• love
  • 2013.04.19

女性スタッフ主導で「気持ちいい」を追求! iroha開発秘話インタビュー:第2回

桃の節句の3月3日に発売した「iroha」。
デザイン、そしてその品質の高さは女性たちの間で話題になっています。
(AM編集部にirohaが届いた!は、こちら
前回に引き続き、irohaの開発秘話をお届けします。

ヘビーユーザーではなく初心者がターゲット

iroha インタビュー AM 画像

─ヘビーユーザーではなくマスターベーショングッズを使ったことがない初心者の方をターゲットにしたのはどうしてですか?

いろいろなグッズを使用したことのあるヘビーユーザーに向けた製品であれば、irohaというブランドはより早く浸透するかと思います。
しかし、女性のグッズユーザー自体が、まだまだ少数派です。

また、TENGAの「性を表通りのものへ」というコンセプトをirohaも受け継いでいます。
そのため、まだまだ「寂しい女性のするもの」といった偏見、後ろめたさをもって語られがちな「女性のマスターベーション」が、ごく自然な普通の行為として受け入れらるように、ヘビーユーザーではなく初心者をコアターゲットにしました。
TENGAもirohaも決して特殊なものではなく、一般のプロダクトとして受け入れられるよう、機能・性能・見た目をデザインをしております。
ニッチではなく、常にメインストリームを狙いたいという思いがありますね。

マスターベーションする人もいるし、しない人もいる。どちらも自然なこと

iroha インタビュー AM 画像

─開発チームは全員女性なのですか?

女性4名を中心に開発しました。
金型の図面やモーターの設計などは専門の男性スタッフに協力頂いた部分もありますが、ブランドコンセプト、デザイン、使用感等はすべて女性スタッフの主導で開発しました。

─男性社員と女性社員の間で意見がぶつかることはなかったんですか?

もちろん男性社員にもirohaをよいものにしたいという強い熱意があったので、時には意見がぶつかることもありましたね。
とくにコンセプトの部分では相違がうまれました。
TENGAのブランドでは「性を表通りのものに」というコンセプトの元、「マスターベーション」を堂々と語ることでマスターベーションを一般的にしてきたので、「もっとマスターベーションを楽しもう!」という風に打ち出したほうがいいのではという意見もありました。

しかし、女性スタッフとしては、もっと女性の感情に寄り添った「マスターベーションする人もいるし、しない人もいる。どちらも自然なこと」といった優しいコンセプトの方が女性に受け入れられやすいだろうと考えていたので、そういった相違はありましたね。

もしかしたら10年~20年後には「もっとマスターベーションを楽しもう!」と女性に打ち出すほうがしっくりくるかもしれませんが、現代の多くの女性からすると距離を感じるのではないかと思います。

─女性同士ならではの開発秘話を教えてください。

言葉だといいづらい部分を共有するために、人形をつかって「ココにこうやって当てると気持ちよかった」というように共有したりしました。

ちまたで言われている「ぶっちゃけガールズトーク」という感じではなく、あくまで仕事としてなので、とても真面目な雰囲気でした。

【つづく】
次回はとうとう最終回。iroha広報さんが語るオススメポイントをご紹介します。お楽しみに!

開発チームの熱意がつまったiroha。男性から女性への贈り物にも最適かも! iroha公式サイトはこちら


Text/AM編集部

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
4月特集
3月特集
2月特集
都合のいい女にされるセックス
少年アヤちゃん恋の東京散歩

関連キーワード