• love
  • 2014.07.06

トップに立つ男は本当に良い男か?

社長の彼氏が無理な理由

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女
2ose


 東京で独り身生活をしていた頃、私の周りにはベンチャー企業の社長さんらの男友達が多くいました。

 彼らを社長としてでも男としてでもなく、友人として見ていた私はぼんやりと「社長の彼氏なんて私の性分では無理だ」と思っていました。
そして、彼女がいないから紹介して欲しいという彼らに合コンをセッティングしていたのです。

 なぜ、社長だと無理なのか?

 社長と呼ばれる立場にいる人の近くにいると、彼らが「何かを背負っている」気がしてしょうがないのです。それは物理的にも、精神的にもなにかしんどい「責任」というものだったのかもしれません。

 だから私は
一番になるのが好きな人に、彼をさしおいて私を一番にしてもらえないはず
彼にとっての一番は仕事で私ではない
そんな彼をサポートするなんて大変そうで無理!
だと思っていたのです。

 でも世の中には一番になる男が好きな女性もいますよね。

一番になる男が好きな女性には、かなりのリスクが伴う!


 前フランス大統領の妻、カーラ・ブルーニ。

 彼女は元スーパーモデルであり、現ミュージシャンであり、元ミック・ジャガーやエリック・クラプトンの彼女だったという、日本では考えられないほど華やかなファーストレディでした。

 ここ最近はボトックス注射とやらで、引きつるような肌で微笑む顔はそれでも美しく、まだまだモデルとしても仕事を続けている姿を女性誌でよく見かけます。
そんな彼女を見ると、まさに「一番になる男が好き」な女性に見えてしょうがありません。

 大統領の妻、ファーストレディとして世界を周り、エリゼ宮といわれるお屋敷で豪華な生活。その特権は一般人の私には想像も及びません。

 ところが最近、彼女の夫である元大統領がフランスに身柄を拘束されるという事件が起きたのです。
彼が政治的に悪いことをしたからですが、こういうトラブルは今回だけではありません。

 国のトップから犯罪者へという落差。一番になる男にはこの落胆の差が激しいのです。
一番の男好きには、かなりのリスクが伴う事をお忘れなく。

 トップに祭り上げられた「形だけ社長男」が存在することもありますが、やはり自力でトップにのし上がる男の中には、悪い事をしてでもトップになるという、悪い男も中にはいるのです。

Text/中村綾花


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら