• love
  • 2013.03.12

くらたまさんと円満離婚カップルを表彰!?  『離婚さん、いらっしゃい。』公開収録に行ってきた!

「離婚式」で円満離婚する夫婦が増えている…!?

くらたま 離婚式 寺井広樹 最高の離婚 画像

 現在放送中のドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)が、各所でおもしろいと話題を呼んでいます。
離婚を通じて、男女の思わぬ本音や割り切れぬ思いがあぶり出されていく展開は、ハッとさせられる名ゼリフの連続。
いまや結婚した夫婦の3組に1組が離婚する時代だからこそ、多くの人がリアリティを持ってこの物語を見ているようです。

 しかし、このドラマよりもはるか以前から、文字通り“最高の離婚”を演出するべく「離婚式」なるセレモニーを考案していた人がいます。
それが、「離婚式プランナー」の寺井広樹さん。これまでに150組以上の元夫婦に離婚式をプロデュースしてきました。

 その内容は、新郎新婦ならぬ“旧郎旧婦”が家族や友人を招待し、離婚に至るまでの経緯を説明する……というもの。
その後、仲人ならぬ“裂人(さこうど)”がスピーチを行い、“結婚指輪をハンマーでたたき壊す”という最後の共同作業を経て、離婚届への署名・捺印で締めます。
ちょっぴりユーモラスですが、円満離婚をした二人が再出発の決意を誓い合う、とても前向きな儀式なのだとか。

 そんな円満離婚した元夫婦をゲストに招き、円満離婚の秘訣やエピソードを語ってもらうという異色のラジオ番組が、寺井さんがパーソナリティを務めるKBS京都ラジオの『離婚さん、いらっしゃい。』です。

 このたび、その公開収録イベントが2月28日(木)に下北沢の書店B&Bで開催されました。
特別ゲストは、あの『だめんず・うぉ~か~』の作者・倉田真由美さん。
数々の離婚夫婦を見てきた寺井さんと、数々のだめんずを見てきたくらたまさんなら、反面教師として「本命の女」になる方法をご存知かもしれない……ということで、AMが取材に行ってきました!

バツ3女性・hirokoさんの離婚遍歴をくらたまさんが斬る!

くらたま 離婚式 寺井広樹 最高の離婚 画像

 この番組は、KBS京都ラジオで毎月最終日曜日の17:30~17:40に放送されている10分番組。
パーソナリティは寺井さんのほか、自身もバツ3の経験があるアーティストプロデューサーのhirokoさんがアシスタントを務めています。

 公開収録のこの日は、放送エリアである大阪からはるばる駆けつけたお客さんも……!

 番組冒頭からいきなり、くらたまさんに
「寺井さんはえなりかずきをマジメにした感じ」「性的な匂いがまったくしないから離婚式は適任」
とイジられる寺井さん。
しかし、それをアルカイックなスマイルでかわし、話題はhirokoさんの離婚歴の話へ。

 2人目の旦那さんがギャンブル狂だったhirokoさん。
離婚の条件に、なんと700万円もの借金を肩代わりする羽目になったとか。
さらに、3人目の旦那さんは、最初はまともに働いていた人だったのに、いつしかヒモになっていたそうです。


 これに対してくらたまさんは、「人間もほかの動物も、放っておけば楽をしようとするもの。楽をさせればミミズですら怠ける。それを押しとどめるのが女の器量なのよ」ときっぱり。
また、「お金は絶対に貸しちゃダメ。でも、『絶対返すから』と言うときは本人も本気だから、その本気にほだされちゃうんだよね」と納得のアドバイス。

 とはいえ、かくいうくらたまさんの現在の夫・叶井俊太郎さんも、バツ3&借金まみれ(自己破産済み)&600人斬りのモテ男というなかなかの物件。
「お金で揉めたカップルを山ほど見てきたはずなのに、結局、自分もお金を貸しちゃった(笑)。恋愛や結婚において、他人の話は自分にフィードバックできないのかもね」と苦笑いしていました。

円満離婚は夫婦の理想のカタチなのかも…!?

 公開収録の後半戦は、「円満離婚・オブ・ザ・イヤー」なる賞の授賞式へ。

 実は、4年に一度訪れるうるう年の2月29日は、「円満離婚の日」。
寺井さんが発案し、日本記念日協会に受理された公式の記念日なのだとか。


 そこで、この日にちなんで理想の円満離婚した二人を広く一般から公募し、ベスト離婚カップルを選出しようというのが、「円満離婚・オブ・ザ・イヤー」の趣旨とのこと。

 栄えある今回の受賞者は、以前この番組に出演したこともある、一般人の越後智広さん&昌美さんの元ご夫婦。
お二人とはスカイプ中継で会場とつなぎ、くらたまさんから表彰状が贈られました。

 50代のお二人は、30年連れ添った末に、小さな原因の積み重ねで離婚。
しかし、智広さんが経営する小岩のカフェ「Queen's Surf Café」に、昌美さんは今でも週3~4日通って顔を合わせる仲だそうです。
なんと、離婚記念日には二人で旅行に行ったりもしているとか!

 別居婚では中途半端だからけじめをつけたかった、というお二人の関係を、「一言では言い表せないし、自分たちでもよくわからない(笑)」と笑って語る智広さん。
「お互いに再婚相手ができたときには、双方の家族ぐるみでご飯を食べる関係になりたい」と言いますから、まさに円満離婚のお手本のような“大人の別れ方”ですよね。

 公開収録を聞いてみてわかったのは、円満離婚夫婦に共通しているポイントは、“適度な距離感”ということ。
「夫婦」という縛りが解けたことで、相手に必要以上の依存や期待をしなくて済むようになったのがメリットのようです。
そのおかげで、以前より楽に、お互いのいいところだけを思いやって付き合えるなら、離婚万歳! 離婚最高! …のような気がしてきました。

 結婚とは? 夫婦とは? そのあり方を考えさせてくれる『離婚さん、いらっしゃい。』のオンエアは、KBS京都ラジオにて3月31日(日)17:30~17:40です。

※明日は、倉田真由美さんに「本命になれる女、なれない女」の違いをインタビューした記事をお届けします。

放送局:KBS京都ラジオ
番組名:離婚さん、いらっしゃい。
放送日程:毎週最終日曜日17:30~17:40
パーソナリティ:寺井広樹(離婚式プランナー)
        hiroko(アーティストプロデューサー)
URL:http://www.rikonshiki.com/rikonsan.html

Text/福田フクスケ

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
2月特集
1月特集
ラブライフのA to Z
はあちゅうが語る女の本音

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話