ店で日々独学しながら英語を話せるようになったのでしょう。
あるカフェで、まだ出会ったばかりらしい現地人女性と旅行中の西洋人男性のカップルを見かけました。
その女性は商売を仕掛けている感じ半分、恋人になろうという気持ち半分で流暢な英語で必死にコミュニケーションをとっているのが伝わってきました。

 その姿からは「現地の男はあてにならない。旅行に来るお金持ちの西洋人となんとか結婚したい」といういう意図も感じられたりして(私の勝手な想像ではありますが)、その逞しさに関心したのでした。
外国人との恋愛に必要なのは語学学校に通うお金ではなくて「必死さ」。これにつきます。

Text/中村綾花

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら